Take it EZ! セカンドダンジョン

この2週間くらい、楽しくて仕方がない。たぶん、人に言わせればそうとう危険な楽しみ方をしているのだろうけど、本当に楽しい。この数年で、こんなに言葉を考えて出したことはない、というくらい、毎晩言葉を真剣に考えた。
最初は、勘ぐり合いのような会話が続いたし、私は何をどこまで信用していいのかよくわからず、だから警戒心で、言葉を選びに選んだし、挑発には乗らないように注意していたからこその、言葉選びだった。

それが、少しずつ、変わってきている。何かのギブ&テイク、だったはずのものが、「リスク度外視」の言葉の掛け合いになってきた。お互いに、お互いの急所を知っているはずなのに、知っていてしかも関わらざるを得ないことになって関わったようなものなのに、不思議なもんだ。

でも、自分がこのブログでもなかなかできない、言い回しをその方にならできる。たぶん、読み間違えはしないだろうと、確信できたから。もし、読み間違えたり無視をするのであれば、いつでもこっちから切れると思ったからこそ、捨て身でもあるような言い方をした。でも、いつの間にか、切れない相手になりそうな気がする、というか、たぶん自分にとって、何か特別な方になってしまった。
世界に引きずり込む力がある方だから、と最初は警戒したのに、いつからか、引き込まれるのを誘発するような言葉を吐きまくってたんだろうな。でも思う、私の世界観、考え方、価値観にも少しは引きずり込んでいる。もちろん、その人の強烈な世界観の前ではどうってことないものかもしれないけど。

別の世界で間逆の立場から、同じようなものを見ている。なのに、立場がとても違うだけで、モノの見かたはそっくりだ。
こんな偶然があるとは思わなかった。関わってみてよかった。さぁ、少しの情が入った「興味本位」が着地する場所はどこだろ。すげー楽しみ。これだから、人はやめられない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する