Take it EZ! セカンドダンジョン

さぁ退院してから1週間、また1週間が始まりますね。先週は少し無理してたから、今週は少しペースをゆるめて、最低限しかしないことにする。学校行って、バイト行って、課題やって、最低限の家事。うん、それだけやれば立派立派と「これくらいでOK」と自分に言い聞かせてみる。いえ本当に十分やってますよハイ。

昨日は昼の12時まで寝てそれから例の人と焼き肉食べに行ってシャトレーゼ行ってぶらぶらして、また家に帰ってきて音楽聴いて喋ってた。マジで、「正しい日曜の過ごし方」的な日曜日ですっきりした。1人でいたらきっと、ある程度の雑事が終わったら暇になって昼間から眠剤飲んで少し楽しくなって寝ていたと思う←

4月の上旬以来、気分の波的なものが緩やかになったと思う。毎年この時期からだんだんガンガン変な方向に「上がって(?)」きて、6月初旬から7月ごろにピーク迎えてドカーンていう感じだったのだけど、今年はまだ大丈夫そう。どちらかと言うと、落ち着いてきている。
そりゃ、ここ1ヶ月は形成に入院していたので精神的に荒れたり上がったりする要因がなかったっていうのも大きいし、毎日ちゃんと服薬していたこともでかいと思う(私は生活リズムが狂うと体内時計がわけわかんなくなって薬を飲む時間がよくわからなくなって服薬をやめる傾向がある笑)。もちろん、例の人に拠るところも大きい。

でも、それだけではなく、この1年で私は経験を重ねてそれなりに考えることもあって、ある意味で精神的に成長したのではないかと思う。なにより、失いたくないと思うものが増えて大切だと思えるものが増えて、だから破壊衝動が少し怖くなってきたんだ。去年の夏までは、破壊衝動が出るのを仕方がないものだと思っていたしそれに身を任せるのが嫌ではなかった。11月の一時期、私の内向きの破壊衝動が外向きになったときは少し嬉しくもあった。破壊したいという思いは自分をある意味で生き生きさせて生きる意味になると、思い込んでいた。思い込んでいたというか事実そうなんだけどね。
だけどね、それと全く同時期に、大学での学問や仲間とかバイト先の塾とか周りのものの素晴らしさに気づきだした。同時期だっただけに、破壊衝動と素晴らしいものを大切にしたいという気持ちに挟まれた、そしてそれは両立しないことは、感覚的にわかっていた。
11月に乖離を起こしかけた時は、壊したい自分が普段の自分に勝ってた。それでいいや、って思ってたけれど、引き戻してくれる人がいた、家族も病院も友達も、そうだよね。

今、私は自分を破壊したいとは思わないっていうか、どういう状況になったら自分を破壊したいと思うのかすらわからないほどにその思いからは遠いところにいると思う。4年間、多くの時間を自己破壊衝動とともにしてきた私は、今の心持ちが少しむず痒い気がする。でもきっと、これでいいのかなと思う。いい方向に進んでいると思いながら、積み重ねていけばきっと本物になると信じて頑張ろ。さぁ今日も学校だバイトだ行ってきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する