Take it EZ! セカンドダンジョン

2週間ぶりの更新ですが生きてますよーはい。
この正月は、ひったすらバイトと学校と塾の勉強してた笑
元日から4日連続朝バイト、その後は冬期講習、その間に学校の課題をやり塾の準備で私立高校の入試問題とセンター試験を解き...って感じで、大学生らしさのまったくない冬休みとなりました。

そのせいで、大幅に体調を崩した昨日。風邪の症状が限界まできたのか、めまいはひどいわだるさ半端ないわで、半日寝込みました。マスクして完全防備でなんとか塾だけは行って、帰ってきて速攻で寝て、そしたらだいぶ回復。今日は何があっても学校に行かねば(カント提出だからねw)なので、頑張って行ってきます。

最近、すべて投げ出したいなぁと思うことが増えてきた。周期的に来る破壊衝動のせいってのもあるけれど、やっぱ、11月に退院してから最近まで、走り過ぎたのかもなぁと思う。11月から今日までで、1日自分の時間、1日休み!って日は2日しかなかった。ほかは、バイトか学校は必ずあって、だからがっつり1日寝てられるーとかはなかった。1日の中では時間はうまくやりくりはしているものの、精神的にはどこか緊張しているわけでなかなか芯から休めた日はなかったね。
今、一番やりたいことは、馬鹿げているんだけど、都内の結構お高めのホテルに一人で泊まって、1日外へ出ずにルームサービスとワインで、本(心理と哲学以外の!!)読みながら音楽聴きながら、意識飛ぶまでだらだらしたい、ってことかな← まぁ、ここ1ヶ月でバイト稼いだから、みなさまの受験が終わり次第、マジでやろうかみたいな。

でも、私は今、なんとか保っている、というか、そこまで苦痛でもなく、保っている。
去年の今は、2月にやったODに使用した薬を買ってたころ。例の人はまだ例の場所にいて、だから会えないし、私もまだ外泊ばっかだったけど入院中だったので自暴自棄になってたね。だから、日々やるべきをなんとかこなしては、お酒とか眠剤つかって夜は意識飛ばしていた。
今も、お酒飲みたいなあとか、眠剤...とか、思わないわけではない。それでも、ストッパーはたくさんあって、だから明日のことを考えて、無茶はしない。

一番大きいストッパーは、もちろん例の人。一緒に暮らしてくれている、ということだけでもストッパーになるけれど、今はそれ以上に、例の人の努力や向上しようとする姿勢が、私の刺激になっている。
例の人は、資格をとるために今かなり勉強してる。仕事帰りに数時間勉強している。その資格は彼のやりたいことにダイレクトに繋がるもので、そこまで合格率は悪くないのだけど、例の人は例によって例のような生き方をしてきたわけで、こういう勉強は初めてみたい。だから、最初は手探りだったけれど今では勉強するってことを生活の一部に組み込んでいる。
例の人がやってきたことから考えると、普通はここまでこれない。去年の3月から普通に働き始めてもうすぐ1年たつってことだけでも奇跡的なんだ。なのに、彼はその先へ、自分の本当に望むことを手に入れるためにがんばれている。多分、自分の本当に望むことがなにか、自分が生きるのに必要なものは何か、わかっているからできるんだろうな、と思う。私は、その姿勢に刺激を受ける。

他のストッパーは、やっぱ学校。特に、私は秋学期、かなり頑張ったのにここで休んだり倒れたりしたら、そのがんばりがパーですよ!20数単位が飛ぶわ!っていう思いから、這ってでも学校は行きますええ。まぁ、もう3年への進級は確定しているけれど、3年次4年次は心理以外の勉強をして将来やりたいことにダイレクトに繋げなくてはならないので、余計な時間はない。

あとは、塾ね。受け持っている生徒全員の受験が終わるまでは、なにがあっても塾へ行かなければならない。夏期講習も冬期講習も、みんながんばっていて、毎日のように2コマうけてくれた子もいる。私と同じ大学の同じ学科を目指してる子もいて、4月からは後輩になる子もいる。彼らにとっては、私でなくてもいいってことはわかっている、でも私は、最後まで見たいという気持ちがあるので、自分の勝手で最後まで見させてもらいますよええ。これは、かなり大きなストッパーだね。

というわけで、私は2月末または3月初旬(公立後期終了)までは多分なにもやらかさない予定です笑
そのころには、今よりも時間と体力に余裕ができ、精神的にも今よりは疲弊しないで生活ができるようになっていたい。そうすれば、ストッパーに頼りすぎずとも、自己破壊衝動はひどくならないだろうからね。


同時に、この1年半の間に自分にとっての大きな傷となったことから、自分が何をしたいかが明確になってきた。この意思を持ち続ければ、きっと破壊の前に踏みとどまれるし、努力をし続けようと思えるだろう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する