Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストーンズの曲に、「Mother's Little Helper」という曲がある。アフターマスに入っている。
今まで別にそんな好きってわけじゃなくて、同じくらいの年代のなら、「19th Nervous Breakdown」とかのほうが好きだったのだけど、今日ピンと来たw

そこで、歌詞を見て、その後日本語のウィキで詳細を調べていたのだけど、この歌詞の内容がウィキにはなぜか「経口避妊薬中毒に陥る主婦」って書いてあった。...経口避妊薬中毒ってなんだ?ピルに依存性があったのか...当時(66年)はそんなものを乱用していたのだなぁ~にしても、おかしくね?と思い、いろいろ調べていたら、どうやらウィキのほうが変らしい。
多分、この曲の「pill」って部分を日本語にド直訳したからこうなったらしく、英語版ウィキによると、この「pill」ってのはジアゼパムか「アトラキシン」(販売中止になった精神安定剤)のことみたいだった。まあ、そうだろうな...
この曲の、サビっぽい部分はこうだ。

「Doctor please, some more of these
Outside the door, she took four more」
...先生お願いだよ、もう少しちょうだい。ドアの外で、彼女はもう4錠飲んだ。...ってとこか?
Yes, 共感。

あとここも好き。
「And if you take more of those, you will get an overdose」
...もっと飲んだら、オーバードーズになるよ。...みたいな?
Yes, 共感。


ドラッグを扱った曲って、意外と多いらしい。
私はあまり知らないけれど、その中でもよく聞くのは、
ビートルズのLucy in the Sky with Diamonds、(本人たちは否定しているらしいけれど)
私が思うに、ストーンズの「サタニックマジャスティスリクエスト」のSing This All Together(絶対様子がおかしいもん)、
ヴェルヴェットアンダーグラウンドの「ヘロイン」←そのまますぎだろ、
ヴェルヴェットアンダーグラウンドの「シスターレイ」←様子がおかしい

ビートルズやストーンズは、薬の名前を挙げてるわけではないけど、後者のヴェルベッツの2つは思いっきりヘロインヘロイン!好き好き好き!みたく言ってる。
「ヘロイン」(「&ニコ」に入ってる)のほうは、 Heroin, it's my wife and it's my life...ハハッ!...ヘロイン、俺のワイフだー俺の人生だー!とかってルーリード笑っちゃってるもんね。絶対、やりながら録音しただろ、としか思えない。
「シスターレイ」(「ホワイトライト・ホワイトヒート」)は、I'm searching for my mainline I said I couldn't hit it sideways ...静脈探してんだ、横から刺せないって...みたいな。
この曲は、それだけじゃなくて17分間すべて、あまり意味のないようで退廃の極みのような歌詞だ。ってかこの「シスターレイ」17分間はカオスしかないので、語ることなどできないね。モーリンタッカーとスターリングモリソンの単調だけどきれっきれのドラム・ギターに、ルーリードとジョンケイルの超絶仲悪そうな(←私的見解)不協和音(?)、鳴り続けるホワイトノイズ、とにかくいっちゃってる。いやシスターレイについて書くと多分3記事分くらいは書いてしまいそうなのでやめた。


私は、当たり前だけど違法なドラッグはやらないので、LSDもヘロインも、どのようなものか分からない。なので、上のストーンズの(多分)ジアゼパムらしきものの曲のような共感はない。それでも、ああ、こんな世界があるなら見てみたい気もするーと思ってしまう。
私は、気持ちのよい幻覚を一度だけ見たことがある。一番でかいODの後、薬のなごりがあったか知らないけれど、ものすごい幻想の中にいた。毛の海、ポップアート、力士、子供たちのかごめかごめ、塀、地下の違法なブランド品商売、あるはずのところになくなった駅...意味不明だけど、そのようなものがはっきり映し出されていた。あの経験なら、もう一度したいと思っていて、あの感じが一番ドラッギーに近づいた瞬間かなと思う。でも、それだけ。

だから、よく知っていて効果も体感している、抗不安薬とか精神薬の名前が出てくる曲には、おっ、となる。
ルーリード(なんどもすみません好きなんです)の「Walk on the Wild Side」に、「Then I guess she had to crash Valium would have helped that bash」と、Valium=ジアゼパムが出てきたときはうれしかったなぁ。...彼女は事故っただろうな、ヴァリウムのせいもあっただろうし...ってとこ?


薬物乱用が素敵だとか、賛美しているわけでなく(ダメ!絶対!爆)、ただ、こうやって見ると薬って、薬物って、なんなんだろうなと思う。
まあ、いえることは、私は「フルニトラゼパム」という曲はかけるのではないかということくらいだ。眠剤ソング。
...これ以上はどんどん不謹慎になるのでやめます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント

私が知ってる中で唯一モロLSDについて歌ってるビートルズソングは「Dr. Robert」って、

実際当時ドラッグ処方するので有名だった先生にで、何か具合悪かったらこの先生オススメよ〜って歌ってるんだけど笑

歌としては私の中でビートルズランキング一番下ぐらいジョークな歌笑

ウィキより:
ロバート・フライマン(Robert Freymann)というニューヨークに実在した"スピード・ドクター"(アンフェタミンやLSDなどを大量に処方してくれる医師のこと)と呼ばれる医師で、アンディー・ウォーホルなどニューヨークのアーティストの間では評判だった人物である
2017/03/07(火) 14:36:16 | URL | りさ #9fYl7j0o[ 編集 ]

mothers little helperってyellow pillって言っててジアゼパム確かに黄色い!へえ。あんまドラッグは親しみないけど、起き上がれない時に、精神薬を!って出てくると確かになんか嬉しいというか心寄り添ってくれる歌だね。

sgt peppersでは with a little help from my friendsって歌はドラッグソングで有名らしい。

ill get high with a little help from my friends♪ my friends=お薬で元気出すから大丈夫♪ってhighってモロに言ってるからだけだろうけど。

少し名前似てるけど、こちらリンゴにソロ任せてやっぱただ遊んでる歌で寄り添う感じじゃない笑

個人的にはウッドストックでのジョーコッカーのカバーが好き。これは体全体で、ハイですー!って感じですごい。特に4分半ぐらいからのLOVE IT!!!←そうでしょうね
の雄叫びとエアギターがすごい。

https://www.youtube.com/watch?v=POaaw_x7gvQ
2017/03/07(火) 15:26:33 | URL | りさ #9fYl7j0o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。