Take it EZ! セカンドダンジョン

私ってめっちゃいい子じゃね?
でもいまさら、いい子ちゃんじゃあなくなりますーっつって反抗期迎えるのさ、痛いじゃん。

それに、そういう症例や事例がってありふれてるっしょ。
で、あぁあの子もそのうちの一人かぁ「だったらこうやって接するべきだな」ってなるんだよね。
その接し方は、「突き放すときは突き放す」「依存させない」「でも見放さない」「自分gはつぶれそうになったら、手を引く」とかなんだよねー。
ばっかじゃんって思う。
そういう本の存在が馬鹿だと思うよね。だって、それをされる側だってその本読むんだよ。っていうか、私みたいな性格のやつのほうが、こういう障害を持つ周辺の人に対して書かれた本をよく読むんだよ。そうすれば、こっちが裏をかいて相手をコントロールできる。本に書いてあるパターンではないことを、やればいいんじゃん。
できるやつはできる。
だから、あぁいった本は逆効果。あれこそ、ばかな支援者に対するハウツー本。あんなもん信じてマニュアルみたいにしてせっしたり、それに基づいて分析したりするやつは何もわかってないね。


で、私はいい子なので、そのマニュアルにしたがった人間の言うことは聞いてあげるんですよ。聞いてあげて、あえて、「いやでもそれはもう乗り越えてるよ」っていう行為を示してさ。本当はぜんぜん乗り越えてないけど。
ここで反抗すると、マジなまじな自分出すと、相手も自分もおもろくないもんね。

いまさら、「自分のからをやぶって」とか「弱い自分を克服して」とか「自分を直視して」とか、やる気ねえから。
この間までブログに書いていたことはうそになります、はい。

なんでそんなめんどいことしなきゃなんないの。
意味わかんなくね。
普通に生きてきて、いきなりそんな苦しいことしたくないっすよ。
変な話、人をどんどん利用して傷つけてれば、私生きていけるんでしょ。自分が良心の呵責を持たなければ生きていけるんだよね。

だったらさ。
私を分析してくれる人にお願いだよ。教えてくれよ。

どうしたら、人間っぽい「良心の呵責」があって人を恋しく思って寂しいとか感じて生きにくいとか感じる回路を完全にぶっ壊せるの。
じゃまなんだけど。
じゃま。
人ぶっ殺しても平気で生きれるくらいになれば、ようやく楽になったといえるのですけどね。

私いい子だからなあ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト