Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は無事、学校に行ってこれた。帰りの電車が会社帰りのサラリーマンで混む時間帯とかぶったのでそこは怖かったけれど傷にぶつかられることもなく笑、無事に帰ってきた。学校では学科のみんなが久しぶり、大丈夫?って声かけてくれたのがとても嬉しかった。2週間ぶりに「外」に出て都心まで行き、授業を受けてくるというのはかなりハードルが高かったけれど、1日無理をすれば次の日からは慣れるしね、今日からは1人で行ってみる。

そは言えど、やっぱ緊張でストレスはあったみたい。昨日はかなり疲れたし、今日も朝からいらついてしまっていた。原因は、もちろん身体の疲れや環境の違いが精神に負担をかけてたということだろうけれど、多分それだけじゃない。
学科のみんなと自分、キャンパスの人々と今の自分を比較して悲しくなるのだ。私は、みんなより6歳くらい多いおばさん、隠した過去とか精神系の障害があってまぁ、頭のできも底辺なので←これは仕方ないw、こういう言い方はおかしいかもしれないけど、ハンデはあると思う。それは自覚してたし、それが違いだと思っていたし、だから人よりも精神的負担には耐えなきゃなんないというのは知っていた。1年生のころは、その重荷に耐え切れずに暴走したり乖離したり潰れたりしていたけれど、秋ごろからはだんだんそんな人と違う自分に慣れてきて、別に人に合わせなくていいじゃん、できないことたくさんあっても、人より劣っててもいいじゃん、と思えるようになってきた。そうしてからは、人間関係がスムーズに行くようになって大学が楽しくなった。

なのに、今はそこに身体的なハンデが加わっている。歩く速度も遅い。学校の最寄り駅まで歩けないので、そこはタクシー、階段は使えない。健康体の20歳には、追いつけない。一緒になにかをできない。
もちろん、これが一時的だということはよくわかっている。それにこういう自体になったのは自分の責任だということもよく知っている、それでも、今の精神状態でこの事態はしんどい。
帰ってくれば、自分の傷とシャワーでご対面、えぐい笑 

大丈夫、大丈夫、って、病院でも学校で、オカンの前で、例の人の前で、そうやることに逃げ場のなさを感じる。でも、誰にも心配されたくないんだという気持ちは強い。本当は、心配して欲しくて仕方がないくせに、ねw
と、文句ばかり言ってもはじまらない、もう少ししたら、今日も「元気に」学校行ってきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/28(火) 20:10:27 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。