Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
65年,ストーンズはサティスファクションで大成功を収める。これは,ジャガー=リチャーズによるもので,実験的なものであったとされているが,すでに疎外感と劣等感を感じていたブライアンにとっては,この成功はある意味で精神的な打撃となった。
この年にブライアンは,リンダと別れて,アニタ・パレンバーグと交際するようになった(アニタは今年の6月ごろ,亡くなった)。アニタは,彼女なりの強烈な独創性を持っていて,そして精神的にはブライアンよりもずっとタフな人間だったようだ。後に,ブライアンと付き合っている最中でキースとできちゃうわけだし...これについてはブライアンも悪いと思うけど。

66年のアフターマスでは,昨日書いた通り,ブライアンの楽器が光る。でも,ブライアンはそのレコーディングに真面目に参加しなかった。遅れてくる,すっぽかす,かと思えば驚くほどの演奏を始める。
きっと,ストーンズの中でミックとキースが主導権と存在感を大きく得た中で,ブライアンは居場所を失い,どうしていいかわからなかった,矛盾していたんだと思う。
音楽を愛していて自分のやりたい,出したい音を出すためには本気で取り組みたい,でも,その曲はジャガー=リチャーズによるものだ...っていう葛藤。そんな中で,「ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズ」としてのスター性を持ち続けなければならない重圧,重圧なのに,スターでありたいともどこかで思っているという矛盾。

そんな精神状態で生きていれば,それで時期が60年代で,金があるって条件が揃ってるならなら当たり前のことだと思うけれど,ブライアンもドラッグをやった。アンフェタミン,バルビツール酸塩系(笑),を酒と一緒に飲むっていうことをやっていたようだ。LSDとかヘロインはどうだったんだろ?と思うけど,アンフェタミンや睡眠鎮静剤系が好きだったとはシンパシーを感じざるをえないと思わない?

例えば,67年のヴェルヴェッツの「ヘロイン」,68年「シスターレイ」あたりはヘロインの産物だと考えると,人それぞれ,好みがあるんだなぁ,と思う。ルーとかニコはヘロイン派だったわけで,でも同じ27クラブでも時代が違えば,ジム・モリソンは酒で崩壊したようだし。

話が逸れた。
ブライアンは,モロッコが好きだった。65年にリンダと行った後,何度も訪れていたらしい。民族楽器とそのリズム,衣服・装飾品に魅せられていた。
しかし,67年のモロッコ旅行はが,決定的にブライアンを崩壊させた(と思う)。
キースとアニタとあと誰かと4人でモロッコに行った際,ブライアンが体調を崩して入院する。その間に,旅を続けたキースとアニタが関係を持った。アニタがブライアンのところに戻った後,関係性に勘付いた彼はアニタを殴るようになって,更にマラケシュのホテルでは現地女性を呼んでアニタと行為させようとして,次の朝,キースとアニタはブライアンのもとから逃げ出した,とされている。
そもそも,モロッコへ旅行しようとした発端は,ストーンズが薬物疑惑で騒がれたためにロンドンから逃れるためのものだった。なのに,そこでアニタを取られるという失態,その後,傷つきながらロンドンに帰ってきて,今度は自分が薬物で逮捕されるという悪循環。

そんなブライアンの精神状態を表す記録がある。ブライアンは何度か入院していて,精神治療を受けていて,そのこともあってか,裁判では精神科医からの意見書のようなものも出ている。そのレポートが,ブライアンの本質を示しているようで,すごく面白い。

以下引用 「ブライアン・ジョーンズ 孤独な反逆者の肖像」著:マンディ・アフテル 訳:玉置覚 編:鳥井賀句,シンコー・ミュージック(1983), p238
『被告人ジョーンズ氏の思考過程の中には,漠然とした不安を極度にいだいた結果起きる,自己の現実把握力の弱体化がはっきりと認められるのであります。』
『被告人は一方においては混乱をきたした,外見はおとなだが受動的で依存性の高い子供であり,もう一方ではポップス文化のアイドルであるという,2つの自己の間を揺れ動いているのであります。』引用終

68年のベガーズベンゲットのレコーディングでのブライアンはひどいものだったらしい。
来ない,来てもなにもできない,レコーディングで自分が何をすればよいかわからず不安に陥る,ということも多かったという(なのに,あのシタール,ダルシマーのキレイさ!)。ドラッグとお酒と,精神的な衰弱がひどかったせいだ。
69年,6月,有名な話だが,ミックとキースがブライアンの家を訪れて話をする。ブライアンも予想していたことで,ストーンズ側からしたら「練られた策」だったとされているが,脱退の話だった。

7月3日,ブライアンは自宅のプールで死んだ。酒に酔って,睡眠薬を飲んで(眠剤に関しては詳細と真偽は不明),プールに飛び込んで,泳いで,死んだ。彼の死の真実は分かっていないし,一部では誰それが殺した,だとかいろいろ言われているけれど,私はそこはどうでもいいと思う。
死すべくして死んだ,それだけな,気がする。

ストーンズを脱退してから死ぬまでの間の,ブライアンのエピソードがとても好きだ。ブライアンは,彼の最後の家,『くまのプーさん邸』(かつてはプーさん著者の所有物だったから)で,少々精神が回復したとき,ストーンズではない新しい音楽を始めたいと思い始めていたようだった。そんな時の彼について,古くからの友人が語ったエピソード。

『…ブライアンがどれほどステージに戻りたいか,そしてツアーに行きたいかを語った時のことを鮮明に覚えているよ。彼はしゃべりながらそのことばを強調するために,タンバリンをたたきながらすごい勢いで部屋の中を歩きまわっていたよ。ステージでやるみたいにしてね。(「ブライアン・ジョーンズ 孤独な反逆者の肖像」p286)』

想像してみる。天才な音楽家が,自身のやりたい音楽を探し求めて,バンドを組む。バンドのため,音楽のために奔走し,バンドは成功,容姿も相まって,若者のカリスマに。しかしメンバーとは上手くいかなくなり,疎外感と劣等感に苛まされ,ドラッグを使いながらなんとか精神を保ってツアーやレコーディングに参加する。彼女をメンバーに取られ,裏切られ,警察からは見せしめみたく逮捕され,ボロボロになって,それでも楽器を弾きつづけるが,その音楽を作るのは,ジャガー=リチャーズ。また劣等感を持ち,精神不安定が悪化し,ストーンズを追い出されて,それでもまだ自分の音楽を追い求めている,容姿抜群で服のセンスもいい27歳の「スター」が,自宅でタンバリンをたたきながら未来を語る。きっと興奮していたんだろう,興奮と不安と諦めと希望と,いろいろなものがごちゃ混ぜになっている。

常人離れしていて格好良すぎる。いや,人間くさすぎて格好悪すぎる。


今日は10月22日,思い入れのある日にもかかわらず,ブライアン・ジョーンズについて長々書いてしまいました笑
それでは27歳,さようなら。私は残念ながら,まだ生きよう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。