Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと不眠&ちょっと混合状態、不安と焦燥感の強い私です。
抗不安作用のある薬をちょびちょび飲んだりしてごまかして生きている。

一昨日は、通院日だった。
本当は1ヶ月に一回なんだけど、一昨日は、3年前に亡くなった人の墓参りに行く予定で、2週間ぶりの診察となった。
そのせいか、久々の人々と何人か会えてよかった。2年ぶり?くらいに話せた人もいてラッキー。

その日は、私の前の人が40分以上診察してて、しかも私の後には結構若い、しかもちょっと面倒くさそうな雰囲気を醸し出している女の子が2、3人待っていて、なんかあのじーさん(主治医)大変そうだし私は今回1分診察かな、とか思ってた。なので、とりあえず、欲しい薬だけ言っとこー、最近向精神薬指定されたやつ、買えないから、とか思いつつまってた。

結局、診察室に入ってから今の状況と望む状況を伝えて、そこから10分以上、薬の相談をすることになった。
私の今の状況は、とにかく季節的な身体の不調と精神的な混合状態、そして8月末の院試のプレッシャーから来る焦りと不安がそれなりにひどい、というもの。
そして、望むことは、長期的には精神的な混合状態を極力減らすことが第一だと思うけれど、今はそのために労力を使うのではなく、とにかく院試のためにあと40日は頭と精神と身体の状態を維持することだ、と伝えた。
だから、大幅な薬の変更は今は望まない、でも、多分少しの増減は必要だと思っている、とはっきり言っといた。

診察前に服薬状況は、デパケン300、ラミクタール100、ストラテラ80、漢方。
診察で決めた、今回の薬は、デパケン300、ラミクタール125、ストラテラ80、レンドルミン0.25、漢方。
変更点は眠剤を加えたことと、ラミクタールの微増。

じーさんは、最初デパケンを増やそうとしたし、私もそれが適切なような気がしたけど、気が進まなかった。私は、デパケンをこれ以上増やすと、精神的に落ち着く云々以前に、身体がだるくて動きづらくなる。だから、微妙だな、と伝えた。
それから、じーさんはラミクタールとデパケンの増減の表?みたいなのと1分近くにらめっこして、じゃあ、ラミクタールをほんの少し増やすのはどうか、という提案をしてきた。ラミクタールを飲んで劇的に変わった、と思うことは今までなかったので、とりあえずそれでいいかもしれない、と言って、結果、そうなった。

眠れない、ということに関しては結構聞かれた。何時に寝て何時まで寝付けないか、何時間眠れるか。
寝ようと思ってから2時間は眠れない、でも、ぱっちり覚醒してるというわけでもない。中途覚醒があって、トータルで3、4時間寝ている、と言った。
じーさんは、眠らないのは焦燥や不安の原因になるし、混合にもよくない、でも今の状況を考えると強すぎたりクセのある眠剤はよくないかもな、と言って、レンドルミンを出した。正直、レンドルミンかよーと思ったが、ここでもはや効かないロヒプノール出されたり、最悪、今の状態を維持が目標にもかかわらずコントミンとかに走られたりしても困るなあ、と思ったので、しぶしぶだけど、それでいいです、と答えておく。

後は、今、勉強など「やるべきこと」があるときにそこに集中できるのは、多分ストラテラのおかげが大きく、ストラテラは切りたくない旨も伝える。これも納得してくれた。

結局、本当に微増、そして弱い(のか?)眠剤のプラス。それから2日目なので正直そこまで効果は分からないし、昨日は追加で眠剤飲んじゃったけど笑、久々に夜中に5時間寝られたから良かった。

じーさんの、頭に来ることを挙げればキリがないけれど、こういう、薬を決めるときに慎重になってくれたり、私の特性を分かってくれたり、状況に応じてくれたりするところには助かっている。
今の私に必要なのは、長期的な目で安定させるために何か他のことを試したり導入したりすることでなく、急変を避けるためにも、ベースは維持しながらこれ以上崩れないで、試験まで持たせ、欲を言えば少しずつ上げていくことだ。
だから、私にできることは、ODしないこと、疲れを溜めないこと、眠ること、だと思う。

3年半前の大学受験では、試験3週間前くらいからの記憶がふっとぶくらいに、「生活そのものに」集中していた。勉強に集中するのはもちろん大切だけど、それよりも私のような性質の人間は、試験までの精神と身体を持たせることのほうが、優先だからね。そもそも試験を受けられねば意味ないし笑

ということで、今回は様子見で、2週間のみの処方。
2週間後、どうなっているかわからないけれど、今回の変更でほんの少しでも、現状維持が楽になればよいと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。