Take it EZ! セカンドダンジョン

ブログを華麗に放置(?)していた私ですハイ。
先週から身体が不調だけど、精神的には大きく崩れることもなく何事もなく過ごしてる。ただ、一昨日から本格的に風邪引いたらしく、今ほとんど声がでない状態で悲しい。学校ままだいいけど、塾とファミレスは声が勝負な部分があるからヤバイね!

一昨日はカウンセリングと診察だった。私は11月のODやでじーさんとヌマから入院拒否をされていて、実はじーさんからも匙を投げられかけ、病院を変えろとまで言われた。のわりには、その後2回診察等受けていてじーさんも特に何も言わない。なので、これからも堂々とヌマに行きますよ!って感じだ。入院は無理っぽいけど。

カウンセリングでは、これから自分がやばくなりそうな時にどう対処するかについて話した。
私は今まで、自分が調子の悪くなるタイミングはわからなかった。周りは、忙しさのせいだとかオーバーワークだとか言い、それは半分は当たっていると思うけれど、全部でもないと思う。単にオーバーワークならば、今年の7月ほど忙しかった時期はないし、多分今月あと20日は相当忙しくなるはず。けれど、潰れはしなかったし、今月も潰れないような気がする。だから多分、私に調子が狂うのは、忙しさに何かが加わって、だけどもその「何か」を認識したくないからよけいに忙しくして、それで余計に疲れて「何か」は肥大して、その時だと思う。

で、その「何か」は多分対人関係しかありえないのだろうけれど、それがどの場面の対人関係なのか、わからない。
ただ多分、「今、この場」で完結の会話や対人関係からは、破壊につながるほどのストレスは受けないはずだ。つまり、学校や塾で人と上手くいかないとか、そういった「今現在」のことでODしよう、とは思わない。意識的であろうとなかろうと。対処するか逃げるか、していると思う。
問題は、私の過去のことや今の人とずれた生活や精神に触れられたときだ。どうしようもない20代前半だったね、とか、あなたはなんでそんなにおかしくなったの、周りには恵まれていたはずなのに、とか、悲劇のヒロインぶっているとか、大げさだとか、かまってちゃんだとか、マジ余計なお世話なんだけど全部言われたことあるんだけど、そういう言葉に反応してしまう。

最近は例の人のおかげで、少しずつだけど今までの自分を受け入れつつある。いい悪いではなく、確かに私の「弱点」が凝縮された数年間ではあるけれども普通では得られないものをどこかに得ているはずで、だからこと例の人といられるし今の生活は成り立っている。それでも、やはりODの衝動は簡単には消えない。何かうっとうしいことを言われ、それに疲れがあいまって、何が嫌だったかも認識できず、混乱してODだ。
カウンセリングで話したのは、混乱するまでの過程を何とかしなければならないのもそうだけど、今は「混乱したときにどうするか」だってこと。私はさすがにもう、混乱したときに自分の力で対処できるとは思っていない。人に頼らなければならないということに、気がついている。

だけど、親には精神的な面でたよることはこちらのストレスになる。例の人にたよることは容易だけれども、物理的に頼ってしまうと仕事や生活が成り立たなくなってしまい、それでは共倒れだ。もちろん、精神的にたよるのはいいと思うけれど。
正直、ここまできたら、なにかしらの「機関」に頼るしかない。つまり、病院。私は1人でいるのが危ないので、もちろん入院するのが一番なのだろうけれど、困ったことに今はヌマに拒否られている。ということで、私は次の候補の病院を探さなければならない。

本当は、破壊衝動などが出ないように調節して生活すべきで、もう破壊衝動が出ません!ってなるのが一番だしそこを目指すべきだ。
でも今は、それは現実的ではない。半年から1年以内には必ず、衝動は出るだろう。そこで去勢を張っても仕方がない。だから、今、特に何もないときに、その時のための準備をすることも一つの調節かなと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する