Take it EZ! セカンドダンジョン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えー,書くことはたくさんあるけれど。
まずは,8月に受けて落ちた落ちた言ってた大学院入試の結果が出て,合格していました。
絶対落ちていると思っていたから,ネットの合格発表に自分の受験番号があるのが信じられず,両親や例の人にまで確認してもらいました笑。
来年から,あの研究室で,いろんな職種・立場・国籍の人々に囲まれて自分のやりたい研究ができる、そう思うととても嬉しくて,でも反面,私のようなバカがやっていけるのかどうかという不安にも駆られた。

今回の試験は英語が異常に難しくて,午前中の筆記で確実に落ちたと思っていた。だから,午後の面接は大胆になっていて,これはもう自分が今考えていること,計画していることを全部言ってこよう,と思っていた。池井戸潤の「民王」じゃないけど,「面接と演説を履き違えている」レベルで。堂々と研究計画やその意義や志望理由を述べた。おかげで,かなり内容に突っ込んだ面接になったと思うし,教授からのアドバイス等もありがたかった。ただ,それだけじゃなくて,事前に研究室の教授やOGの方とアポを取って何回かお会いして話を聞いてもらっていたのがよかったのかもしれない...


で,合格発表の翌日から昨日まで入院してました笑
ずっとじーさんに,「入院レベルで心身ともに疲労しているのだから休め!」と言われていたのだけど,院試落ちたと思っていて,だから後期や他の大学を受けなければ〜と思っていて,入院している場合ではないと突っぱねていたからね。
今回は,いつものヌマが満床ということで,別の病院は4回目の入院。トータル14回目の入院となりました。5泊6日だけどね。

入院中の1日は外出許可をもらって,他大の教授にお話を伺いに言ったり,今のゼミの先生に卒論の相談に言ったり,英語の会に行っていました(今のゼミの教授は院合格は祝福してくれたけど,卒論の実験についてはダメ出しが多くて痛かった...)。
他大の教授の私の研究計画に対するアプローチの曖昧さの指摘や,ゼミの先生のダメだしから,私はまだまだ「ていねいさ」に欠けていると痛感した。

という感じの1週間でした。

でもま!とにかく!私はがんばった!
これから,本当にやりたい・やるべき・やれる,道に進むのだ。時間がかかっても,一歩ずつ。


「ていねいになれる何かをつかんでいる人は具体的な努力ができる,そのなにかと出会えれば,目標がどんなに遠くても,近づくように少しずつ努力できる,自分にとって大切なものと,ていねいに対処できるものが一致していないといけない。」
 ー村上龍「心はあなたのもとに」より

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。