Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、そろそろ25歳になるもので、それなりにたくさんの人と関わって来た。高校卒業後、大卒の人よりかは若干早く仕事を始めたせいもあって、たいていの知り合いは歳上の人。いい人ばっかりだったけど、私が特にこの人いいなぁと思う先輩が、同性に何人かいる。その人たちは、言っちゃ悪いけどどこか「飛んでる」人たち。普通ではありませんよね的な。そして、そろって頭の回転が抜群に早くてしかもタフ。

まずは、初めて就職した先の主任(直属の上司)。この方はもう70歳近い方なのだけど、信じられない位働き者で、頭が切れ、人の扱いもうまい。朝7時半から、夜8時まで基本働いている人だった。何か大変なことがあっても「あらあらあら大変ね」と言って、誰も責めることなくちゃちゃっと解決しちゃうスーパーウーマンだった。私はこの主任をまじで尊敬してて、だから少しでもなんか学んで力になりたいと、思ってた。私が初めて社会で働いて、それなりに仕事ができるようになったのはこの方のおかげだと、思ってる。

あとは、ホテル時代の先輩。4つ上の先輩なんだけど、まず、キレイなのね!グラマラスで、肌もキレイで、所作もゆったりして余裕があるように見えるのに、実は素早い。この人、「学歴」的なものはないけれども頭の回転や柔軟性がハンパなくて、こういう人を「頭がいい」というのだなぁと思った。まず、自分を大切にして、その上で生まれた余裕を人に使うことが難なくできる方だった。どうやらご本人も、身体の大病をしてもとの職ができなくなってしまったそうで、だからか、健康には人一倍気を使う人だった。当時、酒とお菓子で生きていた私をしょっちゅう叱ってたな。ともかく、尊敬すべきは、自分の意見をちゃんと主張するところ。本人曰く「クレームばばぁ予備軍」だそうだけど、主張の仕方にちっとも嫌味がなくて素敵だった。

あとは、同病者の方。私より20歳上だけど、生き方がかっこよすぎる。とてもパワフルな生き方で、世間一般からはずれているかもしれないけれど、私はそういう生き方が好きだしいいなぁと思う。普通の概念では測れない様々な感情をとうに持ってる方で、でもそれに縛られることなく全力で駆け抜けてきたのかなぁ、と想像する。そういう人がいると、私が一生懸命「普通の」「一般的な」人生に無理やり自分を当てはめようとして気張っているのが、和らぐ。誰の真似でもなく、自分が思った通りにやらかせばいいんだなぁと、思う。

他にもたくさんいる。もちろん後輩でも、かっこいいヤツはたくさんいるし、しっかり地に足つけて着実に進む同級生も、私にはできないことをし、持ってなものを持っている点で、尊敬する。

で、自分は?となると、私は誰にとっても反面教師にしかならないあほだよなぁ、となって、がっかりする。でも、私みたくぶっとんでとんで死にかけてwでもちゃらちゃら品なく生きているっていうのも稀有で、それはそれで何か普通ではないけれど意外といいものを誰かに与えられるのかなぁと少し思う。そうであったらいいな。いつか、だれかのヒントになれるような人生になればいいと思う。ここまでで、失ったものは確かにあるけど、結果得たもののほうがでかかったじゃん?と言える人生にね。

「なくしたものを数えて 瞳閉ざすよりも
あるものを数えたほうが 瞳輝き出す」
-絢香『にじいろ』より

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。