Take it EZ! セカンドダンジョン

久しぶり...2週間ぶりくらいの私です。
先週からだるさと胸の痛み、たちくらみ等についての診察を受けに総合病院に行ったり、ゼミ等の件で学校に行ったり、塾の他にも単発バイトに出かけたり、週末はウェーブ、日曜は高校の部活の同級会、などでバタついてました。今週はあまり出歩かずに済むゆるめの1週間、になるといいな笑

もう少しで春休みも終わる。授業開始まで、あと1週間だ。
最近、私たちの専門分野(でもないんだけどw)に新たに国家資格ができた。私はそれを取ろうとしているのだけど、要領を見てみると、どうやら今のままでは少し厳しそう。もしかしたら、半期(5年前期?)大学に残らなければならないかもしれない、という事態が起こっているのだけど、多分、学科も何かしらの措置を取ると思うのでまだわからない。
とにかく、来年度と再来年度は、心理漬けになるんだろうな、と、いうこと。

勉強って、私は多分嫌いではない。じゃあ好きかって聞かれると、それは絶対に違う。
確かに、自分が3年でやろうと思っている実験については興味はそそられる。だけど、毎日そればかり、「好き好んで」考えているかというとそんなことはない。
読みたい小説があって、そのとなりに読むべき参考文献があって、その場合はもちろん小説を読もうと思うもんね。

今の中学生もそうだ。塾で教えていて思うのは、いくら言っても、宿題をやってこない子は基本的にやってこない。やってくる子は毎回やってくる。私は別に、中学にもなれば自己責任だろ、スイッチなどない(←うそでーすごめんね)、と思うから、別にギャーギャー言わない。まぁ、出している宿題はその子その子に合わせているつもりなので、妥当かなぁとは思っているのだけど、ダメなんだなぁ。
やってくる子は、相当たくさん出してもやってくる。でも、そのやってくる子が、数学が好きだとか、勉強が好きだとかいうわけではない。

やらなきゃならないと分かっていて、私が示したところが自分でも妥当だと思っていて、そしてそれを遂行しようという意思があるから、やってくるんだ。そして、さらにすごいヤツは、私が示したところが自分にとって不要かもしれないと思えば、その場でそう言う。その場合は、本当に不要かどうかその場で試させていただくけれど、それで私が納得すれば、やりたいところを一緒に探す。これが一番理想的かなと思うのだけど、15歳でそんなことできるのは一部の子しかいないと思う。まぁ、私は必要ないと判断したものは自分で勝手に切っていたけど...

私は今から2年間、大学で研究をしなければならない。そして、資格を取るための準備をして、大学を卒業しなければならない。だから、勉強しているんだ。好きかどうかと言われれば、嫌いではない、というくらい。面倒で仕方がないことも多い。
塾で教えること、これも別段、好きではない。行きたくないし(今から行きまーす)めんどくさい、と思う。でも、今とりあえず私の生活費を支えるものは奨学金と仕送り頂いているのと、塾からの収入がメインなので、バイトをすることは必要だ。

人は、優先順位をつけろ、と言う。私もそれは正しいと思うし、優先順位をつけ、「やらなければならないこと」を明確にするのは重要なことだ。
でも、それ以前の問題として、「なにをするための、優先順位なのか」を分かっていなければならない。今、自分が何を欲しいのか、その意思がはっきりしているとき、人は優先順位をつけて、好き好んだものでなくてもそれをできるようになるのではないかと思う。
高校などどこでもいい、と言っている子に、今何をやるべきか、優先順位をつけて、好き好んだこと以外のことをやらせることは、難しい。

ということは、最優先事項はきっと、何が欲しいのか、明確にすることにつきるんじゃないかと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する