Take it EZ! セカンドダンジョン

疲れたぁ。体力のなさヤバいマジで。こんなに歩くのや階段の昇り降りが辛くなるなんて、どれくらいぶりだろ。そうとう悔しい。
今日は1限から3限まで学校。全部専門科目だから、落とせないってことで結構無理して出た。1週間ぶりの学校。みんな、大丈夫、もういいの?って声かけてくれたり、課題や授業の情報くれたりして本当助かった。生きてることすら曖昧で、グレーな日々だけど学校にいること自体は嫌じゃない、ってのは、なんか嬉しい。学ぶこともそんなに苦しいと思わなくて、じゃあ本当に何で今、この環境で死にたいが暴発するんだろうと、余計不思議になったりする。

今週はあと金曜日のみ学校行って、土日のどちらかで退院、来週からはできれば毎日学校に行くことにする。夏休み前ラスト1ヶ月、持つかどうか不安だし、たぶん持たないんじゃね、って思うけどやるしかない。

帰ってきたらすぐに主治医が来た。
なんか、少し話が噛み合わないことに気がつく。主治医は、私のODは「逃げ」であり、その原因は焦りと疲れだと断定してるみたいな感じなんだ。まぁ、それは確かにあるし、認める。夜の葛藤や朝の絶望感を少しだけ話したけど、流された。「そんなに深く考えないで~」というフレーズを聞いた時、話す気をなくした。そうですね、ってあとは向こうの言うことに全部同調しておく、来週はじーさんとカウンセラーさんにどこまで話すべきか。

今回のこと、今までのこと、「不安と焦り」と「考えすぎ」で全て説明をつけたがる人が多い、まぁそれはシンプルでいいよね、と私も思うんだけど、たぶんそうやって表面だけつくろって「疲れないように、焦らないように、無理しないように」生きるだけじゃ意味がない。自分が何か根が深いものを抱えているとは思わないけど、だからと言って疲れてたからというだけでODをしたり、昨日のようなブログを書くとは思わない。

じーさんは、私が何か起こしたときに、その原因を端的にこうだ、って言わない。それは私にとっては歯がゆいし、最初は付け焼き刃でもいいから解決策をぱっと示して欲しいと思ってた。
でも、今はそれをしないでくれていたことがありがたいと感じる。どうしてそうなるかな君は、と呆れながらも表面だけでなく考えてくれることが、ありがたい。今の診察は、確かにわかりやすく明快だけれども、少しだけ寂しい。だから、例えば昨日のブログのようなドロドロは間違ってもだせない、まぁじーさんに言えるかって言ったらそれも微妙だけど。
ただ、疲れ+考えすぎ+(ある意味)完璧主義、ってのが今の混沌の原因ならば、確かに私は病気でないかもしれないし、ただの我慢できない弱いやつ、で済むわけで、今の主治医の見解は一貫しているとも言えるよねw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

精神科医に一貫していて欲しい
2014/06/25(水) 10:59:47 | URL | 黒川 #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
黒川 さん

そう、診断がころころ変わってしまうと、混乱してしまいます。
私の場合は、正直に主治医に全部話さず、「話さなくてもわかってよ」みたいに思ってしまうので、まずはこちらから素直に自分の状態を話すようにこころがけたいと思います。
2014/06/28(土) 13:45:08 | URL | うら #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する