Take it EZ! セカンドダンジョン

コメントくれる方、他のツールで連絡をくれる方がいてマジでうれしい。
本当に、ありがとうございますと思う。

でも、同時に不安にもなる。
私は、この6年ちょいで自分でうまくつかめなくてわけの分からなかった気持ちは少しずつ、おちついて来たのかなぁと、最近思ってた。躁鬱やBPDの波に気がつき始めていたし、自分のどのへんがどう、人と違って生きづらいのか、少しだけ分かった、気がしていた、そしてそのようなことをブログに書いていた。

その矢先のOD。
呆れただろうって、思う。
なんでこいつはいつまでも学ばないバカなんだよって、思われたと思う、今回こそ人は、今までを知っている人は、離れて行くと思う。
今回初めて私の精神や行動を知り離れて行くなら大歓迎。さいなら。でも、ここの1年2年3年間くらいの私を知った上でさーっと離れて行かれると実は、うわマジかよ、と思ったりする。

私は、やり方が下手だと思う。
ちょっとしたODは、人の気を引くのが目的ならば私は最早使用不可能な手だ。
去年、やりすぎた。しかも大したことにならず狂言だったしね。3ヶ月に一度は頻度が多かった。
今回は、こんどこそなんかわけわかんない狂言「劇」みたくなって、呆れる。
やるなら、こっちの筋書きの方が効果的だったかなと思う。えー、例えば。薬飲む前にちゃんとした「待ちなよ遺書っすよね」っていう感じのブログを、投稿時間をその日の夜あたりに設定して黙って飲む、ってな感じ。
さぁ、これで私はどうなるかな?って、最高の賭けだと思う。誰にも気がつかれず死ぬか、自分で覚醒するか、誰かが救急車でも呼ぶか。まぁ、どれでもいいんだけどね。
なのに私は、チキンにつき、ああいうやり方しかできなかったあーくそ。このアイデアは薬を集めて、そうだなあと1年後くらいにやるのがちょうどいい~!って感じだよね。
連続での未遂はだめ。そういうレッテルは、面倒くさい。デカいのは年1回、以下がいい。死にたくなる、我慢できなくなるのは年1回だな、と思う、それ以上巻き起こりそうなら、誰もみてないとこで勝手にやろう。死ねばいい。「人付き」でやるのはたまに、じゃないと、なんか効果が薄くてだめだ。まぁ、なんの効果かって言われても困るんだけど、もし生き続けなければならないときの、精神安定のための効果、ってな感じだ。我慢が美徳だと思ってるわけのわからない人たちにも、こうしときゃ楽。「あんなに一生懸命だったのに」くらいな評価がいい。「あぁやっぱりね」はやっぱりつらい、だから普段はがんばってる振りをするくらいが、ちょうどいい。

私にとって、自分をマジで心配してくれる人は、すげー大切な存在だけど同時に、「うまくやんなきゃなんない」めんどくさい相手でもあって、だから私も戦略的になるしかなくなったりする。

にしても、今回のやり方はよくなかった。反省。次はもっとでかい爆弾を、と思うと、やり方が派手になるのだけどそれもこの辺が最後かなと思う。
そうすると、未遂はもうできなくて、だから次にこういう気持ちが来たら確実に死のうと、思うそして、こういう気持ちを防ぐ方法は、ないね。

だからYのスタンスは本当に気持ちいい。

まぁそれはよしとし。
来週は、外泊と外出を1回ずつ取って、学校行こうと思う。まぁね、できることはやろうと。焦らないけど、やることは少しでもやる。やることやる、ってのが焦るに直結するわけじゃないもんなぁ。
生きること自体はどうでもいいけど、どうでもいい生き方はしたくないねーこれ以上。生きるならできるとこまでやる、死ぬなら死ぬ。そこでしょバシッと決めるべきは。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する