Take it EZ! セカンドダンジョン

今日は週で唯一1限からある日、しかも塾フルで出るから朝から夜まで忙しい日...とはいえ、去年はほとんど毎日そんな生活だったんだけどね。よくやったわと、今なら思う。
退院して今日で11日くらい経った。あれから、週の半分は例の人がうちから仕事に行く、だから週の半分はうちに泊まってる。そのためか、今のところ私はかなり落ち着いている。自制がきいて無理をしなくなるし、食事もしっかりとるし、彼に合わせて起きるので生活リズムがかなりよくなっているからだと思う。いい傾向だ、今もところ上手く行っている気がする笑

自分を特別に見せようとすることは、ある意味で自然なことだと思う。独自性みたいのを出したいと思うのは健全なことのようにも感じるからね。だけど、たまに過度に自分を「エキセントリック」に見せようとする人がいて、私はそういう人たちが少し苦手。大学でもそうだし、今までに見てきた人々の中でもたまにいたけれど、正直、めんどくさかった。
別に、服装とかはいいんだ、それこそセンスいい人もかっこいい人もたくさんいるもんね。じゃなくて、無理した生き方みたいなことをして本当はそんなんじゃないのにエキセントリック気取ってしまう人。変わった精神性をファッション化しようとして真似る人。おいって思うことがある。

ただ、この手の人たちはメンヘラかまってちゃんもどきとは違う。この人たちは、特別な存在でありたいと思いながらも「社会で認められる側面も持ちたい」と思っていることが多い。そこがミソでそこが一番むかつくんだ。つまり、大学でいうと、一風変わった感じでいたくてそのために変わったことをしたいけれど、成績は要領よくとりたい、就職も決めたい、みたいな感じ。おおいにいいと思うし充実した生活を送れそうだなぁと思う。でも。
でもさ、それで、特別さも極めたいっつうのは少し欲張りすぎだと思う、っつうか、無理だと思う。

大学で勉強しっかりしていっぱしの就職をしようとすればかなりの労力がかかる。一生懸命にならなきゃダメだ。なのに、そこに「エキセントリックな特別さ」を求めるとなると、たいていの人間は精神がもたなくなると思うんだ。例えば、まぁさすがにあんまりいないと思うけれど、エキセントリックさを求めるあまり、薬やっちゃおっかなぁって人がいたとする。多分、そういう人たちは自分を削る覚悟がない。薬やってもいい方向にだけ作用して、自分の欲しい特別さに磨きがかかって。就職や学業とは別のところで「かっこよく」なれる、そして学校の場では今までどおりできる、と考えているような気がする。例は悪いけれど、他のことに対してもそういう風に、つまり自分の基盤を崩すことなく特別さを追求できると思っている風潮があるように感じるんだ。

違うと思う。薬をやるなら、その他の学校や普通の生活をすべて投げる覚悟じゃなきゃだめだ。他のことをマジではじめようとして、それがスリルに満ちたことであるならそれだけ、今あるものを崩す覚悟でなきゃなんない。そのへんのことをわかっている人間は、たいてい大多数と同じような生き方をする。それでも特別さを極めたい人間が、飛ぶ。そして、分かってない人間は、堕ちる。私は堕ちたくも飛びたくもないので、大多数と同じ生き方を選ぶけれどね(つまんないけどw)。
ただ、私は1人なら、別に今のなにが崩れようと面白い方を選ぶかもしれない、だけど大切なものがこう目の前にいろいろ出来てしまうと、自分の変な特別さよりもそっちのほうが大切になり、つまりは普通でもなんでもいいから潰れないようにしようと思うんだ。確かに自分はつまんない人間になってきているけれど、こんな自分は嫌じゃない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
おそらく
意図しているレベルは違うと思うけど、
「オレってヘンでしょ?」アピールは困るー。

「ハイハイそうですね。ヘンですよね。」
「でしょーw」的なー。



「ワイルドだろぉ?」
と同じ構造。
2015/05/22(金) 14:50:12 | URL | 郷 #SFo5/nok[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する