Take it EZ! セカンドダンジョン

風が強い。
今日は、朝イチで新宿のデパートへ行ってきた。これから塾なんで、それに間に合うように9時の電車に乗って10時半の開店ちょうどに行こうかなぁと思って。チョコレートを買いたかったのだけど、関東には3店舗しかないフランスのブランドのが欲しかったので新宿。

開店5分前くらいに店の前いくとさ、もうたくさん人が並んでるのよ。今日、なんかの催し物とかセール的なものがあるのかなぁと思ったけど、HPにも店にもそれらしき大々的なものは書いていなかった。まぁ、今日がバレンタインデーってことで、地下ではチョコの各種ブランドが、催し物コーナー的な感じで並んでいるのだけど、別にそこがとても混んでいるということはなかった。
店内に入って最初に目撃したのは、1階のブランドバッグとか宝飾品の店に駆け込む方々。あぁはい、リッチでございますね、と横目で見る。開店と同時だったもんだから、店員さんがこっちに向かって90度に近いお辞儀していて、本当に居心地悪い感じだった。自分が接客業のときお客様にやるのはなんの抵抗もなかったのにね笑

私は、ブランドのもの、ほぼ持っていない。一つだけ持っているのは、高校2年生のときにオカンに買ってもらった、バーバリーの財布だけ。それまで小学校5年生くらいでピアノの発表会かなんかでもらった財布を7年以上つかってたので、誕生日に奮発して買ってもらった。多分、2万円くらいだったと思う。もうあれかた9年くらい経つけれど、まだまだ使える感じでずーっとつかってる。もちろん、サブの財布なんてないから、常に使う。とても気に入ってる色、静脈の赤で、このころから私はその色が好きだったんだなぁと思う。
それ以外は服も、バッグも、靴も、全部そのへんのお店。靴、持っている中で一番高い(値段がw)やつですら、6千円だもんね。ブランドは興味がないもはもちろんだけど、買えるわけがないわけだ。

そして、私は一生、今日のデパートのようなところの、特に1階には縁のない人間なんだろうなと思う。惣菜とお菓子売り場は奮発するとき使うと思うけれどw 多分、何度も言うけれどこれから先、「お金のもうかる」職業にはつかないと思うし、平均以下の収入しか得られないと思う。もちろん、自分の今の状況からして、25歳で大学2年生になるってな感じじゃ就職はすごくたいへんだろう、っていう理由もある。でも、それだけじゃなくて、私が漠然とだけどやりたいことは、お金とはほぼ無縁なものに見える。そして、もしも、自分のやりたいことにたいして、自分が思っている以上に稼げたとしたら、それはなにかのからくりがおかしいのだと思う。
私は、お金に困ったことがなくて、だからあまちゃんな考えなのはよくわかっているけれど、自分に必要な分だけ身の丈の分だけ、働くその対価であればふさわしい金額を、いただければそれで十分だと思う。確かに今、私は大学の学費があと1年の3分の2くらい足りない。だから、今春休みで一生懸命バイトして、多分月9〜10万くらいもらえるのだけどそれで何か贅沢(たかが知れてるけどね)しようって気はさらさらなくて、今までどおりに質素な生活続けながら、やりたいこと、つまり大学卒業、に向けてお金を少しでも貯めようと思っている。

そりゃね、私ももちろん、おいしいもの食べたいし、週に1回くらいステーキ屋さんに行きたいし、レコードも欲しいし、飲みに行くのをセーブしたくないし、ビールも発泡酒じゃなくてビール飲みたい。
だけど、目先の欲に流されることは、お金に関しては本当に昔から無いんだよね。親は、何不自由なく生活させてくれたし、きっと教育費はたくさんかかったと思うけれど、それにあぐらをかくことはしたくなかった。中学のころから、自分にどれだけ教育費がかかっているか、それはずっと気にしていたから。

だから、もう、お金に関してはだれにも頼りたくないのだけど、今はそれもできなくて、両親からまだ仕送りを頂いている身。大切に使って、そして多分、一生かかっても返せないけれど、そのかわりに健康でやりたい仕事をしっかりやっている自分を見せて、それをお返しとすることで、それでいいかな、と思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する