Take it EZ! セカンドダンジョン

はぁ。具合悪っw昨日はじんましんやばくてまともに寝れず、しかも痒くてたまんなかったから保冷剤で身体ぎんぎんに冷やして寝てたら今日は一日中寒気がひどくなった←

今日は7時過ぎに家を出て大学病院受診。形成外科では、褥瘡の壊死した部分は手術で取るしかないということになって、入院が決定した。4月と5月にそれぞれ5日から10日の入院、日程も決まった。1回目で取って、2回目で移植だとのこと。学校も予定がハードになるだろうけど、計2週間くらいならばぎりぎり単位には影響でないと思われるのでその条件でお願いした。あとは皮膚科でじんましん用の塗り薬を処方してもらい、トータル4時間半もかかってやっと病院を出た。
その後、塾に今後の話し合いに出向いた。完治するまで待っていてくれるという言葉を頂いたし、生徒さんの親御さんからお手紙もいただいた。そして嬉しいやら申し訳ないやらなんだけど、私が意識不明だったときに社員さんや他の講師の方が、心配してアパートまで来てくれたと聞いた。本当に、もったいない話だ。

私は自分が恵まれていることをとても申し訳なく思ってた。私みたいな人格的に底辺な人間がこんなに恵まれてていいわけないし、その前に、恵まれて生まれて育ってきたのにこんな底辺な人格になってしまったことが申し訳ないと思ってた。そして、プレッシャーだった。ここまでに人がしてくれたことに見合うような人間にならなくては、なにかを成さなくてはならない、と。そしてそれは今も常に、思ってる。未遂の原因の一つは確実にこれだと思う。もっと言うと、被害妄想になっている。こんなに恵まれているはずの私がなにもできないのを、人は非難しているに違いない、もっとがんばれもっとできるはずだクズ、って、きっと思われている...そして、本当に一部の知り合いだけれどもそういったことを匂わしてくる人間もいるにはいたので、現実味を帯びた妄想になっていた。

確かに、生まれ育った環境はとても良かったし何か人よりも著しく劣るという経験もなくきた。それは、私が選んだり努力したことではないので感謝するしかないことだ。ここに関しては、妬まれても何を言われても仕方が無いと思う。
でも、私の「今の」周りのものに対して、「恵まれているね」と言われるのは、何か申し訳ない反面、正直反発も感じる。今の私の周囲は、確かに偶然や幸運の賜物がたくさんあるけれども、同時に私の努力によって作られてる面もあるからさ、こんな私だって、私なりに乗り越えて得たものはあって、その大切なものが私の周りを作っているから。

例えば、精神のことで言えば、私には助けてくれてわがままを聞いてくれたりもする病院や自助会などがあって、手放せないものだと思ってる。今回の未遂では、気がついて搬送してくれた友達がいるわけだし、その後、お見舞いに来てくれてもいる。病院で出会った4年以上にもなる友達もシュークリーム持って来てくれた、例の人は面会禁止の時も差入れを続けてくれた。
学校の友達、病気のことは言っていないけれど、何かおかしい私を受け入れてくれている。バイト先も、さっき書いたようにこんなに迷惑をかけているにもかかわらず暖かい。
とてつもなくどうしようもなくなったとき、最後のセーフティネットとして「利用」できる人間もいる(やめなきゃだめだけどw)。

人との縁とか出会いは確かに偶然もたくさんあるけれどそこから発展させていけたのは互いの努力があるからだ。破綻することもあるし、あるし、というか破綻することのほうがはるかに多かったけれど、それでも残ったものが例えば今上に挙げた人たちで。だから、人とのつながりに関しては恵まれていた、だけではない。そこには、確かに相手と私の努力もある。
私は人に恵まれているのが自分の一番の自慢だと思っているけれど、それはただの受け身じゃないはずで、この点に関しては、恵まれてて何が悪い!と言えるかな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

うらさんは自分の力で得たものは確実にあると思う。1番は病的な部分を、葛藤しながらも、ちょっとずつ、確実に乗り越えている中で勝ち取ったものたちがあると思う。
うらさんの周りの人はうらさんのそのすさまじい病的な部分と「闘うパワー」に吸引笑されているんだと思う。
うらさんは死と常に背中合せだけど、それをぶち破ってしまうような、凄まじい生命力も感じるんだ。それは私を圧倒することを毎回(ODのことね笑)裏切らない。
そして必死に闘ううらさんを見て、生きることについて自分だけでは絶対気づけなかった大事なことを毎回(またODのことね笑)学ばされる。
私はありのままの闘ううらさんそのものが努力の結晶だと思う。そんなうらさんが好きだからちょっと大変なとこあるけど笑努力し合って支え合って友情を今後も築き上げていきたい。今までも、共に闘って絆を深めてきたと思いたい。今後もよろしくね。

最後に、友達から愛の鞭:
友達に恵まれているのはうらさんの努力もあってというのは揺るぎない事実だけど、私も笑ウエーブの仲間を始め、ほんとっいいファミリーに恵まれていることには変わりない。その友達を大事にして。つまりうらさんの生命力が死神を打ち勝つまで共に闘わせて。

そしてそれと同じぐらい大事なのはうらさんが病的な部分と向き合うことを努力すること。要するに病識をもって!障害者であると受け入れるのはまじ大事ながら後回しにしていいから、とにかく自分がセーブしなきゃいけないなと自覚したら突っ走るのを止めるのを努力して。そして未然にうちらファミリーに連絡して。
今んとこ病識=「努力の認識の仕方を一旦変えていく」かも。大変だろうけど、「恵まれてる」ってまで表現してくれた私たちのために、お願い。
私にとってうらさんは大事な友達だから、努力するから、うらさんもできたら私のために努力して。もちろん友情も個々の闘いも大変だから、おたがいちょっとずつね。いきなりずいずいごめんね。でも改めてお願いね。もちろん、どうか何よりお大事に。おやすみなさい。
2015/03/21(土) 02:50:26 | URL | りさ #9fYl7j0o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する