Take it EZ! セカンドダンジョン

想定外過ぎて、精神がわけわからないことになってきた。
昨日、例の人から電話があった。塾終わりに、数回の知らない番号からの着信に気がついてかけ直してみたら、彼だった。私は、一つの可能性を普通に見過ごしていた。まさか、それが可能だとは思わなかったので、とても驚いた。

電話だけでは、やはり状況はわからないものの、私は電話口で「よかったぁ、よかったぁ、本当によかったぁ」を繰り替えすしかできなかった。他のことも話した気がするけれど、一つひとつの会話が終わるごとに、よかったぁと何度も言ってた気がする。
3ヶ月ぶり。なのに、例の人は「体調はどう?」「今日はなにか変わったことあった?」って、前と変わらない調子で話してきた。大丈夫じゃないよ、変わったことは今おこっているでしょう?そう思ったけれど、言わずに、私のことは今、どうでもいいでしょう、と言っておいた。
明日、会える。何を言おう、何から話せばいいんだろう、きっと、私は例の人を気遣うべきなのに、自分の思い(ってか恨みつらみ)をぶちまけることになりそうで怖い。でも、開き直っている。きっと、この3ヶ月こそ、私のある意味での精神の力が試されたんだと思っている。そして、私はそれに負けた。例の人は負けなかった。だから、ここでさよならでも仕方がないと覚悟しているから。

昨日の夜は落ち着かず、何かを誰かに話したくてたまらなくて、でも夜中だったわけでそれもかなわず、結果、フランス語の音読をしていた← しゃべってないと落ち着かないからさ。
きっと今日も何をしてもうわの空の1日になるだろう、でも、少しでも冷静になって、明日の「さよなら」または、「またよろしく」に備えなきゃならない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する