Take it EZ! セカンドダンジョン

片付けてきた。4限まで授業で、それからYのいる街へ行った。片道30分歩いて例のスナックへ、バス代をケチったつもりが、往復1時間歩きすぎてストッキングが破れてるよ意味ねーw
ママに謝り倒して、デパート寄って買った菓子折りと修理代・飲食代をお渡しした。金はぶっちゃマジで痛いけど、仕方ない。
ママには、なんでムスメがこんなことしなきゃならない、もう縁を切りなさい、って言われたし心配された。大丈夫、すぐにあいつから取り立ててソッコー縁切りますよ、って言っておく。きっと、実際はその順番が逆になるけれど。

ようやく帰りの電車。ほっとしたらドッと疲れた。昨日はケーサツとの話が大変で寝たのは3時だった。3時間寝れただけでも良しとしよう。

今回は、やっぱ自分が根本の原因になっていると思った。
少しの罪悪感を持ったからこそ、こうしている。

たられば、を繰り返す。
もし私が急にYを切らないでいれば。
先月に荒れてODなんかしなければ。
急いで引越ししてお金も精神もこうキツくならなければ。

思考がどんどん悪い方へ傾く。こんな小さいことをきっかけに精神がぐらつく。
そもそも、こんな私が調子乗って受験して、大学に行くなんてことをするべきだったのか。
逃走せずにあのまま働いていれば。
その前に、高校卒業したときに、自分の身の丈にあった生き方を選択していれば。
また思考がぶっ飛ぶ。

病まなければ。
この世に何かの手違い的に生まれることがなかったら。

どうだっただろう。そう考えて、行き着く答えはいつも同じ。
もしそうだったら、私は、今周りにいる素敵な人たちと会えなかっただろう。
それは惜しいなぁと、思うんだ。

もし自分がもう少しまっとうに生きていたら、私の身の回りはまた全然違った人で埋め尽くされて、それはそれで幸せだったかもしれない。でも私はその人生を知らない。
だから、今の瞬間までやってきたことは悪くないじゃん、って思うことにしている。無理やりな解釈。でも最後に残るのはどうせそれしかない。根本的に人を信じられないわりには周りの人は好きなんだ。好きだからこそ信じきれないってジレンマ。


やぶれかぶれ、ってこのことかもしれないけれど、この感覚はオトモダチだ。こうなると開き直る。
まぁ、やぶれかぶれでも無理やりでも、開き直りでもなんでもいい。開き直れる元気はまだあるってことだし。
まだ行けそうだな私、次の刺激までは持つ。文章そろそろ崩壊中だけどもそれは見て見ぬふりをしよう、してほしい。


「今の自分が最悪(カワイソウ)だって誰がどうしていつ決めた?
人生いつの瞬間も本気で実は精一杯」
-Hysteric Blue 『グロウアップ』より

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト