Take it EZ! セカンドダンジョン

121
121日、長かったような、一瞬だったような。
約4ヶ月前、例の人が消えた、いきなりで意味がわからなくなった。
暴走した1ヶ月、その末の入院。分裂したままでの退院、普段の生活を送りながらも気持ちは、自分は何をやっているのだろう、なんで例の人を待っているの、この先に何があるの、ってかこの先「が」あるの?
ずっとそう思ってそれは苦しかった。

20日前、例の人との再会。自分のやってきたことが正しかったとわかった。待っていて良かったと思った、例の人の力になったらしいことが嬉しかった、でも警戒は解かなかった。
昨日、会ってきた。もし最悪の事態が起こって、今日以降会えなくなったとしても、自分の気持ちは変わらないし、多分それから1人で日々を送るのは苦しくなるのはわかっているけれど、できます、言った。本当は2人共わかっている、思っているような最悪な事態になる確率はかなり低い。でも1%でも可能性があるのならば楽観はできなくて、未来への予防線のために最悪の事態を想定していた。想定した話ばかりしていた。昨日は違った。今日からどうしていくか、次に待つことをどう乗り越えていくか、話すことができた。そして今までの121日に対して感謝を伝えられたし、私も伝えた。

100日間欠かすことなく毎日、「トレインスポッティング」の主題歌のBorn Slippy、MC LyteのCold Rock A Partyを聴いてた。途中からはドアーズのlight my fireも加わった、きっと聴きながら、ものすごい形相で歩いていたのだと思う。学校に着くまでに何とか切り替えなければならないとき、あの場所へ最悪な思いを抱えながら行くとき、潰れそうな精神をなんとかなんとか、奮い立たせてこれらの音楽を聴いて歩いた。
100日のあと、会えてからは全く聴かなくなった。でも今日は場所までいく電車の中で聴くだろう、そんな気分だ。

Born Slippyは、ことが起こる1時間前までその話をしていたから。MC LyteはYの件で暴走したときに今はなきあの場所でさり気なく流してくれたから、その前の日に話に出たことを覚えていて。そのレコードは今は私がもらってもっている。ドアーズは、私が好きな、「限りなく透明に近いブルー」に出てきてて、手紙の中で彼はその曲がでてきたことが気に入ったと書いていたから。3曲は、私を支えた。

初めて会ったのは9月初旬。でも特殊な出会い方だったので、その後は記憶には残っていたものの、会うことはなかった。下旬、トラップにも近いやり方で会うことを提案された、強引で私が断れるはずのないやり方だった。その後のひきつけ方も、今思えばけして綺麗なやり方ではなかった。なのに、私は少しずつこの人の精神性に惹かれていった、逆にこの人は、初めて5分くらい言葉を交わしたときの私の発言をずっと覚えていてそのときから始まっていたという。
たった5ヶ月、そしてそのうちの100日は会うことも、言葉を交わすことも、文章を交換することも、ほぼなかった。一方通行の勝手な手紙に、私の無言のしるし、それだけが頼りで、そこまでには3週間しかお互いのことを知る期間がなかったのに、続いたし保った。

20日で、疑心暗鬼にもなる苦しい期間を埋めるように、たくさんのことを話した。音の話本の話、精神の話つまり物質依存の話、よく笑い、時間が歪んだ。

もう、警戒はしない。最初から、気がついていた、自分の本心にはとっくに。わかっていたけれど怖かった。もちろん、社会的にこの人の立ち位置ややってきたことが異質すぎることに関しては怖くない。やるときはやるんだろうなと思うと、はぁと思うしそれをYにやろうとしていたことなどはおっかないと思う。でも、それは私にとっては些細なことでしかない。そういう世界はよくわからないけれど、あるということは知っているし、特に感慨もない。
怖いのは、なぜ私なのかわからなかったこと。この100日への義理返し、つまり借りを返す意味であればどうしよう、そしてこの人は人の潰し方を心得ている、私はそれに対抗できない。できても泥沼みたいな闘いになるのだろうな、どちらも綺麗な収束の仕方など、わかっていないのだから。そう思っていた。
だから、2週間くらいかけて、私を潰すように少し仕向けた。3日前には攻撃をしたけれど、例の人らしい言い方でかわされた。そこで思った、あぁ本気なんだな。

今日、答えられるだろうか。多分、今日で苦しい日々は終わるだろう。きっと今日からは、彼は新たな世界へ行くし私はいつもの日常に、すっきりした気持ちで戻るのだろう。そしてお互いに、そこにお互いがいることを望んでいる。
121日、とても濃い日々だった。苦しくて綱渡りで、一歩間違えれば転落していたであろう日々を、なんとか乗り切ってきた。今日で最後、どんな結果が出ようと受け入れる、そして、どちらに転ぼうとこの気持は変わらない。
会えて、待って、良かった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する