Take it EZ! セカンドダンジョン

ちゃす。
えーっと、今日は久しぶりに、たぶん1ヶ月ぶりくらいに、知っている人と会わない1日つまり家でまったりを、過ごせた。まったりっつうか、普通にレポート課題やって寝具洗って、調理ストックして、みたいな健全な1日を送ってたんだけどね。けど、最近は睡眠時間が相当に短くなってて、1日に4時間半くらいしか、熟睡してない。目が覚めちゃうんだよね。でも、それで起きて活動してたら確実に体力切れるってわかってるから、体だけは横にすることにしてる。

そう、最近のこの暗ーい記事に、コメントをつけてくださる方々がいて、本当にうれしいし、ありがたい。それがディスであっても、読んでくださっている、しかも反応してくださっている、ということだからポジティブに考えて、いいことだと思う。正直、1ヶ月くらいだれからもなんも言われなかったの、さみしかったもん笑
なんだけど、そのコメントの中で少し引っかかるっつうか、ちょっとこれはしっかり自分の思いをもう一度整理しななきゃなぁということがあったので、それ書くね。

今日のコメントで、
「darksideってのはよ、秘してこそのdarkなんだよ!!てめえの平凡なdarkside語られてもウザイだけなんだよ!!」
っていうのをいただいたので、それに対するアンサーです、ええ。

えっと、まず、コメントありがとうございます。このコメントの中で、私のことをブサイク、と言っていて、それは本当事実でしかないので、たぶんこの方は私とどこかでお会いしたことがあるにちがいない爆ってのはともかく。
マジレスするとね、私は、自分の2面性の、学校サイドではない方を、「ダークサイド」とは言っていないと思うのね。そこは、自分なりに言葉を考えた上で、「グレーゾーン」って表している。それに、私のグレーゾーン、っていうのは、限りなく白に近い・・・というか白がほんのすこしだけ、グレーに足つっこんじゃっただけ、っていう意味で表現してたつもり。それがもし、ダークで「こんなにダークでやばいでしょ」みたく誇示してるように読み取れたならば、それは本当申し訳ないです。そんなつもりは全然なかったし、そうやって自分の今の状況を「ダークだダークだ」って自慢するっていうのは、マジで「ダークな」世界で頑張っている方々に対してとても失礼なことだと思ってる。
どこかで書いたかと思うけれど、私はどう頑張っても、社会的な意味での「ダークサイド」には行けない人間です。行けるものなら行きたかったし、その理由でYに近づいた面もあるくらいだよ、でも、数年してわかった、私にはそちらの側は無理。こっちから少しだけ覗くしかできないんだ、って。それは、人からしたら当然で、ほっとすることかもしれないけれど、私にとっては自分はじゃあどこにいけばいいの?と、混乱させられることでしかなかった。
今の立ち位置の、白、ときどき白に近いグレーゾーン、は、そういった意味でとても苦しい。

だから、このグレーの部分を、この場で吐き出すしか自分を保つ方法がないのです。私はなんども言うように、クソだし弱いし、それこそ生きている価値がないと言われても仕方のない人間だということは、だれよりも承知してる、死んだほうがいいことも、こうやって公害みたく、文句垂れ流している暇があったら、ホームセンターでロープ買うとか、ナイフ買うとか、崖に向かうとか、とにかく人にできるだけ迷惑かけないような死に方をするための努力をしたほうがいいなんてことは、残念ながらもうずっと前から気がついています。

それでもそれができないのは私の覚悟のなさと弱さと甘えと、他力本願の精神のせいです。
それで、今言ったように、私は他力本願で自分では自分にすら手を下せないバカなので、もし、よろしければ殺しに来て欲しいのですが、いかがですか?

っていうことをね、この方に言いたかったのだけど、この方に言うだけじゃもったいないなぁと。
もうね、この機会に便乗して募るよ。私を殺したい人大募集的な。お互いリスクあるけど笑 まぁ、ぜひ、よろしくお願いしますと。ただ、痛いのは嫌なのと、いきなり殺されるよりは、一回一緒に飲めればいいなぁと。

そうだ、今日もYから電話があった。
なんか、悲しくなった。ぜーんぶ嘘で、4年前に戻れたら、いいな。今日寝たら、明日は4年前の明日であれば、きっとベストだと思うんだ。
そうだ、募集に乗るやつは、ぜひ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する