Take it EZ! セカンドダンジョン

ディスクユニオンにて、結構な買い物をした私です。今日は、千葉のオフ会(ナディア、という、精神疾患、主に躁鬱の会)に参加して、その会場の近辺にレコ屋があったんで寄ったら、レコ100円セールとかしちゃってて、そういうわけで、テキトウなクラブ・ジャズやジャパニーズヒップホップ、大好きなnujabes等のレコをゲトってきた。今月のレコ+CD予算はオーバーするかな、JINさんのCDも明日届くし。まぁ、楽しいことにお金かけるのは、今までほとんどせず来たことであり、それをやってみて楽しいと思えるならば、それくらいの投資は当然だよな、と思いこもう笑

今日は、すげー日だった。躁鬱のみんなとたくさん話せた一日だったし、フラ語の先生の独特ででも、人生のあり方についての話を聞けた、自分にとってはとても有意義な一日だった。

まずは、午前のフラ語の授業。これだけは、もともと必修課目で取らなきゃなんないもんで、それがたまたま土曜に入っちゃってるわけで、つまりこの90分のためだけに通学しなきゃなんないわけね。そして、その肝心の授業ってのが、時間の3分の2は雑談で終わるっていう、なんだこりゃっていう時間なの。けどね、今日はその雑談が、とても自分にとってぐさっとくるものだった。
何の話の流れかわかんないけど、先生が、「あなたが夢中になってこれだけはやりたい、ってことはある?」って聞いて回ってのね。もちろん、まだ19の子たちは、その問いに戸惑って、まだない、分からない、特にない、と言う子が多かった。私は自分で考えてみると、それはヒップホップ・ミュージック、そしてそのアティテュードかなぁ、と思った。それで、先生は言った。何か、これだけは、っていう夢中になるものをつくればいい、そして、それをもとにして、たくさんの物事に関心が持てるのだから。私は自分に沿って考えてみた。心理学科に入った理由。それはYだった。そして、Yと関わった理由は、ヒップヒップだった。で、今、自分の興味は薬物依存、乱用、軽犯罪、にある。そしてそれは、もしかしたら偏見もあることかもだけど、ヒップホップの近くに結構あることだ。もちろん、Yの師匠の方みたく、本当に純粋なヒップホップ、ミュージックラバーも、いるんだけどね。だから、私が今学校に行ってる理由はY、そして突き詰めるとヒップホップにある。そして、そこから派生して、さまざまな軽犯罪、薬物依存、そしてそれが起こる環境についての興味はつきない。
フラ語の先生が言っている意味とは少し違うかもしれないけど、でも、自分の興味はヒップホップからはじまり、それが薬物や軽犯罪、社会的格差、そういうものまで広がった。これは、すごいことだよ、私はどこまでも、恵まれてるわぁ。

次のいいこと、それは千葉オフ。マジ楽しいひと時だった。まじめな話からラフな話まで、この場でしかなかなかできないフルートークを、たくさんできた、そして、初めての方とたくさんお会いできた。いつものメンツとも会えてお互いの近況話して、その中の私の尊敬すべき姉御からは、食料援助までしてもらって、本当感謝感謝のオフだった。幹事のいつもの方も、マジ最高な方で、だから私は本当に人間関係には恵まれすぎるくらい恵まれてる。自分がある程度の障害を抱えながらも今も大学行けてるのは、そういう人や、コメくれたりさりげなく気にかけてくれるみんなのおかげだなぁと、私らしくないけど、「感謝」してるよ、マジでさ、あぁ恥ずかしいw

そして、帰ってくりゃウェーブの楽しいチャット。自分、テンション高すぎのうざいヤツ、なのかもだけど、でも私は楽しかった。初めてのかた、すっげー久しぶりで、実はその方のこと、気にかけてた方とジョーク飛ばし合えたこと、そういうのすげー心が温まるってか、はずかしけどそんな感じ。ていっつも思う、私はいつか、バチがあたるほど、いい人間に囲まれて日々を送ってる。大学の友達も、こんな毒舌&仕切り屋かつ自己中の私にいつも好意的に接してくれる。そういうの全部ひっくるめて、不思議と入れてくれる、同級生、そして同病の仲間、昔からの友達。ありがとう、って。ごめんなさい、じゃなくて、ありがとう、って言おう。

私は、何の力もない非力な凡人以下の、しかも障害を持った、言い訳しそうになる、ダメ人間。でも、そんな私を大切に思ってくれたり、気にかけてくれたり、相手にしてくれる人は、たくさんいる。私は、感じ方や伝え方が、確かに人とは違う、でも、それは孤立する原因じゃない。孤立する原因は、その違いを自分で感じ、自分が人を敬遠してきたから、だ。だからそれはもうやめよう。私は人と感じ方や話し方が違うかもしれない、でも、思いや情は、たぶん人並み、かそれ以上にある。それを忘れないで、でも自分っぽく。人と違うのがなんだ、それは、きっと強みになる。
そう信じて、信じるだけじゃなく、それを実現するためのK.U.F.Uを怠らず、進もう。きっと、大丈夫。だって、今日のオフ会で、私を私として信じてくれた人はいた、心配してくれて、気遣ってくれた、私と似てる姉御もいた、そういう場を作ってくれた人もいた。大丈夫、まだまだ、行ける。
やるべきは、「障害に対する対処」じゃない。「それを持ちながら、楽しく、いい人生を送れること」なんだ。そのために、知恵を磨こう、人との縁を大切にしよう、自分なりの価値観を、大切にしよう。そう思わされた、一日だった。

「Like This y'll That y'all 気にしてんな見てくれ格好
大和撫子に益荒男 見してみな素敵な面を さぁ」
-ライムスターfeat,SUPER BUTTER DOG 『This Y'all , That Y'all』より

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する