Take it EZ! セカンドダンジョン

はい,試験終わりました。
午前中に筆記,医学英語2題。午後は面接でした。面接が私の志望ゼミは早々行われたため,早めに帰ってこれた。

結果からいうと,落ちた,と思う。発表来月中旬なんだけどね(遅すぎでしょ)。

大学受験のころの,落ちた落ちた詐欺ではなく,今回は英語だめだった。
2題中,1題はだいぶできたかなぁと思うのだけど,2題目がほとんど意味不明。
なんとなくの概要や,言っていることは分かるのだけど,細かなニュアンスや,研究で使う専門用語の取り違えがあった(取り違えに関しては,ありえないミスであなた3年半統計習ってきたでしょ?って感じのミスなんだけれど)。
それに,途中でテンパってしまって,英語が頭に入ってこなかった。
1年間,ほぼ毎週医学英語に触れ,心理学英語も授業で多く取り,英語勉強サークルにも顔を出し...ってやってきた。6月以降は毎日医学英語を読んだ。
だから,めちゃくちゃ悔しかった。

面接に関しては,何度かお会いした教授が二方いらして,しかも私のことを覚えてくれていた。「あなたとは何回か話したから同じ質問になっちゃうけど...」みたいな感じで,質問とアドバイスの混合的な面接になっていて,だからスムーズに伝えられたし,教授のつっこみが私の考えていなかった視点からのもので,それが単純に面白く,勉強になった。多分,面接はそこまで心配いらないだろう。

でも,多分だけど,まず筆記で足切りがあるのは明らかだ。
難しかった方の英語は,選択式で,これを解かないで自分の専門分野の問題を解くことができる。
大学院がバレそうだからオブラートに包んで言うと,私が受けたところは,定員が50〜60名なのに,研究室が50以上あり,しかも医学の隅から隅までの分野がある特殊な専攻だ。薬理学から放射線がどうこう(?)から,細胞みたいな何かとか初めてきいた分野の人々がいる中で,精神保健分野が存在する,という形だ。多分だけど,私の志望ゼミの志願者は,私以外留学生の皆様でした。

だから,なんだかよくわからない医科学系の専門課題を解いた人々は,多分今回の英語を解いた人よりも有利だし,それにこの大学からストレートで上がろうとしている人々はそもそもの英語力が私より格段に上だろう。

自分ではそれなりに頑張ったつもりなのにこのザマで,悔しくてさっきまで泣いてた。
自分の目標が達成できずに泣いたのはいつぶりだろう。覚えている限り,高校の陸上の最後の大会ぶりではないか。


9月の中旬に発表,それまで多分,気にし続けるだろう...と思うし,私も疲れたのでここで抑鬱モード突入しちゃうODのしちゃう?とか思うけれど,そういえば卒論研究ヤバイので9月から毎日学校通います...。ゼミの先生に,「私8月末から9月半ばまで合格発表待ってる間に精神崩壊すると思うのでそれを防ぐために,9月1日から刺激作成入ります!」と宣言した以上,やらねばなりませんね。ちなみに先生は,「それは適切なストレスコーピングですね」と言っていました。

大学入試のとき,今の大学より定員が少ない大学にセンター出願してて,あまりにも結果がひどかったから,そこの大学に出願したことを頭から追いやる,という対処法を取ったことがある。
結果,その合格発表のことも頭になくて,同大学の一般入試を受けて帰宅した直後,センターの合格通知が家に届いたということがあった。発表は前日,HPでやっていたのに,それを知らずに翌日バカみたいに一般を受けに出かけたのだ。そして撃沈してうつ状態になりながら仕方なくランク下げて別に大学の赤本を買って帰った直後に届いた。

今回も,そんな感じで試験のことはとりあえず今日で忘れよう。
ゼミの先生曰くの,「ストレスコーピングとして卒論研究を進める」ということを行いつつ,後期のための英語の勉強も平行して,かならず今年度中に大学院に合格したいと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
とうとう,院試が明日に迫った。
今日はこれから,大学の最寄り駅のホテルに向かう。
別に,朝早く出ればホテルに泊まる必要なく会場に着くのだけど,最近の体力のなさと精神の不安定さを考えると,少しでも省エネしたほうがいいと判断し,数週間前に部屋を取った。

正直,今の状態はよくない。
おとといバイトを早退してから昨日の18時まで,ほとんどベッドから起き上がれなかった。立つことができなかった。
精神的というよりは,身体が動かないという状態...すなわち,いつもの私らしく,ストレスを頭で感じるより前に身体に出たというパターンだろう。



3年前の夏にとても悔しい思いをした。
2年前の夏にも同じような思いを,1年前の春にもう1度起こったときには,空虚感に襲われた。
3年前の夏に,病院の仲間が亡くなったとき,他の仲間で話した。何で自分たちは何もできなかったのだろう。
あの人の具合が悪そうなことなんて,みんな分かってた。でも,先生や,ワーカーさんが,なんとかすると思っていた面があった,親は病院が嫌いで精神疾患を認めなかった。だから,軽口でアドバイスしかできなかった。
もっと,内科への受診を強く勧めていれば。心配だ,だけで終わらせずにアクションを起こしていれば。
なぜ,それができなかったか。それは,私達も当事者だったからで,患者だったからだ。自分の具合が悪いから,云々ではなく,私たちにそれをやる「力」と「権利」がないと,頭の隅で思っているからだ,と私は思う。

なぜか。社会の偏見が,私達の「力」に対する認識を弱めている気がしてならない。
昔からある偏見に加えてメディアの偏った報道,あることないこと書いて,障害者を危険者扱いする表現をする作品の数々。偏見による差別。

それが,精神障害者の肩身を狭くし,力を奪い,孤独に陥らせるのではないか。
私達が,もっと堂々と,私達だからこそ分かる,この人は今危ない状態じゃないのか,なんとかしなければならない,そして何とかする力がある!
そう思えれば,きっと,彼らの死は防げたのではないか。自殺でないから余計に。

今,必要なのは,障害者自身に力をつけること。社会になんとかして戻ろう,ではなく,より生きやすい社会にするための材料を自分たちから発信し,自ら社会に働きかけ,環境を整えること。
ただし,そのためには障害者一人の力では無理だ。仲間2人で集まっても無理だ。もっと幅広く,まずは当事者同士が安心して自己を受け入れることのできる体制・場所を作り,その上で力をつけ,社会に働きかける。
そうすれば,きっと自身に力が戻り,いや,戻る以上に力をつけることができ,孤独も緩和され,ある人は仕事に今までとは違う心持ちで復帰できるかもしれないし,ある人は自分の生活をよりよくできるかもしれない,ある人は偏見に怯えなくなり,ある人は家族や友人に自己開示ができるようになるだろう。
孤独死を防ぐには様々なアプローチがあるけれど,私はいつでも,当事者の側から,当事者が何をできるかを一番に考えたいと思う。

専門性を身に着けて,研究をしよう。現場を常に感じながら,学問として考えていこう。
1年前の夏にそう思った。

村上龍はエッセイに書いていた。
夢,などはない。夢ではなく,実現すべきは目標だ.と。
そして,目標を持つのは憂鬱だ。って。

私の目標は,ひとりよがりのクソみたいな目標だ。
それに向かってたまに疑心暗鬼になりながらここまで来る過程は,辛いとは言わないまでも楽しいものではない。
そして,きっと大学院に入れたとしても,そこから本物の目標に向かう過程を考えたとき,また憂鬱になるはずだ。
でもそれでもいいのだ。きっと,このことが私のライフ・ワークになることには,もう数年前からどこかで気がついていた,そして否定していた。だって,自分の痛いところに触れることでもあるから。

まずは,明日の試験を精一杯受けてこよう。
今,できることはそれだけだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


私にはあまり,「友達」という概念がない。

だから,この人のことを「友達」というかどうかは分からない。
彼女とは,もう5年くらい付き合いがある。
そのうち4年半は,共に活動を行う「仲間」という関係になっている。

多分,私は女性の中では,その人との関係が一番深いと思う。なのに,私はその人の精神を全くつかめないでいるし,わけがわからない人だなぁ,と,今になっても思っている。いろんな意味でクレイジーだとも思っている。そして,私はその人に嫉妬している。

頭の回転のよさ,語学等のスキル(スキルっていうか知らないけど),芸術への興味と理解の深さ,知識の多さ,なにより,人への共感力と人を信じようとする気持。本当は人を信じて深い交友関係を築くことに対して,怖がっている面もあるくせに,それでも諦めず人を信じようとする。人の悪口を言わず,誰の良いところも見つけられる。だから,他者からの信頼は厚い。自分がどんな状況になっても,守りたいものがはっきりしているその人は,誰から見ても魅力的なのだろう。
多分,私達のコミュニティの,カリスマとなる女性だろう。

私はそのすべてを持っていない。
頭は動かないし,共感力や想像力が乏しいどころか存在していないし,知見は狭い。人と深い関係などごめんだし,嫌いなやつはそいつが私と似た環境にいたって大嫌いだ。偏見を持つのが大得意だし差別をすることに罪悪感を感じることはない。

だからこそ,彼女のような人間は,わけが分からないし,信じようとする気持が面倒くさくよけいなお世話だと思ったこともある。多分,一生かかっても相容れない部分がたくさんあり理解不能だと思い続けるだろう。
でも,私はその人が,今の活動の中心となった(必ずなると思う)ときには誰からも見えないところでもなんでも良いから,手助けができればいいと思う。彼女は人を惹き付ける魅力があるので,その分,疲れることや苦しむことは私の何百倍も多いだろうからね。それに,きっと,その人が持っていない部分で,私が得意とする分野もあるだろうから(と信じたい)。

このような関係性を,20代で経験できたことは珍しいことだと思うし,ある意味で,気持のよいことだと思っている。
明らかな考え方や感じ方の相違がある同年代の人間と,深く関わるというのは体力のいることだが,お互いの考えが伝わったりお互いの苦労を知ったときには,なんとなくの友達,という関係では絶対に得られない成長が得られるものだ。
その人が私のことをどう思っているかは別にとうでもいいが,私はその人に嫉妬したり理解できないと思ったりしつつも,お互いクソばばぁになっても,ずっと尊敬のでき,尊重しあえる仲間でいられればよいと思う。


誕生日おめでとう,りささん。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
ニュージーランド人の27歳男性が,神奈川県大和病院で10日間あまり拘束を受け,その後心臓発作で亡くなった事件があった。
今年の4月末から心臓発作によって別の病院に搬送された5月10日にかけての約10日間の入院期間中ほとんどの時間,拘束されていたそうだ。
この男性は,大和病院で躁うつ病,と診断され,4月30日から閉鎖病棟にて身体を拘束されたようだ。どのようにして入院に至ったかなどについての詳細については,ニュースを追ったがはっきりしたことは書かれていなかった。

このことが日本で明るみに出たのは,7月に入ってからだ。7月の13日に,ニュージーランドでこの事件がニュースになったことで,一部で話題が上がった(私がこのニュースを初めて見たのは14日で,そでもツイッターでの海外記事で知った)。しかし,それでも日本メディアにはなかなか報道されず,19日になって杏林大学教授の長谷川利夫先生が男性のご家族と共に記者会見を行ったことで,ようやく日本メディアも取り上げたようだ。
それまでの2ヶ月の間,遺族の方々は大和病院にカルテの開示を要求していたがなかなか通らず,今月26日になってようやく開示されたようす。さっきの,10日間の入院期間のうち99.5%が拘束状態だったことなどは,開示後にわかったことだ。

長谷川先生の記者会見では,現在29万人の精神科入院患者のうち,1万人が隔離,1万人が拘束状態にある,としている。
しかもこの10年間で身体拘束は2倍に増えているそうだ。
なお,日本の入院患者29万人のうち20万人は1年以上の入院をしていること,精神科入院平均日数が280日であること,これらの数字は世界でも類をみないほどであることを指摘している。


身体拘束については,私も受けたことがある。
この男性とはかなりちがう状況だとは思うが,OD後に大学病院の一般病棟にて腰を拘束され,ベッドからある程度しか起き上がれない状態を3日ほど継続された。精神科専用の病棟がなく,ODの後だったので他害防止であったらしい。

よく入院する通院先のヌマ病院では,拘束が頻繁に行われているかどうかは不明だ。
だけど,患者を3名以上の男性看護師が取り押さえて保護室に連れていく,という光景は日常茶飯事だし,私も抱えられて連れて行かれたことはある。保護室に入れられて,大抵は筋肉注射でおとなしくさせられる。一種の拘束だと思う。

保護室,つまり隔離で言えば,私の知っている限り,長くて約5年以上保護室にいる患者さんもいる。その人は入浴やOTのときのみ,看護師に付き添われながら(というか片うでを取られながら)出て来る。放っておけばどっかへ吹っ飛んでいくくらいハイテンションで何をするか分からない,といったところなのだろう。
他には,完全保護室なわけではないけれど,1日に6時間だけ閉鎖病棟のフロアに出られるが,その他18時間は保護室にいなければならない男性もいる。この人の場合は,水中毒がひどすぎて看護師が見守っていないといつまでも水道の水を飲んでしまうこと,他の患者とのトラブルの発生源であることが問題だそうだ(本人談)。

ヌマ病院は人権侵害もいいところ,って感じだ。上記のような隔離は当たり前。
「◯◯なら保護室だからね!」という言葉はしょっちゅう聞かれる。私はヌマをメインにしかしらないので,当たり前の光景になっているが,本来は異状な光景であると気がついた。

しかし,では,躁うつの躁状態でどうしようもなく,誰かれなく殴ってしまいそうな人や,水中毒がひどくて放っておけば大変なことになってしまう人の場合,どのように対処すればいいのか?
ある有名な精神科の先生は,日本の精神科スタッフの人数にも問題があると指摘する。急性期で保護室に入ればならないような患者さんには,24時間体制の見守り看護が必要だと言う。また,急性期の患者への対話が足りていない,という指摘もあった。例えば,初期の段階(数時間とか)は拘束していたとしても,それ以降は医師が患者と対話し,落ち着いてもらうことも可能ではないのか,ということだ。しかし,どちらも,精神科の医師・看護師等スタッフ不足で実現できないのが現状だという。

躁状態になったときに拘束されたり保護室に何日も入れられたりすることは,いつでも起こりうることだ。
一度拘束されたり保護室に入れられた場合,先は長い。
ハタから見れば,「だって精神がおかしくなっているんだし,他害の恐れがあるんなら仕方なくない?」で済む,実際に拘束されたことのない精神障害者でさえ,「それは仕方ない,自分は受け入れる」とか言ってしまうこともあるだろう。

しかし,それでいいのか?
隔離と拘束,そんな精神医療のままで,いいのだろうか?一部の専門家の方々が声をあげてくれている中で,私達,最も隔離や拘束に近い患者は,声をあげるべきではないか?

様々なことを考えさせられた。そして,このような拘束・隔離による事件はたくさん起こっているであろうにもかかわらず,声をあげたのは日本のだれかではなく,ニュージーランドから来日されている方とそのご家族であった。日本のスタンダードは,世界からしたら驚くべき,ありえないことなのだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
蒸し暑くてイラッとする。
一昨日は朝早く私が出勤するときに限って出勤先の地域だけゲリラ豪雨で,靴も靴下もジーンズもぐしょぐしょで,タオルと靴下を買わなければならず1日最低な気分で過ごした。昨日はゾンビ。今日は講師。

先週末,38.4℃の熱が出て,2日間寝込んだ。これだけ熱が上がるのは久しぶりだったので辛かった。
関節痛と筋肉痛がひどくて,足腰に湿布を貼ってもらい解熱鎮痛剤を飲み冷えピタ一箱消費して(例の人が過剰に貼り替えていた),起きると怒られるから寝ていたら,治った。

その熱自体ももちろん辛かったけれど,それよりも,土曜に自身の発熱に気がつくまでの状態が辛かった。
木曜は朝一で院試の出願に行った。くっそ暑い中,くっそ緊張しながら行ったら,帰りのバスの冷房にやれれてダウン。本来はそのまま在学中の大学に行って授業受ける予定だったのだけど,無理だと悟り,帰宅,そのまま木曜の午後と金曜はゾンビ。

土曜,この日はまあ起き上がれるしバイトも行けんじゃね,と思い,例の人がバイト先の近くの駅まで送ってくれるとのことだったので,いつもどおりに家を出て電車に乗ってそこから一人でバスに乗った。
バスの途中で,身体が明らかにおかしくなった。冷や汗が出て身体中が痛い,なのに体温調節が狂って熱い感覚もして,不快不快不快!になった。
熱中症と脱水症状かなと思ったので,降りたバス停の前のコンビニで飲み物を買おうとして,コンビニに入ると,エアコンの風が針みたいに皮膚に突き刺さってきた。もう気持ち悪くて,飲み物買ってすぐにコンビニの前に座り込む。しかも,判断力が低下していて具合が悪いのにいつも通り0カロリーコーラを買ってしまった。そこは水でしょ。

身体がガタガタ震えて,なんだこれ,と思ったのでとりあえず例の人に電話,まずは私がタクシー拾って帰るから,と言って,今度はタクシーを呼ぶために電話する。また判断力が鈍っていて,タクシーの配車サービスに電話しなければならないところを,タクシー会社本体に電話してしまい,別の番号にかけてくださいと言われてあー冷たいなひどいなぁ,と思ったら,電話する気が失せた。
もう一度例の人に電話し,来てもらうことにして,電話を切ったあたりで,身体の痛みがしびれに変わってどんどん手と足がしびれて,最後には拘縮した。本当に手が変な形で固まった。スマホを握ることも,番号を押すことも,ロック画面を解除することもできなかった。そのことにぴっくりして,コンビニの前で座り込んでめっちゃ泣いてた。ばばあとじじいが数人通り過ぎたけどみんな微妙に覗き込んで無視だった。大丈夫ですか,と言ってくれたのは,コンビニの隣のスポーツジムの職員さんだけだった。

そのうち,自分が過呼吸みたいになっていることを理解した。あ,それでしびれているのかもしれないな,と思ったので,とにかくしびれていることや呼吸がしづらいこと自体を,仕方ないかな,と思うようにした。そしたら,少しずつ,呼吸もおさまり拘縮からも解放されて,例の人がバス停に来てくれたときには,手のかたまりは半分くらい治っていた。ものすごく痛かったけど。

で,タクシーで帰宅。あまりの身体の痛さに横になることも困難で,その時は自分は熱中症や水不足だと思っていたので,鎮痛のために解熱鎮痛薬を飲もうと思った。でも,熱がないのにこんな強いの飲んでいいのか,と思って熱を計ってびっくり,38℃,だった。

結局,2日目の夕方まで37℃後半をうろうろしていたけれど,そこから一気に治って月曜には回復。
ちょうど精神科の診察日だったので,じーさんにこのことを話して,パニック時のためにジアゼパムをもらう。

後で調べたのだけど,あの手の拘縮みたいなのは,「テタニー」という症状で,過呼吸になった時によく起こるものらしい。怖いね。しかも,何事が起きたかわからなかったもんだから余計怖かった。

しかし,院試まで1ヶ月切ったのに,この体調の悪さ,ヤバい。長引きすぎだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村