Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の木曜から,親知らず付近に細菌が入ったのか,信じられないほど痛くて腫れてロキソニンがぶ飲みして,日曜日あたりに治ったと思ったら月曜日くらいから左目が結膜炎になりやがってアイメイクができずに外に出るのも恥ずかしい私です。
まあ,そんな中一昨日はゼミで卒論計画のプレゼンしてきたけどな!上下メタファーの心理学的実験という,誰得研究だけどな!

私は今,個人情報の関係で詳しくは言えないのだけど,精神障害者の支援のバイトをしている。
昨日の,っていうか毎週水曜朝の任務は,精神+ものすごく経度な知的をもった,30代女性を日中活動に行くように仕向けることだった。
その任務がはじまって4ヶ月間,たいてい彼女はなにかしらの理由をつけて行きたくないとごねた。私はあの手この手をつかって,送り出していたので,今のところほぼ皆勤である。

しかし,最近,活動の日数が少なすぎるために行政から何か言われたらしく,少し活動を増やした。そうしたら,彼女の行きたくない度合いが増した。
彼女は,ホームを出てしまえば,基本的に苦もなく行くし,やってこられる。しかし,なかなか出ようとしない。
笑いながら,だって行きたくない,なんで行きたくないのに行かなきゃいけないの?◯◯さん(高齢)は短い時間しか行ってないのに私だけ大変なのは許せない(実際総時間にすると彼女のほうが少ない),私が行きたくないと言えば行かなくていいのではないの,私はこういう病気なのだから。私はなにもしたくないの!
そればかりだった。

ただ,彼女の希望は実家で暮らすこと。しかし,彼女の保護者の希望は,作業所や施設で毎日活動し,町でブラブラするだけの生活を辞めて欲しいこと,お金の管理をしっかりできること,であった。なので,今彼女が自分の希望をかなえるためにやるべきことは,少しでも昼間に活動を行うことだ。

私は,精神障害者が障害者のレールに乗って,やれデイケアだ,ステップアップしてB型だ,A型だ,就労移行だ,障害者雇用がゴール!みたいな風潮が嫌いだ。だから,正直,日中活動にいかねばならない積極的な理由を言うことはできない。

しかし,彼女が自分の目的を果たすためには,少し我慢してでも,ご両親を納得させるための行動が必要だ。なのに,彼女は自分の目先の欲望を優先し,それなのにほしいものだけ手に入れようとしていた。たしかに,彼女は,◯◯をすることで☓☓につながる,だから◯◯をがんばろう,という二段階思考は苦手だ。口は達者だけど笑

それでも,いつかわかるかな,と思って数ヶ月,私は彼女に懇々とその旨を説いてきた。
でも,昨日は手ごわかった。そして彼女は,私の一番キライなことを言った。
「私は障害があるんだ,だから皆とはちがって,私がやりたくない,といえばやらなくてもいいんだ」

流石に,切れてしまった。そして私は,一番言っていけないことを言った。
仕方ないじゃねえだろ,私だって障害あるわ,9年経ってやっと,今みたいに働けてるんだよ,薬だってあんたより服薬してお金もなくて,毎日毎日死にたいと思いながら,それでも通勤通学してんだよ
自分だけ辛いと思ってんじゃねえ。こんな言い争いはしたくないんだよ!

そうすると彼女は言った。
言い争いなんて言うなら私は(私の)上司に言いますよ,私にどうしても行けというならうらさんが(職を)辞めてください。

あまりにもムカついたので更に私は言った。
勝手にチクってください。私のクビなんてどうだっていい。それよりはあなたが望む通りご両親と暮らせるように,思ったとおりに生きて行けるようになることのほうが,私にとっても大切なんですよ!

さすがに彼女もだまった。だまって,行った。

何をやっているんだろう,と思った。
なんで私は彼女と私を比べてしまったのだろう。たしかにどんな障害があるとは言え,この件に関しては彼女の甘えの部分を否定することはできない。はっきりと,私は何もしたくない(遊びは大好き),と言った。そして自分に言い訳をし,自分の欲だけは主張し,それを障害のせいにした。それは,もはや人格の問題でもある。
でも,彼女は彼女なりの苦しみの末に,そのような生き方を選ばざるを得なかったはずだ。
そこを聞かずに,ただ私の勝手な思い込みで彼女と私を比べ,責めた。私の障害について,しゃべってしまった。障害の質は人それぞれなのに,比べてしまった。

泣きたくなった。最低だ。何をしているんだろう。
職員ではない。ピアですらない。
現場で働ける人間ではないし,研究だってこんな考えの私では上手く行くはずがない。
私は,ただ多くの人が,孤独や自己偏見を軽減できて,よりよく生きられることを望んでいるだけだ。でも,彼女の「よりよい生き方」が,「なにもせず,帰れないと文句をいいつつも遊ぶ」ことだったら?のらりくらりと行政の勧めをかわしてそうやって生きるのも1つの生き方だったら?
施設の方針はもちろん,活動をすることだ。でも,私はそれだけが人々の人生ではないことを知っている。

だから,昨日の対応は最悪だった。
そして,そんな思いが自分にあることに,心底がっかりした。
この分野に,私はいるべきではないのかもしれない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。