Take it EZ! セカンドダンジョン

あっという間に土日が過ぎやがって、また1週間が始まるということでうわーって感じになってる月曜の朝です、だから今日は5時半からファンク流してテンション上げてつまり、クソ近所迷惑っていうねすみませんね。
一昨日はオフ会、昨日は1週間の生活用品の買い出しなどしてて、土日は忙しめだったけれど充実してた。今日は、めちゃ久しぶりにウェーブのオフ会のこと。

一昨日は、関東ウェーブの会のオフ会だった。私はウェーブに初参加してから約3年が経って、今では隠れてスタッフやらせてもらってる。お酒と小さなODを繰り返したころから受験期、そして自殺未遂しまくってた去年、この3年間でかなりの変化が私にあったけれど、ウェーブではその一部始終を見ていてくれている人もいるくらいで私にとってはとても大切な場所だ。

それはそうと、一昨日は36名の方々が参加されて遠くからきてくれる人もいて、しかも年齢層も20代から60代までと幅広く、男女比も半々くらいで、私としては同年代の方が多くなってきたことがとてもいい。いつものメンツ(中には2週間おきにお会いするような方もいるし)に会えるのはもちろんのこと、一昨日は2年前からツイッターでつながっていた方とお会いすることができて嬉しかった。
話題はかなり普遍的なものが多く、みなさんの意見や悩みを聴くことは新鮮だった。共感できることから、はじめて触れるような考え方まで聴いて、視野が広まったかなと思う。

もちろんひとつひとつの話題が有益で納得させられることも素敵なことだけれど、全体を通して躁うつ病の人間が多く集まり共有する時間があるってことそのものが、とても素敵なことなのかもしれないと強く思った。
長い人では躁うつ歴40年以上、短い人では診断されてから2週間。そんな人たちが偏見や立場といったもの抜きに同じテーマについて話合えるのってなかなかないことだと思う。普通に社会生活送っているなかではあまり人に言えなくて自分の中に溜め込むしかないことを言える場は必ず必要だ。そうしないと自分の中に淀み、そもそも持っていた辛さが更にどろどろなものに変わり、最終的には人格まで変容させてしまいかねないから。だから、吐き出せる場、共感し合える場、分かってもらえる場、分かる場は重要なんだ、きっと。例えば、まぁ参加者の一部なのかもしれないけれど、未遂の話ODの話を偏見なく変な怯えなく話すことができる、そう言った場は多分、救いにつながっている。

私はお会いした方々の誰よりもずっとガキで、参加する度にそれを思い知らされ自分の共感性のなさや余裕のなさを悔しく思うことがしばしばで、正直少し精神を揺さぶられる感覚もある。それははっきり言うと少しつらい感覚でもある、だけどもっと強く、自分が成長できているとも感じる。まだ考え方が確立していなく(←ヤバイ)未熟にもほどがあるということそのものを感じるのはつらいけれど、来てよかったと言う人や鬱の中やっと来てくださる方や、会を大切に思っている人や、そして暖かく熱いスタッフの皆さんを見ると私はこの集団を大切にしたいと思い直すんだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
行ってよかったー
お会いできてうれしかったです(*^^*)
私は四年間一番近い人にしか病気のことを話してなくて、そんなわたしにとって同じ名前のつく病と闘う人等に会えたことはとっても大きなことでした!
ここを見ている他の参加者のみなさまも、どうぞよろしくお願いします(*^^*)


関係ないけど多分音楽の話もできるので、またそのあたりも話ましょう🎶
2015/06/01(月) 10:30:46 | URL | 空猫 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する