Take it EZ! セカンドダンジョン

北海道に来ております,3泊4日。今日は最終日で札幌にいる。
今,ホテル併設の温泉・露天風呂入ってきたぁ〜すぐのぼせるから20分も入ってないけどね笑

今回,北海道に来たのは,べてるの家を見学したかったから。
べてるの家,というのは北海道の日高の方にある,浦河町,というところでもう30年以上の歴史を持つ,
当事者中心の「家」だ。
グループホーム,就労継続支援B型を運営しているのだが,それが町全体にあって,共同生活体を作っている。
私は,19歳でかなり具合が悪くなり,じーさんに「統合失調症寸前」と言われたころ,親にべてるを紹介されたことで,ここを知った。それからは,存在は知っていたけれどあまり気にしていなかった。

私が今回落ちた大学院のOGの研究者が,べてるの家とその周辺住民との関係性の論文を執筆されていて,私はその方にお会いしにいったのだが,そこでべてるのことを聞いて,受験が終わったら言ってみます!と宣言していた。
それで,もう1ヶ月以上前に,ホテルの予約と飛行機のチケットを取っていた。

浦河町は,新千歳空港からバスで4時間...しかも,その道のりのほとんどが,海と牧場(馬中心)と林ばかりでたまにまちがあります,みたいなまーっすぐな道で,一応都内の大学に通っている私としては、おぉ...って感じの4時間だった。
で,20時頃にようやく浦河につき,チェックイン。
次の朝はJアラートに叩き起こされ(浦河町は襟裳岬と近いので上空をミサイルが通過している気が..),それからべてるへ。
私は,25日にリカバリーフォーラムに行っていたのだけど,そこで,たまたまべてるの家の管理者の方とお会いできていたので,あまり緊張などはなく入り込めた。

べてるで見たこと,感じたことはもはやこの記事では書ききれない。
基本的には本当にすごい取り組みをしていて,とってもカオスででも温かく,皆の表情はよく,自由!って感じだけど,実際はかなりシステマティックで,よく考えられてプログラムが作られていると感じた。

私の場合は,べてるに「精神障害者の桃源郷」的なイメージはもともとなかった(先生の論文読んでから行ったので,初めから問題点は分かっていた)。それに,たとえばこのような取り組みが全国規模で行われることは,不可能かつ,もしやってしまったらそれは時代と逆行することになるのかもしれない,などということも感じた。
...べてるについては,また別の記事に書きます。まだまだ入手してきた書籍や参加したプログラムや,見学させてもらったことについての考察ができていないんで,ね。

ただ1つだけ,強調したいのは,私はあんな感じのカオスな状況,「誰だおまえー,病気かぁー?」なんて怒鳴られたりする嬉しさ(「もちろんですよ,頭の中がごちゃごちゃになる病気です」と答えたが),いきなり相対性理論の話をしながら私の似顔絵を書くおじいさん(すごく上手!),など,ヌマもびっくりな人々が多くいらして,それは私に1日だけの居場所を提供してくれたと思ったことだ。問題点があったりいろいろ言われても,私はべてるという場所が好きになり,また必ず行きたい,と思えた。

で,今日は朝7時前の千歳行きのバスに乗り,また4時間。それから30分電車に乗って札幌のホテルへ。
まずは,お土産!例の人が仕事の都合で来られなかったので,好きなものをたくさん送った。あ,今度2日にウェーブの例会があるのでそれにもお土産買いました。
それから,大通りの広場とか時計台とか見つつ,海鮮系の食べ放題に行き,札幌市内ぶらついてきました。

まったく,受験に合格してなんの心配もなく(卒論の心配は常にある)来られたら良かったのに,2月入試のための勉強道具を持ちつつバスではネイチャーを読みながら旅をするとは...何とも悲しいけれど,べてる訪問のおかげで力がつきました。
明日帰ってからはいつもの日常が待っている。
またやらねばならない受験勉強,卒論研究,バイト。精神的に負荷がかかりすぎて,もうまた浦河行って1年くらい暮らすかぁ?とか思いつつも,やはり自分の精神はそこではない,ヌマだ,ということをなんども言い聞かせて,明日は帰ります。

とにかく,とても良い3日間だった。
明日からのことを考えると鬱でしかないので明日からは上下の概念メタファー(卒論テーマ)のことだけ考えます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
リンクさせて頂きました
ベテルの家、いいですねぇ。

私はアルコール依存症者でもあるのですが、比較的早い時期に、アルコールへの思いを吹っ切れて「お酒が飲めないけど、酒の肴は大好き」みたいな感じで、お酒の席へも喜んで出ていくのですが・・・

アルコールへの思いが強すぎて、お酒のあるこの社会では暮らせないと、生活保護をもらいながら、働けないでいる人も多いんですよねぇ

そういうアルコール依存症者のための、ベテルの家、みたいなのがあればいいのに、と、かねがね思っていました。

リンクさせて頂きました。
9月5日夕方にアップする予定です。
事後承諾でゴメンナサイ <m(__)m>
2017/09/03(日) 17:26:05 | URL | 三毛ニャン #xyPDaCGg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する