Take it EZ! セカンドダンジョン

始まりました夏期講習!うん、7月の平日は鬼のようなコマ組になっちゃって、頑張るしかないね。しかもほぼ中3と高3の数学笑 数学専門になっちまった、私文学部ですが?って感じだけどいいとしよう。

最近、マジで書くことがないというか、正直今、自分のことやこれからやるべきことでかなり悩んでいるし考えている。ものすごく現実的になることもあれば、突飛な妄想になったりもして、なかなか思考が着地せず、困惑している。だけど、だからと言って忙しさにかまけている場合ではないと思う。ここでごまかして、日々の生活を忙しくするのはなにかが違うと思う。手に入れたいものややりたいと少しでも思ったものがあれば、それを曖昧にしてはだめで、掘り下げるべきなんだ。

私には、表現のツールがない。
音楽、美術・制作、言葉、身体で表現すること、どれをとっても最低クラスなほどに何もできない。もちろん、生まれてからセンスを磨いてこなかったことや、美しいものに対する敏感さを持てなかったことが、そういった能力の欠如につながっているとは思う。
ただし、それだけじゃないのは、自分でわかっている。とにかく普通でありたい、っていう10歳くらいからの思いが、余計なことをしてはいけない、ストイックにやるべきだけを片付けるべきだ、という脅迫にも似た面白みのない考えになって、それは今でも抜けない。暇になると、何をしていいかわからなくなり、義務的「やるべきこと」を作り出す。

でも、それは言い訳だ。表現のツールを持たなかったのは、表現をしようとする意欲や表現をしなければならないという必要性を感じなかったからだ。生きてられればいい、それだけだった、とても面白みのない人生だった、だから人から漬つけこまれるんだ。そして更に言うなら、最終的な表現は自己破壊だった。
こういう視点で振り返ると、マジで死にたくなる。何かを死ぬ気で見つけるべきだと思う。
ただし、私はそれは、音楽や美術やそういうものだけにとどまらないものだと考える。つまり何かの信念を持って行動すること、例えばそれに他のものを捨ててでも命を掛けられれば、それは表現になるだろう。私はそっちのタイプだと思う、そしてそれに、「言葉」がプラスされればいいなと思う。

なのに私は、手に入れたいものはあるけどそれが漠然としすぎているし、そのためにどうしていいかまだわからないし、まずもって、そのために他を捨てるという覚悟がない。
今、自分を評価できるとしたら、自分の空虚さ・無力さに気がついていることだけだろう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する