Take it EZ! セカンドダンジョン

はぁ。外泊です実家です特例中の特例での外泊だそうで。なんてったって、今回のヌマ病院への入院は、入院予定期間5ヶ月、とかいうわけのわからない「医療保護入院」なんだから、さ。
5日で救急搬送先の病院から出て直接ヌマに連行された私を待ってたのは今までになく厳しいじーさん。5週間の間違いじゃないんですか、って聞いたらそんなんで足りるか、頭のネジを巻き直せと言われた。まぁ360度巻き直して「2週間くらいでいいっすよね」って言ったらすげー睨まれたからやめた。

学校、テスト期間だからどうしても行かなきゃと言うと、今のお前は絶対に行かせられない、って言われ、逆に学校に開示して措置を取ってもらうように言われた。まぁ、ここまで来たら背に腹は変えられない。学部の事務に本物の(自殺未遂大量服薬後の肺栓塞症、からの閉鎖病棟)診断書をすぐに送り、期末テストの代替のレポート課題等を送ってもらった。まぁ、半分くらいは単位落とす、けどそりゃもうしゃあない。だけど、やれる範囲でやれることはやろうと、ハラが少しすわってきた。ってことで、昨日じじいと怒鳴りあってなんとか外泊を勝ち取り(?)、今日はお車でご送迎してもらって図書館へ行き、実家へ戻って来たわけです。

けどね、今回ばかりはじーさんマジギレだった。昨日、本気で怒鳴られたもん。で、怒鳴られる意味もわかんないしなにこいつ、ってなって目を離さず表情変えずにいたら余計怒鳴られるっていうね。まぁさすがにムカついたんで言い返しまくったけど。
怒られた理由は私の行ってることが「生や魂に対する冒涜」でやってることが「命を石ころみたいに」扱ってるかららしい。まぁ確かにそうかもだけど、それがどうかしましたか不都合ないしそういう生き方しか最近はできませんね、と言ったら余計怒られた、ってこと。もう、めんどくさいっす、そういう話。

病棟生活はまずまず。なんかいろんな人から話しかけられ相談持ちかけられ、だけど、中に一人、おもろすぎる(ってかおっかなすぎる)人生の、Yくらいの年齢の兄さんがいて、だいたいその人とつるんでる。あ、あとファンキー・ガール(4年来の友達)も同じ病棟だ。看護師さんにも私は良くされてるから、特に不満はない、自由もないけどね。

ただ、じーさんが言うには私は「本当に死ぬところ」だったらしい。そして、ヌマに到着した時の私は精神的に死んでいたらしい。それは、病棟の女の子にも言われた。入院後5日たったあたりで、「よかった、うらちゃんがやっと元気になって来て笑った」って。確かに、鏡で自分見てもあんときはヤバかったと思った。その理由は、ICU出たあとの向こうの病院で、大量服薬の薬の効果か知らないけどすげー不快な幻覚見続けたり息ができなくなったりを繰り返して、2日間、寝ることも食べることもしないで叫んだり呻いたり、息出来ないつってナースコール押しまくったりしてたから。まーあの2日は生き地獄的要素たっぷりって感じだったね。軽く言ってるけどマジでやばかったから。

かんがえてみりゃ、ODの日から2週間。体重は激減、身体中アザとか何かの痕だらけ。まともに歩けねぇマジ。
なのに、後悔はない。ICUで目覚めた瞬間思った、あぁまた日々が続いて行く。どんな日々であろうと続いて行く。どんな生き方であろうと続いて行く。ならば、感性や情緒など消して続いて行けば良いと考えるのだけど、私の深い部分がそれを許さない。だんだん戻ってくる感情が、うっとおしい。

うん、ぶっ壊れてるな私。このまま壊れたいと思う自分と、でも進むんだよと、ヤツの死や今つるんでる男が、Yの孤独や死を連想させて、私が死んでどうすると思う自分がいる。
そう気張らず適当に楽しんで生きればいいと言われそうだけど、この世の中で「楽しく」「いきいきと」生きられる方が異常だと感じずにはいられない。脳内麻薬がでまくってんのかマジでラリってんのかのどっちかだろうと、言いたくなる。

明日病院へ帰る。午前中は作業療法行って、午後は外でみんなでくっちゃべる。ただ、今はその「彼女」に「寄り添う」時期でもあるから、その時間が必要で、ケータイとかほとんど見られない。
だから書けなかった。でも少しずつ身体は元気になってきてます、8月中には退院するわ無理にでも笑 精神は死んでいても誤魔化して生きるしかない、そして限界が来たとき死ねば良い。今回の未遂でそんなことを思うようになった。
冗談抜きでダンジョンだこんな人生。抜けられない、上がれない。

ってな感じの最近。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する