Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学1日目。TOEFLの試験(終わったー)とオリエンテーション、先輩からの履修説明会とかで、結局1日いた。

うん、学科オリエンテーションでは心理学科の先生方からお話を聞くことができたんだけどさ、私がこの大学に行きたい!って思った理由で、その分野ではかなり有名な教授のお話もあって、やる気出た。ってか、ここの心理学科、結構ヤバくね?って感じでさ、うん、環境はめっちゃいいよ。やっぱここ、入れてよかったぁ。

学科の人数は、1学年70人程度で、ほぼ現役生っぽかった。今日さ、さっそく何人かと話したんだけどね、そのとき迷ったんだよ。

私は、初めから自分の歳とか正直に言うべきかなぁって。
実際さ、私はガキっぽいから、1浪2浪で通そうと思えば通るんだよね。けど、高校どこだった?とかさ、そういう話になったとき、なんか自分の歳言わないの、フェアじゃないかなって思った。
もちろん、仕事し始めたり、例えば40歳と46歳とかだったら別になんてことないもかもしれない。
でもね、ぶっちゃけ、18歳と24歳じゃ、結構違うと思う。どっちが優れてるとかそういう意味じゃなくてね。上手く言えないし語弊があるの嫌だから言わないけどさ。

だから、自分が20歳、とかで通すのはなんだか気持ち悪いし、相手も自分も騙してるみたいですごく居心地悪かった。

うん、私は切り替えが早いね!速攻言ったよもう。10人くらいには知られちゃったてへぺろ。もしかしたら、相手は「あぁ面倒なやつと知りあったぜ」と思ってるかもだけど、知らねぇよ。どこでも私は今の私を誤魔化したくないんだよ。仕方ない。

私はさ、結構人に隠し事ができないタイプ。自分のことなら結構開示しちゃう。いい時も悪い時もあるんだけどさ。
なのに、人からは意外と「うらはよくわかんない」と言われる。いやいやいや、これ以上なにを知りたいんだよ、と思っていたのだけど。

最近思う。
私は、隠し事ができないわりには、人前では本音を自分自身に隠そうとする癖があるなって。
人前だと、結構明るいっぽいんだけど、それが自分!って言い聞かせてるらしい。自分のどす黒い部分を、自分に隠すんだ。だってさ、人から完璧に隠し通すには、まず自分がそのものの存在を忘れなきゃなんないでしょ。

なんだけど、私の場合はその隠し方が完璧じゃないらしいんだよね。だから、「よくわかんない」って言われるんだ。
自分にも隠し通せたら、自分も自分に関わる人も、楽になるのかなぁとよく思う。

けどね、私は、根が正直なんですよマジで。いや、自分にも人にも隠し通せないっていうチキンなんですよ。
私はその自分の正直さに甘えてるのかなと、思う。自分のどすぐろい部分を隠し通すことで、人に迷惑かけなほうがいいはずなに、それができない。隠し通すまでに自分の中に自分でも見えないように封じ込めることが、できない。これは甘えた弱さなのかなと、思う。

それでも私は、自分でありたいと思うわがままな心の方を取ってしまって、結局人に嫌な思いをさせてしまう。そしてそれを受け入れる人に依存してしまう。

自分でありたいと思うのなら、隠さなくても堂々としてても大丈夫だと思えるような、そんな強さが必要なのにね。難しい。
ま、今はその途中。
隠すとこは隠し、言うところは言う感じでやってこう。ただし、自分には何も隠さない。もしかしたら誰か傷つけるかもだけど、それは怖いけど、でもこうするしかない。

自分が正直になると多分誰かを傷つける、っていうのはずっと思ってることなんだけど、これは結構キツイことです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。