Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くっそ寒いっすね...今日は学校と塾でございます。
やっぱ、やることを全部ゆったりペースにしてからは過ごしやすくなった。今までは忙しくしすぎたんだなぁと反省。
にもかかわらずですね、昨日も今朝も、身体の動きが上手くいかなくて嫌な感じは続いているけれど。昨日はバイトで水ぶちまけるし、今朝は卵変なところで割ってしまうし...身体がガチガチになっていて、自分のものではないような違和感がある、服薬もちゃんとしてるのにね、なんなんだろうね。

今、学校の心理の実験演習で、グループワークをやってる。実験を自分たちでデザインして分析する練習なのだけど、結構たいへんで。5人グループなのだけど、やっぱ、みんなの能力とかやる気にばらつきがあったりする気がして共同作業は難しい。私はそういうの、苦手だからね。
とは言え、私は発言が多いほうなので、やるべき準備の割り振りとかやるべきことをまとめて今何しよう!みたいなことをみんなに言う機会が多くあった。私は、そういうのを皆に言うならば、自分がまずしっかりやるべきを行うことだと、基本的に思っている。だから、一歩先を見なきゃなぁなんて、思ってた。

月曜日、グループのある女の子とたまたま一緒に帰る機会があって、そのときに実験の話をしていた。で、以外とこの準備は大変だ、ということになったので、次の日のその授業の前の時間に2人で少し見なおそうか、という話になった。他の班員にも言うべきかなと思ったけれど、前日だしそれはどうなんだろう、と思って連絡しなかった。
次の日、行きの電車で座ろうとしたら、たまたま(これすごい偶然)グループの男子の1人が座ろうとした隣の席にいたw
その子とは1年のころからよく話していたので、結構思っていることを言えるし向こうも言ってくる。そのときに、今から少しグループのあの子と2人で準備しとくよ、と言った、そしたら「早く言ってよ」と言われたんだ。

よく聴いたら、その男の子的には「やらなきゃ罪悪感が残るし、割り振りは平等にやるべきだ」という考えがあるらしかった。そして、その子はメンバーの特徴をちゃんと掴んでいて、あの子はこういうのが得意だからこうすればいいのでは?という的確なことを言っていた。
そこで、私はあぁそうか、と気がついた。私は、結局自分自分で、上手くことが終わればそれでいいや、って考えだったのであまり分担を考えてなかった。やれる人がやればよくて、発言しない人はやれって言ったことやってりゃいっかぁみたいな笑
でも、一昨日それを聴いて考えなおした。
共同って、メンバー信頼して任せることもその中にはいってるんだな、と思った。なので、その後の授業では各人と話し手やることを平等にしたり、昨日はラインや掲示板で進捗を確認して期限を決めてUPするように了承を得て、行った。
めんどくさいけれど、速かった。

例の人は、私を効率主義能力主義で人を切る、と言う。私も、自分でそう思うけれど、人と人との間を調整する力は欠落しているので、こういうことは事実、苦になっている。
本当は、リーダーシップを取ってもらって、その人について2番手で行動するのが私らしいと思う。理由は、例の人風に言うと、「ケツをもちたくないから」。つまり、リーダーになって、誰かに失敗されたときにその人と共に代表で責任を取るってことを回避したいんだ。そして、各人への配慮はめんどうだし、私には上手くできないからしたくない笑

2年生で暫定ゼミは終わり、こういったグループは終わって3年からはゼミだけど、基本的に周りに人はいるけれど自分のみで行う。それでも、共同することはまだまだ続く。今の立ち位置的に、一応だけど少しは人をつなぐことをしなければならないことも続くと思う。
小ストレスではあるけれど、訓練だと思ってがんばろう...
やはり集団は得意ではないけれど、今の学科だったらなんとか、がんばれそうだし。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。