Take it EZ! セカンドダンジョン

さぁ、今日から始まりました受験本格化。
今日は受け持ちの子の第一発目、つまり私が所属している大学の学部学科への受験日。あの子なら大丈夫と思いつつも、そわそわが治まらん...公立高校の受験日まではあと4日。受け持ちの中3生6人、こちらは全員不安がいっぱいでございます。大丈夫なのかやつらは。

先週の金曜日夜から土曜にかけて調子くずしたのだけど、今日は朝から、またそれが来そうな感覚がしてた。うん、実際
今、身体がぴりぴりしていて顔面神経痛(これは14歳のころから持っていて光に過敏になっちゃうみたいね)も出てきた。ということを自覚できたので、ジアゼパムで誤魔化してるんだけどね、そんな感じで午前中はむりやりベッドにいた。午後からは、塾の転職活動開始しつつ、勉強しつつ(フラ語の検定受けたいなぁと思ってますよー)、塾までの時間を潰していますよー。暇人ですよー。

一昨日のカウンセリングについて。
私は、先週の土曜日にくっそ具合悪くなって1日寝たきり状態だったのだけど、その日のシラフだった時間帯に(後でロヒ入れたから)、過去のいろんなイメージを見たんだ。イメージだから、まったく鮮明ではなくていつのことかもわからないような感じだったのだけども、多分、18歳以降のイメージを立て続けに見ていた。それに対する感情がわかないほどに心身ともに弱っていたし、記憶もできないほど頭がぼーっとしていたからなんとも言えないけれど、ああいった体験は初めてだった。多分、もう忘れた(ふりをしていた)ことが少しだけ、少しだけ意識上に上ってきた感覚があった。

カウンセリングで、そういうことがあったよーっていう話をした後、私はなぜか、綾瀬に住んでいたころの話をし始めた。綾瀬は、Yから夜逃げした後の街で。ブランデーとデパスとロヒの毎日だったから、私はほとんどあの時なにしてたかの記憶がない、22,23歳の頃の記憶なんだから、つまり3,4年前のことなんだから、覚えてて当然なのに薄くなっているみたいで。
階下の人間にわけのわからない嫌がらせを受けてたような気がするし、多分、あのときの栄養状態は栄養失調寸前だっただろうし、多分、アル中薬中一歩手前だったんだろうし、いろいろやってたような気がするけれど、どれも大したことじゃないと思ってた気がする。スナックで少しだけ働いたり、ネズミ講に手を出しかけたり、見境なくどうでもいいやつと性行為をしてた気がするけれど、それも大したことじゃないって思ってた気がする。

みたいなことを、もうカウンセラーさんに話したような気がしていたからかいつまんで言ったら、初めて聞いた、と言われておどろいた。きっと、Yのことが自分にとっては大きな出来事だったから、その他のあんまり普通じゃないような夜逃げ後の生活については大した感想もなくて、だから自分のことを語ったときに言ったような気になってたんだと思う。

じゃあってことで、そのときのことをもう一度話そうとしたけれど、あれ、自分何していたのだっけ、と記憶が曖昧な部分がありすぎることに気がついた。記憶がない、わけではない、多分こういうことしてた、ってことは分かるんだけど、それについての感想とか感情とか、当時何を思っていたかとか、そういうことが全くでてこない、だから現実味がまったくないことに、自分でおどろいた。私は例の人と、過去の話はほとんどしないし例の人とカウンセラーさん以外に自分のことを話す機会も話す気もほぼないので(じーさんはリアルタイムで見てきたから別)、そこの部分に蓋をできていたんだろうなぁと思う。
多分、辛かったんだろうと思う。だから、不倫相手みたくなったりとか、変ななんとかっていうねずみ講の団体(?)と付き合ったりとか、異常な働き方とかお酒とか、やってたんだろうなって。

で、同時に。
最近、電車とか街で、特定の服や特定の靴をみるとどきっとするようになった。ティンバーランド、とか、茶系のズボンとか、ガタイのいい人間が着ているのを見るとやべってなる。あと特定のブランドね。
変だなと思う。なんで、今更、感が強い。あのあとすぐにだったらまだしも、今ってなんだ。ってカウンセラーさんに言ったら、じゃああなたは、今までその靴や服をきたガタイのいい男の人を見たの?と聞かれた。あぁ、そういえば、と思う、最近になってよくそういう男の人を見るようになったなぁ、と。
だけどそれは、変なんだ。だってさ、ティンバーも靴も、あの人くらいのガタイの人も、一定数いるし、その体型だからその服や靴にする男性だって多いはずなんだ。カウンセラーさんは言っていた。今までは、「見えていなかった」のではないの、って。意識的に見なかったことにしていたのでは、と。

だとしたら、多分、エクスポージャーの療法を待たずとも、自分の中で始まっているのかもしれないと言われた。多分、そうなんだ。出てきている、いろいろと。土曜日の具合の悪かったときのイメージも、最近みるようになったティンバーも、だんだんと始まってきている証拠なのかもしれない。
夜逃げから、4年目。Yと出会ってから、5年目。
いろんなところにあるスイッチが、少しずつオンになっていく、もしかしたらこれから少しの間、きついのかもしれない、だけど。オンを繰り返して、そこから逃げなければ、きっとスイッチそのものがなくなるだろう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する