Take it EZ! セカンドダンジョン

ちゃす。
怒涛の3日間が過ぎて、ようやく精神が落ち付いてきましたハイよかった。
とか言ってもやることは常にあるわけで、昨日は学校からのバイト。学校じゃなにもかも上の空だし、身体がぎしぎし痛んで疲れて、ほとんど動くの苦痛だった。塾はなんとか1コマこなしたけれど、こっちもしんどかった・・・のにもかかわらず、遅くまで残ってしまって帰ってきたのは23時少し前。ご飯とか、作ることは到底できずにコンビニ。仕方なし。

今日は、起きてすっからかんになった冷蔵庫の食料と日用品買い出しに行った。で、あとはバイトか。うん、がんばろ。明日を乗り切れば、土日だしね。
なんかさ、火曜日にYのとこ行った時さ、私いわゆる躁状態だったと思うんだよ。人とご飯食べてるのいきなり中座して、人殴りに行かないでしょ、普通wだいたい、どうやってあいつの家へ行ったかすら、覚えてないもんね。そういうのやるとさ、やっぱ疲れるもんだね。まだ、正直回復してない。今日だってバイトなかったら、確実にまだまだベッドにいたと思う。でも、そう考えると、バイトや学校がいつも時間通りにあって、すごく助かっていると思う。

このごろさ、カウンセリングでカウンセラーさんとよく、「居場所」の話をする。カウンセラーさんとの大前提は、「居場所なんてない」ってこと。これは、居場所がない~っていう悲惨な声ではなく、そもそも「居場所」っていう概念自体が変なんじゃん?っていうこと。私は昔からそういう意見だったのだけど、カウンセラーさんもそう考えているとのことで、うまく表現してくれた。
私には今、存在する場が3つあるように感じる。ひとつは、大学生としての場。これは、学校やバイト先での私だよね。
ひとつは、病気を前提としている場。これは、病院、自助会などでの私、かな。
最後は、Yやその周辺の人々と関わっている場。これに関しては詳しく言えないし、場所、というのはないかもしてないけれど、自分の中では確かに一つの領域として、確固たる場を占領してるよ。

で、さ。私は、この3つの私がつながってはない、と思うんだよね。例えば、ひとつ目の場、つまり大学生としての場に、今はふたつ目の場である病気の領域は入れないつもり。そして、どちらの領域にも、3つ目の領域は入れないようにしなければならない。そして、ひとつ目、ふたつ目、みっつ目、の順に、前の領域を入れる必要は、なくなる。
だから、かぶってはいない、でもね、根底でこの3つはつながっている。自分にしか見えないつながりだとは思うけど、この3つがからまって、私を作っていると思う。どれが欠けても、今の私はいなかったと思う。
そうは言っても、優先順位をつけなければならないときはある。今の優先順位は、まず、学校。そして、服薬等の躁鬱の治療。最後に、別の世界。これが王道だと思うし、私もふだんはこんな感じで生きてる。だけど、心の深くでの優先順位は、たぶん、間逆。
私は、今の学校、本当好きだ。勉強が苦ではないっていうのもそうだけど、とにかく学科の同級生がいいやつらすぎて、で、学校自体がとても楽しい。だから、いい場所で、失いたくない。
病院で出会った仲間とか、あのめちゃくちゃだけどあったかい場はなくてはならないものだったし、自助会もマジ、大切なものだ。なきゃ、だめ。
なのにね、ときおり、その2つをすべて投げ出してでも、別の世界に飛び込んでしまう自分がいる。だいたい、自分が突発的に何かやらかすのは、そっち方面。そこが、たぶん一般的な世界の人と会い入れない部分だろうし、それが原因で人から一歩引かれたり、怒られたり、バカにされたり、していることも承知してる。でも、ここがないと、たぶん、自分のすべてが崩壊する。だってさ、今学校に行っているのも、躁鬱だといわれ、その症状的なものが顕著に表れるのも、正の面も負の面も、ここから出発してる。だから、自分にとっては必要不可欠な場なんだ、きっと。この、あちらにも入れないし、こっちにもいられない、この白とグレーの間の立場が、たぶん、自分の「居場所」ってことになるんだろうなと思う。あんま居心地のいい場ではなく、ひやひやするし、疲れるところではあるけれど。

それでも、明日も、白の学校やバイトに行く。これが基本。ホームグラウンドだと、思えないのはさみしことだけど、居られる場のひとつとして日々を過ごして、大切にしようと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する