Take it EZ! セカンドダンジョン

少し、落ち着いてきた。
さっきのブログ書いた後、お酒+フルニトラゼパムたちのせいで倒れてた。
2時に覚醒wやってないことが多すぎるので、あわてて起きて、今から行動する。

変なところで寝てしまったせいで、寒いw寒気が全く取れなくて、また風邪がぶりかえしたらしい。もう、ホント、踏んだりけったりですよ。

うん、何が悪いか、自覚してる。
やりすぎなんだ、うごきすぎ。
今週の日・月・火・と、本当にぶっ飛んでた。OD酒はもちろん、他のものにも手を出したし、逃避行?的なこともした。めっちゃ、苦しかった。
それなのに、休むことなく引越しの手続きやその他をいつもどおり・・・いや、いつも以上にやっているのが、悪いいんだ。分かってる。


あたりまえだけど、人にはもう頼れない。
オカンとオトンは、本当にいい人で、いつも心配してくれて、だから一人暮らしも承諾してくれた。私にとって、この家(本当はすごく大切な場所で、両親には感謝してもしきれんくらい、大好きなんだ)にいることが辛いのなら、一人で暮らしていいよ、って言ってくれる。お金のことで頭いっぱいでパニックになってる私に、援助もしてくれる。
厚意はものすごくありがたく受け取る。でももちろん、その援助のお金に手をつけるつもりは毛頭ない。いつか、お返しするんだ。奨学金+少しのバイト代で、必死に生きるんだ。


それ以上に、今は勉強が大変。完璧にやろうなんて思いが悪いのだけど、やっぱ、レポートや課題はちゃんとやりたいんだ。高校までとは、違う。私は望んで、この無謀な大学に行くっていう生き方を選んだ。やることはしっかりやりたいんだ。

そして、病気。
自分がつぶれる一番の動機は、やはり、BPDのほうにあると思う。あくまで私の見解だけど、躁鬱の症状っていうのは、BPDによって起こる気分のありえないほどの変動としての「症状」だと思っている。
たぶん、根深く、そして厄介で、問題の根本は、この私の性質。
薬や少しのカウンセリング等で直るシロモノじゃねぇんだ。
きっと、ゆっくり・・・たぶん、一生かけて向き合うべき、人生最大の課題だろう。だからこそ、大切なものや人に近づけず、人との距離もわからない。自分のキャパシティや、できる範囲、人との比較、人との境界、そういうものがすべて、あいまいであやうい。


昨日、不動産屋さんで担当をしてくれた女性は、私の1個下のかわいらしい方だった。話がめっちゃあって、その方の過去のことや今のこと、結構話した。
つうのは、私がタンテやミキサー持込について聞いたとき、すごく興味を示してくれて、そこから会話が弾んだって感じだったのだけど。
その方は、セミプロっていうの?そういうのでバンドをやっていて、まぁ有る程度それに見切りつけて、この1年くらいでフルで働き始めたっておっしゃってた。
でも、かっこよかった。元気で、しっかりしていて、初々しい!って感じの社会人。うらやましかった。

不安定で、大学にすら通うのが精一杯で、バイトすらまともにできなくて、こんな自分が悔しくて仕方なかった。
勉強もまともにできない(特に英語・・・もう、このクラス、ホント変えてwwほぼ英文科と帰国生じゃんか!おかしいだろ私がここいるのwいちさーん、助けてー笑)。

正直、キャパオーバーもいいところ。
全部中途半端。何もなしていない。こんな24歳、こんな最低な24歳、他にいないだろう。
振り返ればすべてが嫌だ。自己嫌悪。そりゃ、こんな生き方してりゃ誰だって死にたくなるわっ!って思う。


・・・って、こんなことしてる場合じゃない。
勉強して、少しでも勉強の貯金を作るんだ。これからが、大変なことになるのは目に見えているんだから。
がんばろう。

速かったり、遅かったり、わけわかんないペースでわけわかんない中で、でも生きなきゃなんないんだ。
このクソみたいな生き方を選択したのは自分なのだから。
明らかに、体調的には入院間近。それでも、やらなきゃ。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト