Take it EZ! セカンドダンジョン

日中ヒマな時間が増えて、さぁ何やろうかな、という感じの私です。ヒマな割には落ち着いているというか。

昨日は通院で診察とカウンセリング、そこで来月で自立支援が切れちゃう、ってことに気が付き、しかも2年に1回の診断書提出の年だったので、さっき市役所まで用紙をもらいに行って来ましたよはい。

今までの薬代は、そこまで高価ではなかった(あれですよ薬代っていうのは日常的な服薬の薬ですよ、自殺未遂の際のルートで購入する薬はくっそ高いからね笑)。今までは基本的に、デパスとかデプロメールとか、4年半前から2年前くらいまではデパケンとロヒちゃんメインだったから、そこまで高くなかった。カウンセリングと診察で600円程度(1割負担)、薬も3週間分で1000円行くかいかないかだったから、全部で多くとも、1500円くらいだった。
2年前にラミクタールが増えてからは、結構高くなった。確か、それでも、3週間分の薬と診察もろもろで、2000円行かないくらい。

それがですよ。
今では、4000円とかだからね。おどろくわ。何ってストラテラのせいです。本当、副作用は出てくれるし薬は高いし、なんなんだよ、って感じだけども、飲み始めてもう少しで2ヶ月、私は何か生活のしやすさを感じているので切りたくはない。
でもね、薬が高いーとか言っても、ヌマはジェネリックで出せるものはジェネリックになってるし、カウンセリングは診察に込みみたいな感じになってるし(50分間、特にPTSDのことについては専門的なこともばっちりやってもらってるのにね)、そして自立支援のおかげで1割負担ということですごく助かってる。だって、もしそうでなければ月に1万5千円以上かかることになるんだよ。通院のための電車代だけで1200円はかかるというのに、それだともうやっていけない。苦学生(?)にはきついです。

1割負担が助かっていると思ったのは、形成の退院後に、自分で処置をしていたときの、バカ高い薬代を経験したから。フィブラストスプレー(例の人は肉スプレーって呼んでたw)っていう、創傷治療の、肉芽の形成を促進するとかいう効用のスプレーで、こちら500μgを溶解液に溶かした1本分で、11100円になります。アホみたいにでかい褥瘡だったので、2週間でなくなりますよーええ。ユーパスタという軟膏も塗って、3割負担で2週間合計4500円。で、ガーゼを1日2回替えることとか診察とか全部含めると、1ヶ月2万弱は形成関係でかかっていて、それとヌマ関係で当時は3000円くらい、去年の5、6、7月は医療費が信じられないことになってましたー入院してるわけではないのに。褥瘡手術やOD後のICUの費用等々は、もっとヤバイことになっているんだけどそれは言わない約束で。ヌマへの入院費は保険の関係で実質金かからないんだけどさ。余計なことはするもんじゃないよ本当。

今は助かっていることに、身体は他にどこも悪く無い。眼科歯科整形形成等々にお世話になることは、今のところはない。とりあえず、精神科だけだ。
確かに、ラミクタールやストラテラは安い薬ではないけれど、今の私には必要な薬だと認識している。もしかしたら、将来的に飲まなくても過ごせる日が来るかもしれない。でも今は、飲むべきだと思っている。

語弊があるとは思うし、批判もされると思う、けど私は、精神の薬を飲むということについてはやはり、長くの間に自分の何かを変え、何かをゆっくりと破壊するものであると思っている。破壊しているんだな、と思いながら飲んでいる。もちろん、QOLを上げるためのものであることを前提で、それでも何かは失う。昨日、そういった話を、統合失調症かつしょっちゅうばたばた倒れるよくわかんない発作か何かを持っている変な友達と話した。
金はかかるし副作用はあるし、精神の薬を例えば10代から飲み続けることで壊れるものだってきっとある、それでも私は多分、飲まないと生活ができないとは言わないまでも、今のようにはいかなくなるのだろうな、と思っている。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する