Take it EZ! セカンドダンジョン

2日ぶり!学校、バイト、食生活←、ほどほどにがんばってますええ。

今日、イラっとしたことがあった。今日の4限は授業が入っていない代わりに、院生の実験に参加することになってたのね。あらかじめ、参加できる日程を何個か決めておいて、向こうがその中から日程を指定してくるのだけど。
で、実験室に行ったみたら、どうやら院生の方のミスで、被験者をオーバーブッキングさせちゃったらしかった。1年生が4人集まったのだけど、1人が時間を変更しなきゃなんない事態が起こったってこと。
私以外の1年の子達は、それを聞いて困った顔して立ちすくんでる。まぁ、このままじゃ院生の方もかわいそうだしなぁ、と思って2秒で結論を出し、私は辞退した。で、日程変更。今のタイトスケジュールの中での変更は、結構イタい。まぁ、そういうこともある、誰にでもミスはあるあよね、って感じだし、向こうも丁重に謝ってくださったのでそれはそれ、ってことで解決。

そこまではいい。私いい人、で終わり。だけど例の私のことだ、それで気持ちが落ち着くわけがないのです。
その場を後にした2分後、強烈なイライラが襲ってきた。対象者:1年の3名w
あいつらさぁ、立ち尽くして困った顔して顔見合わせてんじゃねぇよ。だれかが変更するの、そういう状況なの、今は。わかるだろ?バカじゃねぇんだからよ。それを、自分にはよくわからない~みたいなツラしてだれかが譲るのを待ってるのかよ?
少なくとも、話し合おうとする姿勢はねぇのかよ、まずは、細かい状況を確認して、自分が譲歩できるかどうか検討しろバカ。で、抜けた私に少し複雑そうなツラむけやがって、何にもなってねぇじゃねえかよブスが。

それくらいのイライラが、5秒くらいの間に一気に頭を駆け巡るw
同時に、こんな些細なことでイラついてる自分にイラついてくる。あぁもうその辺のもの蹴りたい。

って、まてまて。それじゃ今までと何にも変わらないじゃん、と。歩きながら、少し落ち着くことにした。
まず、今、自分がイラついてますということを、渋々認める。まぁイラついたことは事実だし仕方ない。それはもいい。
で、次。きっとあの子たちもいろいろ忙しくて、私と同じようになんとか予定つけたんだろうな、と考えて差し上げる。でも、その思考じゃまた自己犠牲的になってることにすぐ気がつく。
まてまて、私にだって彼女たちと同じように困った顔してつったってることができたし、そうしたら誰かが譲ってくれたかもしれない。それに、どうする?だれか変われる人いない?ダメなら私が変わるけど、と一言確認してある意味恩着せがましく言うこともできた。
それをしなかったのは、私の判断。
じゃあなんでそうしなかったか。一つは、その院生の方に気を遣ったから。ここで大っぴらに話し合うのは、院生のミスをさらに際立たせるみたいで、そんなことはしたくなかった。そして、他の3人の子は同学年ではあるけども一応、ほんとうに「一応」私よりも「年下」(本当はこういう考えはできるだけしたくないけど)なので、まぁかわいそうかな、って思った。理由はそれだけ。

うん、妥当な自己判断だったわ、とそこで納得。収め方もうまかった、私。あの子たちも、いつかそういう対処の仕方を学ぶだろうって、少し上から目線で思うことで、そこの気持ちも落ち着かせる。

落ち着くまで10分くらいかかった。この程度のことでばーっとイラついて、その鎮火に10分もかかるのはやっぱ頭おかしいかもしれない。
でも、私の気分の波はいつも少しのことでやって来る。いつもなら、気分の波に任せて自己嫌悪に陥るか、他人を行動でディスるかしてた。
そんな私からしたら、時間はかかっても中立的な目線で感情を収めたのは結構えらいことだ。うん。

例えばこれからの生活で、このような感情の波を、人との会話中に収めなきゃなんないことも増えると思う。私は以前、仕事中に仕事上のことで感情を抑え消えれなくなって失礼な態度をとって、それがクレームに繋がってしまったことがあった。まぁありゃ相手も頭おかしかったけど、接客中にあの対処はまずかった。
ああいうときの感情コントロールは、ほんとうに難しい。でも、あのときは所詮、一回限りの「接客」、終われば反省はしても、それ以上はもうどうしようもない。割り切らないと、次の業務ができないもん。
でもね、仕事中でお客様に対してならすぐに割り切れても、普通の人間関係のねじれた感情は、ずっと尾を引く。
突発的な負の感情を表すのは、それこそが長期的にみて「損」にしかならない。負の感情を持っても、じゃあそれをどうやってうまく伝えたり、あるいはうまく自分の中で処理するか、だ。

この処理時間を短縮していくことと、自動的になされる感情の暴走に流されないことが、これから重要だ・・・って、分かってても私なんかにはできないーって感じだけど、「できない」じゃなくて私だってできると思うことが、実は第一歩かも、ね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/20(火) 22:35:44 | | #[ 編集 ]

よくやったねー


この前、ニュースの小さな特集で、「アンガーマネージメント」を軽く紹介してた。 怒りのコントロールですな。 その中では、「怒り」は6秒間我慢できたら、我慢できるらしい。 なにも、全部我慢することが立派なのではないのだけど、子育てなどで、イラッと来た時に、毎回怒らなくても済むコントロールの仕方。

テニスのレッスンでも、挨拶をしない人がまぁまぁいる。 「大人なんだから、挨拶ぐらいしろよ!」と思う。 昨日はレッスン中に、割と親切にしたのに、しれーっと帰って行っちゃった。
٩(๑`(エ)´๑)

まぁ、この手の怒りは、すぐに誰かに言って(グチって)、さっさと切り替えるのがいいよね~。
2014/05/21(水) 14:28:38 | URL | 郷 #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
- さん

それには程遠いですまだまだ。休養の取り方もコントロールの仕方も、綱渡り的な感じで。まぁ、ループの入り口を見つけた感じかもしれないです。
2014/05/22(木) 04:48:58 | URL | うら #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
郷 さん

6秒、なんですね。私は近しい人には0.5秒以内に切れてましたwそういう人に対しては、沸点もありえないほど低くなります。八つ当たりも激しいです。ストレス解消ツールだったんですけど、それがなくなっちゃったんで自分のイライラを自分でコントロールするしかなくなりました笑

その場で怒ることがふさわしくないにしても、どこかで吐き出すことは大事ですね。私は自分が愚痴を言い始めると際限がなくめっちゃ汚いこと言いまくってしまって嫌われるので、うまく吐き出せる術を身につけたいものです。
2014/05/22(木) 05:00:50 | URL | うら #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する