Take it EZ! セカンドダンジョン

今日は、美容室に行って来た。明日以降、私にあった人は「誰!?」ってなるくらい、ロングの髪をばさっと切ってボブにした。私が今まで行った中で、美容師さんの丁寧さもお店の雰囲気も、ベストなトコで、これからも通いたいと思った。
でもそこは、私の家から1時間半もかかる場所にある。私は今日、往復3時間かけてそこにいった。ファッションオンチで外見にこだわらない私がそのお店に行ったのは、もちろん理由がある。

そのお店の店長は、「レジェンド」と言われてるくらいのDJ。そして、Yの先輩。私は、2年くらい前にYから自分の先輩が美容室を開いている、と聞いていて、いつか行こうと思っていた。もちろんそのときは、すげーDJにお会いできることや、カットも上手いってYが言っていたから行こうかなぁ、くらいだった。でも今回は違う。単純に、Yが尊敬していて、かつ、Yの過去を知っている人物に接触したかったから。
予約を入れた時、ご紹介ですかと聞かれ、Yの名前を出すとその方は驚いていた。私は、髪をカットしにいくのにこんなに緊張するか普通w、ってくらい、ガチガチに緊張してお店に行った。

入って思った。音楽、インテリア、雰囲気・・・あぁ、自分の目の前にいて、明るく気さくに見える方は、本物のアーティストだ、と。そして、この人がYに、DJを教えた人なのだと。

予約制で、美容さんは1人のみ。だから、私は結構最初から、Yのことについて切り込んで行った。私の知っている「事実」はその方も知っていた。私が聞きたかったのは、その「事実」の起こる前のYのことだった。その方に逆に関係を聞かれ、かなり正直に答えた。自分が大学に行っている理由も。
その方に、Yはもう全然ダメです、というと、「精神的に?」と返された。その時点では、精神的にもやってることも・・・全てです、と答えた。
カットしてもらいながら、その方とYが一緒にいた頃の話を聞いた。その方が言うには、僕といるときの彼は、おだやかでマジメなところがある、その後の「事実」が起こった時(パクられたとき)は本当に驚いた、と言っていた。でも同時に言っていた。当時の、Yの後輩に当たる人たちは怖がっていた、と。何をするかわからないところがあったとは、聞いたことがある、でも僕の前では全くそんなことがなかった。ある意味で2面性があったのでは、と。

その時代は、日本のクラブ・ヒップホップが最盛期と言ってもよいくらいのころで、Yのいた地域では特に盛んだった。だから仲間がたくさんいて、夜な夜なみんなで集まってDJの練習をした、という。とても楽しかったって。Yは上手かったって。

それからは私の大学の話や音楽の話をした。終わりに近づいたとき、気になっていたことを聞いた。最初の方に、Yの状況について「精神的に?」っておっしゃいましたよね、あれ、何でですか、と。
その人は、あいつが音信不通になって(約12年前)、その後3年ほど前に初めて電話があったときに、すぐにわかったという。喋り方、内容・・・お酒だけ、じゃないような気がしたし、病院に通っていると本人から聞いた、と言っていた。
その人は言った、Yは、本当にいいヤツでマジメ、だけども決して強くはない、と。私も言った。そう、なのに今までは運とか流れで上手く来てしまっていた。その分、思考力や計画性が人よりもずいぶん劣っているように見える、と。さらに、Yの親友がYのポテンシャルを信じていると言った話をした、そうしたらその方は言った。あの頃一緒だった仲間は、Yの今の状況にうすうす気がついている。みな、自分の生活が確立して会わなくなるけれど、それなりに気にはしているものだ、と。
なんか、それを聞いて本当にほっとした。

その方は私に言った、たった3年半で、私の歳で、Yをそれだけ理解しているのはすごいねと。そしてそれがきっかけで心理学にたどり着いたのも、縁かもね、と。
そして、さすがのお方だ、私に聞いた。あなたが来たことは、Yには伏せた方がいいよねきっと、と。私は、はい、時期が来れば自分で言いますと答えておいた。私は、Yの過去の事実は知っている。でも、過去のYの周りの人に聞かないと、「Yがどう変わったか」はわからない。それを知る必要があるかどうかもわからない。でも知りたかった、だから、そこへ出向いたんだ。

今までで一番ステキな美容室で、私もYも好きなボブカット、とっても丁寧に仕上げてくださった。
また行こう、そして今度行ったときは、Yは今こんなことしてて、まだまだダメだけど、元気です。
そう言えたらいいなと、思うんだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
ななし
いつも楽しみに読ませてもらってます。いつもはそっと拍手くらいしかしないんだけど、今日は100ってキリのいい数字だったので、なんとなくコメントしたくなりました。ものを書いたり読んだりするのが苦手な僕がのめり込む文章。走り立ち止まり、そして歩き出す様な優しく楽しい、そして悲しいときも。ブログこれからも読みたいし読ましてくださいね。次のうらさんへ
2014/08/29(金) 17:33:32 | URL | わかば #mQop/nM.[ 編集 ]
Re: ななし
わかば さん

返信がものすごく遅れてしまって申し訳ありません。いつも読んでくださってるということ、そして拍手をしていただいていること、とても嬉しいです。
「走り立ち止まり、そして歩き出す」というわかばさんの言い回し、とても好きです。
これからも、こんなブログですがどうかよろしくお願いします。
2014/11/03(月) 09:48:31 | URL | うら #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する