Take it EZ! セカンドダンジョン

あ・・・はい、死んでません。すみません、うらですおひさ。

えーっと、なんか本当にばたばたっと来てて、ブログ書けなかったね。課題や実験の班の集まりで朝から学校へ行って、そのまま夜勤、ってのが水曜。木曜はまさかの18時間睡眠で起きたら金曜朝、で昨日の夜は高校の同級生と飲み!なのに今日は朝イチで起きてフラ語の課題やってフラ語受けに学校いって、そのまま実験の班で3時間あーでもないこーでもない、と。あまりにもバラエティに富んだ班なので、全員が理解するまでに時間がかかるというかなんというか。まぁ、そこもおもろい。そんな感じで、ばたばたしてた。さっき帰ってきた。

っていうのは、今日は班で集まってたら近くに他の班もいて、3時間くらいはマジでやってたんだけどみんな飽きて、遊ぼうぜ、てことになって2時間くらいトランプしたり話したりお菓子食ったり。おもしろかったぁ。くだらねぇ、ことも含めておもしれぇ、って感じで。まぁ、その後私は更に3時間くらい学校で粘ってたんだけどw他の課題もやってないっていう悲惨さなんで。私のこのできなさ加減からすると、本気でみんなの倍以上やんなきゃ追いつけないね。


なんやかやで、あっという間に学校入って2ヶ月経った。2ヶ月で、学校休んだのは4月のあの2日のみ(7コマ)だけですんでて、まぁ、そこも取り戻してるし合格点かなって思う。生活面や病気の対処の仕方は最悪だったけど。
でも、学校に慣れてくるにつれて、自分はなんなんだろう、って思うんだ。居心地のよい、ふわふわした居心地の悪さ、っていうものすごく矛盾したものを、感じるんだよね。
なんていうんだろう、仕事してたときや去年はこんな気持ちにならなかった。例えば、おととしの6月は仕事ハイになろうとして月28日働いてたんだけどそのときは自分らしい、自分のいつもの、倦怠感と追い詰められ感、投げやりさ、そういうものを持ちながら生きていた。空虚な自分がいて、そりゃ体力的には死にそうだったしそれが元で爆発、みたいな感じだったけれども、「自分」だなって思ってた。
それに対して今は。追い詰められ感はあるけど、投げやりではない。疲れてはいるけど、空虚ではない。死にたいと瞬間的に思っても、慢性的ではない。動きすぎだという認識はある、だからうまくやっていかなきゃなぁと、思える自分もいて。
いいことだと、思う。ってか、当然過ぎるくらい当然なことだ。なのに、これが、居心地のわるい感覚なんだ。

今、私がやっていることって、別になにも、人の評価のためじゃない。
そりゃ学校で成績?みたいなGPAだっけ、はつくけど、それはまぁ、普通に勉強しましょうね履修してるんでしょくらいな話。
ただ、今実験のレポートとかなんか頑張っちゃってるのは、それなりにおもしろいなぁって思うから。それと、確実にこれからの土台になるところだと、強く思うから、穴のないものにしたい。そんだけ。あとのは、普通にみんなよりもできないことだらけなんで、追いつくためにやってるだけだ。
バイトでお金稼ぐことも、病気とどうにかすることも、通院も、日々の生活も、自分のためでしかない。

学校の人は、学校の私しか知らない。このブログ見てくれている人は、学校の私を知らない。バイト先の人は、そこ以外の私をしらない。ブログはどうでもいいとして、そういうわけだからどの授業でも、そして学校外の活動でも、そこの一つ一つの場に対して言い訳はできないんだ。
~で疲れていたから、~で忙しかったから。それで通用するわけないんだ。~だから、自分でそこをうまく調整して、どこでも自分のベースを保てるようにするのが、きっと普通なんだ。

今までの私は、どこかで疲れた辛い顔してれば誰かが自分の辛さに気がついてくれるはずだと期待していたし、その期待がかなえられないならばODをしたり荒れたりしていた。そうするっていう最後の手段を持ちながら、でもまた悲壮な感じで生きるのが、居心地が悪いのに居心地がよかった。
だから、今はその逆なんだ、そして、その多分、普通の生き方に入っていくことに、少し抵抗を感じているんだ。

だって、怖い。今まで、根本のところで自分を調整できていなかった私が、自分で、自分のために、自分を、コントロールするんだよ。いきなりうまくいかない、少しずつ、って普通はいうけど、これに関しては「失敗したらどうなるかわからない」部類の話じゃん。ここまで気がついて、その後にこけたとき、今までみたく立ち直れるか、その自信はなく、だからといってこけない自信もない。だから怖い。
だけど普通のレベルくらいには自分をコントロールしなきゃならないと義務感を持った、というよりは、そうして生きて行きたい、と自分で思ったんだ。そこがないと、まず何もできないなと。人と違うことやるにしても人と違う生き方するにしても、そのベースは必要なもので、そこから逃げてちゃ自分のありたいような自分に近づけないよと。

だから、休むことからも逃げずにw、寝ることからも逃げずにw、3年前には「つまんねぇ生き方」と一蹴していたようなありふれた、普通の、大学生の、でもきっと充実していたはずの時間を今は生きようと思う。多分、その「ありふれて」いるはずの生活は、意外ときらきらしたものかもしれない、から。

「外見さわやか中身(悩み?)はねぇ 大学生無個性情けねぇ お前ら頭にゃやるしかねぇ Hey! DJ ,N.I.C.E?
ナイス・ガイなんか ぶっつぶせ 大バカばかりのナイス・ガイsuckers なんだかんだ言ってもナイス・ガイばっか
Oh,shit! あら Who is it? ポリシーないのかお前らビシっと やれ」
-スチャダラパー『N.I.C.E. GUY』 より

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する