Take it EZ! セカンドダンジョン

私のどうしようもない過去を聞いてください。

18歳で高校を卒業後、私は九州の大学に進学しました。千葉にいたくなかったからです。理由は特にありません。そこで上手くやっていくことができず、拒食症になり、同年の7月にこちらへ戻ってきました。それから2年間、専門学校に入ったりバイトにあけくれたりしながら、摂食障害と抑うつの中にいて、人とは最低限しか関わりませんでした。体重も、34㎏から56㎏までの変動をし、痩せ方が異常だった時期もありました。しかし、今の病院に2ヶ月入院したことにより、劇的に回復しました。それから半年後には友達もでき、民間車検場の事務として働き出すことができました。21歳になりました。2011年3月、震災がありました。ちょうどそのころ、私はYと密接に関わるようになりました。ここまでは、まだ良かった。

その後の4ヶ月は、人生を大きく変えるものでした。まずYにされたことは、家に閉じ込められ、ケータイ(そのころはガラケーだったんです)を折られ、縁を切ろうとすればつなぎ止められていました。私は別の男性と付き合っていましたが、その人はYと関わるなと言ってくれました。
同時期、会社の専務(と言っても、25人規模の小さな会社です)とも関係がはじまりました。これに関しては、拒みきれなかった私が悪いです。
そんなことが積み重なり、しかも、Yが私の当時の彼に暴行をし、専務に脅しの電話をかけ、私にODをさせました。

私は医療保護入院(つまり強制)になりましたが、3週間で出てきました。その2週間後にはこの街へ越してきていました。会社には居づらくなって転職しました。
そこから半年は前に言った通りです。身体的なものよりも、精神的なダメージがひどく、私は22歳の2月下旬に、1人で葛飾に越しました。

その後の3月から7月までの5カ月間はめちゃくちゃでした。明らかなオーバーワーク、毎日の異常な量のお酒、デパスやフルニトラゼパムに頼り切りました。当時は渋谷のホテルで働いていたのですが、そこで知り合った外国人の男性と4ヶ月付き合いました。もちろん、身体だけです。
また、昔のねずみ講、といったような集団と関わりました。もちろん、途中でこの人たちはアホだと気がつきましたが、とにかく寂しかったので、その集団にとどまれるだけとどまり、危うくなってきたなと思った時にスパッと切りました。外国人の方は、いったん国へ戻っていたので、その時は本当、1人という感じでした。その後、大罵倒された末にその人とは縁を切りました。
もちろん、親や親友はいます。でも、Yがいないという穴は、ふさがりませんでした。なのに同時に、知るはずもない、知られるはずもない私のアパートにYが来るんじゃないかと言う、あり得ない妄想に、恐怖を感じてもいました。
そんな日常は崩れ、また7月に医療保護入院。
しかし、この街の、Yもかかっている病院です。もちろん、再会した。再開もしました。

それから半年、また一緒にいる機会が増えました。身体的な暴力こそありませんでしたが、精神的には、たぶんですが、少しの束縛は受けていたかと思います。
23歳になり、12月に「暴走」を起こし勤め先を退職。それからYと3ヶ月、連絡を断つことになります。


3ヶ月の後、今度は付き合うという形でなく、関わりを再開しました。まぁセックスくらいはしたけれど。だけど、その時には私の気持ちは前とは違っていました。この人を、私のよりどころとして利用しようと思い始めました。
自分がつらい時、苦しいとき、ODするとき。Yのところへ行きました。放っておかれるのが心地よかった。そして、私も「Yの役に立てている」、私はYの、Yは私の、一部であると思っていました。お互いに利用しながら。
実はその間にとても魅力的で好きだと思える男性に出会っていたのですが、私があまりにも身勝手に傷つけてしまったため、縁はきれてしまっていました。

なにか、すべて、いつもうまくいかなくなりました。大学生になってからもそうでした。
車検場に就職したころの、何かから生き返り、ここから普通に生きれると思っていた20歳のころが、4年と少し前が、なつかしい。

今年の7月に、生死をさまよう本気の自殺未遂。3度目の医療保護入院。その後は知っていますね?しかし、今、この過去、忘れたいと思っていたどうしようもない過去を、あなたが思い出させ、Yから受けた傷を復活させ、挙句にいなくなった、
あなたは、前に、Yと暮らしていた21歳の6ヶ月かんを「よくがんばったね」と言ってくれて、そのとき私の中の何かが決壊しました。
数日後、それを専門の方に話し、今の、いや、21歳以降の症状はPTSDそのものだと言われました。だから、きっと良くなると。複雑な気持ちでした。
その2時間後、あなたと食事をし、その1時間後、後は分かるでしょう?

今の「解離」。引き起こしたのは、そもそもはもちろん私の元来のどうしようもない性質と、それにマッチしてしまったYです。
しかし、この、忘れてればうまく行ってたはずの、行きかけていたはずのものを掘り起こし、わざと、でしょうけれど、それはあなたです。
だからあなたも、私の「過去」が「昔」になるまで見ているべきです。

長い文章、読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する