Take it EZ! セカンドダンジョン

いやーここ4日間くらいはまれにみる忙しさでした笑
いつものパターンの忙しさならいいんだけど、慣れないパターンのやつだったから特にびびったね。
今日は大学。ゼミに行って来ただけで後はぐだってた。

この間、というか1ヶ月以上前、嫌な知らせを聞いた。
また、ヌマの知り合いが一人、亡くなったということだった。でも、今回のは出処があやふやで、信憑性に欠ける。
私は、デマなような気がしている。

いやーあの人に限って死なないでしょ、と思う。

一方で、私がその人と最後に話したときの、その人の今までとの雰囲気の違いに、私が戸惑ったことも、覚えている。
よく見なきゃ誰かわからなかった。なんか、イメージが変わったね、と言ったのを覚えている。
だから、もしかしたら、とも思ってしまう。

デマであってほしいなぁ、と漠然と思う。
今度、病院で誰かが「え、あの人ならこの間いたよ」という言葉が聞ける気がする。
じゃなきゃ、私がまた、ばったり会うかもしれない。3週間に一度しか行かないから、会うのはめずらしい、だからこそ次に会うのは1年後かもしれないけれど、会えることを期待している。


悲しいとか、悔しいとか、寂しいとか、そんな気持は起きない。
今までの死んでしまった人も、思えば人生でちらっと関わったにすぎない人だ。なのに、虚しいなと思う。
精神病院にいるから、とか、何らかの精神疾患や人格障害を抱えているからと言って、ひとくくりにする気はない。ひとくくりにして、●●が原因で、●●という支援が足らなくて、などということはない。一人一人の事情は違う。

私は20代だから、大学や同年代では死んでしまう人は少ない、それに対して病院の人々は世代が少し上になるから、亡くなる可能性も高くなるといわれれば、それまでかもしれない。

でも、直感的に、おかしいと感じる。
私はたいていのことは、仕方ないよねそんなもんだよ、と言える、自分のことだって言えてしまうことも多い。

なのに、ヌマのことについて仕方がないよね、とは言えない。
多分、私は19歳であそこに助けられてから、今に至っているわけで、自分がこれからもやっていく、今もやっていることは、すべてあそこに還元されねばおかしいのだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する