Take it EZ! セカンドダンジョン

ブログ更新が5日空いた!ODしてICU入っているとき以来の空きだね。久しぶり。
別に、具合が悪かったわけじゃない。単純に、時間がなかっただけでブログ村を訪れることもあまりしていなかった気がする。6月中旬に入って、課題や発表がマジでヤバイことになっていて、授業時間以外で学校にいることが多くなってきた。そして、ちょうどこの時期に塾のみなさんのテスト期間がかぶっていて、その対策等に行っていたので週5でバイト入ったりね、そんなんでバタバタしてた。いつもだったら、電車の中でみなさんのブログ拝見したりしているのだけど、今丁度ハマっている本が何冊かあってそちらを読まなければならないので笑、ブログとの距離が遠くなってたな。

去年のちょうど今は荒れに荒れている時期で、ゴーヤ病院に入院していた。そしてその後の7月、更に大きなODをして1ヶ月間、ヌマに入院したという魔の月。去年だけじゃない、一昨年の7月下旬にも2週間、3年前は7月半ばからヌマに3週間、4年前は6月末からヌマに3週間入院していたのだから、もう6月7月は「やらかし時期」なんだ。
だから今年ももちろん、少し警戒はしている。今、形成から退院して1ヶ月と少し経って生活のリズムは整って、だから久しぶりに遊びまわってみたくはなる。久しぶりの友達と会いたい、連絡しちゃおっかな、なんて思いはいつもある。でも、今は控えている。多分、これ以上予定をいれると疲れ、その疲れは精神をもろくして潰れやすくなるだろうと思うから。だから、夏休みにはいるまでは、淡々と日々を送るに限る、と心に決めている笑

躁うつで言う安定みたいなものを手に入れるには、無理をしないことが大切だと多くの人は言う。私はその考えが好きではなかった。無理することは大事だと思っていたし、自分の「何かをしたい」という欲を抑え続けるのは精神的によくないし、つまんない人生しか歩めなくなるんじゃないかと思っていたから。
その意味で言えば、私の今のやり方はとてもつまらないと思う。どこか知らないところへ行ってみるとか、人と会いまくるとか、いいこと悪いこと関係なくおもしろそうなことやってみるとか、そういうことをせずに毎日同じような日々を過ごす。20代前半の自分だったらなにそれありえないと思っていただろう。

今は、これがいいと思っている。「毎日同じような日々を過ごす」とは書いたし、確かにやっている行為だけを見れば淡々としていると思う、だけど、その中でもたくさんの変化はあるし苦しみもあるし、達成感もある。例えば、料理が上手くできたとか、音楽や小説が素晴らしかったとか、学校でミスをしたとかバイトが上手く行かなかったとか、そういった一つひとつの変化を感じていれば、精神的には淡々としないんじゃないかと思う。
無理をしているときってきっと、目の前のことをぶっ飛ばしてまで、先のことや別のことを追っかけたり、逆に追い回されているときなのだと最近になって思う。ただし、だからって無理が「悪」なわけじゃない。無理をしなきゃなんないことは、かならずある、多分月に一回くらいあると思う笑 そして、その無理は人を成長させるものだとも、思う。だからこそ、普段から予定をつめつめにしてしまうと突発的な「無理をしなければいけない事案」に対処できなくなり爆発してしまうのではないかなとも、思う。

例の人は、私に「無理をするのは仕方がない、だけど無茶はしてはいけない」と言う。無理、は必要があることに対する行動、そして無茶は、今本当に必要ではないにもかかわらず、精神が暴走して「やんなきゃやんなきゃ」って悲壮な気持ちになりながら行動することなんだろうな、と私は感覚的にそう思う。
そう言われてみると、毎年のこの時期に私がやってきたことは、無理ではなく無茶だったのかもしれない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
尊敬する上司
私が最も尊敬している昔の職場の男性上司に全く同じこと言われた。
無理はしてもいい。でも無茶するな。
このトピック見て昔を思い出したよ。
2015/06/15(月) 21:25:07 | URL | テイク #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する