Take it EZ! セカンドダンジョン


私が今一番苦しいのは、例の人が苦しそうなことだ。例の人は変わりなく日常を過ごすと言うけれど、きついにちがいない。私のせいだ。

月曜日、ODして救急に運ばれた。昨日意識が戻り、今は一般病棟で「抑制」措置中。腰ベルトがついてます、っていうやつ。まぁつけて下さらなくてもなぜか高熱とだるさが続いてるこの状態じゃ動けませんよって感じだけど笑

昨日、例の人が来てくれて、彼はとても疲れた顔をしていた。私とはあまり話す気にならないらしかった。
私は彼を出し抜いてODしたわけで、それは嘘や裏切りに敏感な彼にとってはとても辛いことだったのかもしれない。それなのに、もうそのことを忘れて(忘れてないけど)、これからの生活が自分に有利に行くようにという理由だけで入院等を考えようとしている私に呆れたんだろう。

心配した俺たちの気持ちはどうなるんだ、と言われたけれど、それはわからないんだ。心配させない為だけに何か行動することは私にメリットがないのでそれは時間の無駄だから、そういうことはしたくない。
でも、心配してくれるということがどれほどにありがたいことかはわかっているつもりです。「ありがたい」=「だから、恩返しする、がんばる」という式がすっとたてばいいのだろうけど、私の中ではそれはないんだ。ありがたいのはなんでかわかんないけども私を大切に思ってくれる人たちの勝手な理由。頑張るのは私側の勝手な理由。イコールなんてありえないしどちらかがどちらかの理由になることもないと思う。

例の人は、とにかく疲れたと思う、そして「ここまでしたのに」まだ上の部分の考えがいかれてる私に呆れたと思う。ごめんなさい、と思うけど、離れたいわけないのだけど、この部分に関して「わからない」ということを認めてくれなければ、少し、私も辛いんだ。
でもね、だからって、それを認めてくれる許容力のある人がいいっていうわけじゃない。私は今回のことがどうこうのずっと前の段階で、「例の人がいい」んだから。
もしも例の人が、私は人の心配を考えられないような人としてどうかしている異常者だけれども(そこまで言ってない?)、そのずっと前の段階で「私がいい」と思ってくれているのであれば、
2人で何度も話して乗り越えていこうと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する