Take it EZ! セカンドダンジョン

シラフのままじゃいられない。
昨日は学校のガイダンスだっだのだけど、ワインとマイスリー10㎎を飲んでから行った。ぼーっとしていて、どうやって学校にいったかとか、微妙にしか覚えていない。
まぁ、学校に着く頃にはマシになっていて、オリエンテーション時はもう平気ではあった、もちろんだるいし少しの眠気はあったけど、学校の友達に感付かれるほどではなかった。

朝からヤバイとは思ってた。だから、学校に行く前にじーさんのいるハエ病院に電話して、夕方なら診察うけれると確認をとった。診察なんてどうでもよくて、本当はデパスとか、まぁまぁ飛ぶ系の薬がほしかっただけ。今、ロヒはあるのだけれどもさすがに学校に飲んでったら何か失言失態犯す気がして、やだからね。
なんだけど、ガイダンスが思いの外かかってしまったので病院には行けなかった。なので、家に帰ったら迷わずロヒとワインを飲んだ。

そこから先、ほとんど記憶がない。気がついたらあの街にいた。電車で1時間弱はかかるのだけど、どうやってどういう経路で行ったか、まったく記憶にない。第一、なぜ行ったかも記憶にない。ただ、そこでYと会った。で、なぜか今回は少しの暴力があった。逃げたのだけど、まぁいろいろ警察沙汰的なこともあって逃げきれず、結果例の人のコネで助けてもらった。これに関しては信じてもらえないような話だから別に書く気ないけどね。とにかく、家には帰れずに例の人の家に泊めてもらうこととなり、先ほど帰宅。

問題は、私が本当に覚えていないということ。詳しう言うと、午後4時から9時までの記憶がまったと言っていいほどない。発信履歴、着信履歴、いる場所、なぜそこにいて誰それに電話かけたとか、本当に知らないんだ。
驚いたのは、朝学校へ行く前に外に干した洗濯物が、さっき帰宅したら中干しになっていたこと、部屋がしっかり整頓されていたこと。私はロヒのODはかなりの常習だし、ひどい時には6㎎噛みながら学校で授業を受けレポート作成してた、けど、ぼんやりとはなんとなく覚えていた。今回は、まったくと言っていいほど覚えていない。例の人に指摘されたり、私が送ったメールを見せられたりしても、記憶はもどらなかった。

これは、果たしてロヒのせいだけなのかな、と思う。病名に、解離性障害、とある。私はこれについてまだほとんど調べていないので、無知に等しい、そしてそんな症例を持った人にはなかなか会わない(解離性同一性人格障害ならば2人友達にいるけれど)。だから、これが解離に入るかどうか、よくわからない。
ただしどちらにしろ言えるのは、今回は例の人のコネクションや彼がかなり動いてくれたために事なきを得た、だけどそうでなかった場合。これからそうでなく、まったく関係のない場所でこのようないわゆる「解離」が出た時。死ぬかもしれないな、と思った。
ま、とにかく今は無事。これから形成外科からの、学校。いかなきゃ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する