Take it EZ! セカンドダンジョン

寒い...寒い!今日は朝から部屋にいるのに超さみいです。
一昨日で学校も終わり、昨日からは冬休み!今日は塾バイトだけなので、午前中はセンター数学(私ができなくなってたら意味ないもんねw)を解いて学校のミニ論文を進めてた。冬休みは1月7日までだけれども、毎日こんな感じで過ぎていくのだろうな、と思う。悪くはないね、はい。

先週から、ストラテラを再開した。本当は10月から出されていたのだけど、私は自分に必要な薬だとは思えなかったので飲まずに放置していた。飲み始めて1週間、薬の性質上当たり前だけど、効果を体感することはない。時間がかかるからね。ただし、副作用はばっちり体感してますよきついですよ。
私に出た副作用。車酔い(のような気持ち悪さ)、胃痛、便秘、口渇。特に、車酔い的気持ち悪さは気分が悪いもので、吐きたいまでは行かないけれど喉に異物がつまり胸がムカムカしてたまにくらくらするという、車で長距離を移動した直後に地面に立ったときのような感覚になる。慣れては来たけれど、やっぱり気持ち悪さは残ってる。

なぜ、自らストラテラを始めたか。
私は広汎性発達障害ということらしいんだけど(自覚なし)、日常生活に支障が出ていると自分では思っていなかったし、私がいろいろなことができないのは自分の能力と努力の不足だと常々思っていた、というか思うようにしていた。
だけど、最近どうしても、それだけではあまりにもおかしい、自分の中での他の能力とアンバランスすぎる出来事が頻発していて、さすがに違和を感じた。そしてそれは、今に始まったことではなく、ようやく明確に現れたか、という感じで思い返してみるとずっとそうだったことに気がついた。

まず、不注意と、身体を使う場面でのミスの多さ。私は視力が悪いわけではないし、運動神経もそこまで悪くはないはず、
スポーツは何やっても人並みにはできてきたわけだし。なのに、私はいろんなものにぶつかり、いろいろなものを落とす。朝のバイトはファミレスのホールなのだけど、ヒマなときにゆっくり動作しても忙しいときにハイスピードで動いても、あまり変わらぬ頻度でいろんなものにぶつかりいろんなものを落とす(さすがに皿やカップは落としたことございません笑)。
家でもそう。例の人とテーブルについたとき、ほぼ毎回ティッシュとかお箸とか落とすし、悪い時には皿を持ち上げるときに他のものにぶつけて、落としてしまう、などということもある。そして、ティッシュとか軽いものだと、落としたことにすら気づかない。
バイト先ではだれか他のスタッフがいるときにその人の動きを観察していても、その人の動作がわたしより速い遅いにかかわらず、ものを落とすことや身体をどこかにぶつけることはない。例の人も、基本的にテーブルの上のものを落としたり衝突させたりはしない。
だから、バイトでは私が何かを落とすと見ているスタッフはくすっと笑うし、例の人に関してはもう慣れたらしく何も言わないけれど、私が「そういう人間だ」と認識しているらしい。私には、それが信じられなかった。なんで少し落としたくらいでみんな笑うんだ、よくあることじゃん私だって慣れればさ!(もう3ヶ月経ったのにw)、例の人は、器用だから落とさないだけでしょ、普通はね、だれでも落とすから!そう思っていた。

...普通、そんなに落とさないし、常に手足にあざはできませんね、ええ。そんなことに、生まれて初めて、ようやく、ようやく気がついたこの頃。決定的だったのは、例の人が冷蔵庫からタマゴを取り出したときに1個落として割ってしまって、それに対してすごくへこんでいたのを見た時。私はすごく疑問だった。そりゃ、もったいないし自分の手にショックなのはわかるけど、そんなことでいちいちショック受けれてたらやってられないですよ私は週に1回はやります、そんな感じで対応したときに、人との「ミス」の頻度の差に気がついた。私が普通だと思っているミスは、あまり普通ではないらしい。器用な例の人を基準にしなくても、その辺の人を観察しても自分くらいに落とすぶつけるぶつかる人間はあまりいない。

今書いたことは、もしかしたら、注意欠陥、にあたるのかもしれない、と気がついた。そこまで重くはないけれど、そして生活に支障があるかといえばきっとそうではないし、わかっているから車や自転車はのらないけれど、でも仕事はやりづらく、できる仕事も限られてしまう。

そのことと、もうひとつ、ストラテラを飲んでみようと思った原因がある。それについては長くなるので、また書こうと思ってる。今度はあたまのなかのぐちゃぐちゃ加減と、それによって人とのコミュニケーションが面倒くさくなること、頭が混乱して疲れることに関して。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する