Take it EZ! セカンドダンジョン

三が日!3連休!最後の今日泣
夏休み以来の3連休にもかかわらず、課題やらテスト勉強ばかりしていた気がする私です。
そんな中でも、昨日は例の人と買い物して例の人の実家と私の実家行けたし、私は昨日実家に一泊できたのでよかった。明日からはバイトと勉強で次の休みはきっと1ヶ月以上後でしょう、という日々が続きますよ。とにかく中旬までは激忙しいので体調を崩さないようにせねばならないね。

去年の総入院日数は9日のみ、というここ7年の記録を塗り替える大躍進の一年でした。一昨年は150日以上入院してたもんなぁと、遠い目。いやこれは本当に例の人とお薬様のおかげですよ。

私のレギュラーお薬様は、デパケン200とラミクタール100とストラテラ40と漢方だ。デパケンとラミクタールは3年以上飲んでいて、ストラテラは1年ようやく経ったくらい。
この1年間は、これまでにないくらい真面目に服薬をしていたから、そこまで波がなく過ごせたのだと、思う。特にストラテラが効いているおかげで、落ち着いた生活が送れるようになった、と私は勝手に思っている。

ストラテラは、ADHDに対して出ているのだけど、これを飲むと頭が片付く気がするんだ。
やるべきことを整理できるというか、今せねばならないことが何か明確にするということを可能にしてくれたというか、先々を見る目を作ってくれているというか。
今、私は学校の他に3つ掛け持ちのバイトをしていてほとんど休む時間のない日々を過ごしている。そのバイトも、学生のバイトという位置づけではないようなもの(精神障害者の支援)なので、簡単に休むとか無責任なことはできない。学校の勉強もかなり大変で、3年次で4年生の卒論と同レベルのものを求められたり課題も多かったりして、ウェイしている子などほぼいない。そんな時間との闘い的な中で成果を残すには、きちっとスケジュールを立てたりやれることの優先順位をつける必要が出てくるんだ。

私は18歳以降、本当に刹那的に生きていたと思う。次の瞬間には死んでいてもいいように生きていた感じ、予定なんてほとんど決まっていなくて、決めることもできないような感じだった。
受験のときは数ヶ月後の予定を立てて取り組まねばならなかったから、それだけでとても疲れてしまった。大学に入ってからも、自殺未遂などしながら、切羽詰まったときは過食やODをしながら、なんとかごまかしながらやってきた。テンションの上がり下がりもひどかったし、あたまがぱっかーんてなるのも速かった。

それが、ストラテラを真面目に服薬するようになってから少し収まった気がする。
1ヶ月後の予定を見て、今せねばならないことを逆算して、計画的に物事を行ったりとか、今日はここまでしかできないな、というような見切りをつけたりとか、そのようなことが少しずつ、できるようになった。そのために、事前に予定を組むことができるようにもなった。冬休みの今も、バイトがいつから忙しいから課題をやるならばいつが最適で、そのために体調をもたせねばならないから今日は無理しない、とか少しは考えられるようになった(無理しない、の規準がおかしいところはこれからの課題だねw)。
物事も少しは論理的に考えることができるようになった気がするし、人に何かを伝えるときに何をどうやってしゃべればいいか、考えられるようになってきたし、人の気持を推測しようという気持が少し湧いてきた。
あたまぱっかーんってなることもだいぶ減って、とっさにODすることもなくなったし切れてスマホを叩きつけることもなくなったし←、例の人との衝突も一昨年より格段に減ったと思う。

もちろん、引き換えになくしたものも多い。
ここ最近、ブログを書く頻度が減った。それはもちろん時間がないっていうのも大きいし論文を書いたりいろいろレポートで「書く」という作業にあきあきしている、ということもあるけれど、それ以上に特に感情や考えが浮かばないから、という面が大きいと感じる。
音楽を聴いてあぁ超いいな!って思うことや、読書欲は明らかに減ったし、これをやりたいっととっさに思うことも減った。味覚の繊細さみたいなものがなくなったし、常に車に酔っているような気持ち悪さみたいなのがあって、胸になにかがつかえている感じはとれない。
頭ぱっかーんなる頻度が減ったから、自分の限界がよけいにわからず明らかにキャパオーバーでも頭がクールでいるような錯覚に陥って、しかもある程度できてしまう。そして、最後には身体が追いつかなくなって頭が電源を切ったみたいにパチっと切れる。つまり、全部ひっくるめると私と私の脳が機械化されたような気分にもなってくるのだ。

それでも、私が普通に社会生活を送り仕事を遂行するためには、学業を行うためには、ある程度の感情や感覚を捨ててでもあたまを整えるほうが重要だと思う。
私は昔から、感情と思考がばらばらになればよいのに、と思っていた。どんなに悲しくてもつらくても、何かをきちっと考えるときにはそのような余分な感情はとりあえず冬眠でもしていてくれ、と思っていた。でもできなかった。
それが、今は少しできているように感じる。それがいいことなのか悪いことなのか、よくわからないけれどとりあえず生きねばならないなら、これでいいような気がするのだ。いや、もしかしたら、皆にとってはこれが普通なのか...?

ただ、これからは薬のおかげで頭がクールでいるという錯覚にたよりすぎないで、自分の本来のキャパを見ながらやるべきことを調節していかないと、身体と頭が崩壊する気もするので気をつけます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
じゃあ  やめたら~。。。
その 方法は  灰音 ちゃんに聞いてね~☆彡
2017/01/03(火) 15:55:59 | URL | 風 蘭 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する