Take it EZ! セカンドダンジョン

暑い。
そしてエアコン寒い。
このコンボで体調を大幅に崩し、昨日のバイトを休んでしまった私です。5月中旬から休み無しで来れたのに...昨日からエアコンを弱めて、夜や朝は使わないようにしたら少し体調が戻った。
昨日は頭痛が酷かったんだけど、私は生まれてこの方ほとんど頭痛というものを体験していないので、この頭痛が普通の頭痛なのか病院に行くべき頭痛なのか救急車ものなのか分からず黙って寝てた。
さらに、昨日は少し頭おかしくなったらしく、ギャーギャー一人で騒いでました。例の人のおかげでなんとか乗り切りました。明日は前期最後のゼミなので飲みです。

大学院入試まであと1ヶ月と少しとなった。前の記事で書いたように、私にとっては試験の内容そのものや面接の対策も必要だけど、それよりも「その日まで身体を持たせる」ことの方が大事だ。
正直、試験そのものや面接に対しては、そこまで悲観していないからね。受ける院の研究室を知ってからこれまで、やることはやってきている、と言える。

だけど、試験そのものと「体調を崩さず出願して入試まで持たせる」ことには、質の違う対策が必要なように思う。そのため、私は今年度からバイトを減らし、大学の授業も週3コマ(単位はあとゼミと卒論だけなんで)のみにした。
で、7月までは順調だったのだけど。

やっぱ、毎年7月はだめだね...3年前はでかいODしてICUからの50日以上の医療保護入院をかましてるし、去年は喘息の発作がいきなり起きて(それまで自分が喘息持ちだということも知らなかった)呼吸器内科受診したりしてメンタルも入院寸前だった。大学受験の年(23歳)も遁走で自ら入院、22歳のときと21歳のときの7月も、医療保護で閉鎖に3週間というこれまたお疲れ様なことをしていたわけで。

今回は、肌にきた。
まずは、頭をかきむしり、かさぶただらけにして、腕や足も小児アトピーの時並に掻いている。肌に風が当たるだけでイライラ、痒くなる。で、朝、自分の肌を見て最低な気分になるのだ。
他には、焦燥感、からの不眠。
何かに焦り、でも具体的に何に焦っているか分からず、それでもあれやこれや考えが止まらなくて頭が熱くなって身体も熱くなってわーってなってギャーってなって、眠れない、中途覚醒が酷い、レンドルミンとか効かねー。

そんな中、出願が今週の後半に迫ってきた。
検定料の払込は払込受付が始まったその日に行ったし、証明写真も撮った、願書そのものもとっくにダウンロードして、下書きもして、大学で各種証明書を発行していた。小論文は4月頃から案をねり、5月には書き上げてそれから自分なりに何度も推敲し、人にも見てもらった。小論を元に突っ込まれる可能性が高いので、その論拠となる文献も数本読み、基本的な知識を確認、そして小論の内容を研究計画に発展させるまでの論理的な展開も頭でシュミレーションして、研究計画書として書き起こしている。その過程で、OGの方に話を聞きに行ったし、今のバイトだってこのときのためにやってきたようなもんだ。

なのに、ここに来て、「願書提出」へのプレッシャーがすごくなっている。試験へのプレッシャーの前に、願書提出のプレッシャーだからねw
まず、願書は3回、書き直した。
手が震えて文字が上手く書けない、ありえないところで間違える、などなど、普段起こり得ないことが平気で起こる。
書き上げてみて、字が汚いんじゃないかなー、紙が少し折れたかなーと気になって仕方がない。

さらに、証明写真も撮りなおした。お店でやるので、1600円くらいかかるのに、撮りなおすってどんだけナルシストだよ、と思ったけどダメだったね。こんな疲れた顔じゃだめだー髪の毛もアホ毛が出てる―わーもう自分でも見たくないーってなって、悩んだ挙句、「もう気が済むまでやりな」と例の人に言われて、思い直して、撮ってきた。
正直、2回目も、大して変わらない写真だった。疲れた顔がデフォになっていることに自分で気づいていないだけだった。

撮りなおしてからもなぜかそれを写真表に貼るのがためらわれて、5日くらい保存して、ようやく今日貼った。
封筒等は先々週買っているのに、書いた願書やその他書類を入れたら終わりだ的な思考が取れず、それも保存。今日、例の人にすべて書類を確認してもらって、ようやく踏ん切りがついて、願書を封筒に入れるに至った。ってか、願書どうせ直接出しに行くし、その場で確認してもらえるので、封筒に入れようが入れまいが関係ないのだけど。

完全に神経症的な行動だな、と思った。

普段はこんなんじゃない。先週の大学の期末テストだって、マークシートで一度回答してから一回だけざーっと見直して、残りの15分間くらいは「マークシートをとてもキレイに同じ形に塗りつぶして遊ぶ作業」に熱中して完成に大いに満足していたし、明日の英語の期末に関しては多分見直しもしないで数分寝たあとさっさと退出すると思う。
もちろん、働いていたときも結構ミスできない書類作成をしていて、それは今の数十倍の量があったけど、ほぼミスなくできていた。
結局、今回だって、確認したところ何かミスをしていたわけではないし、受験票の写真なんて就活写真でもなく顔照合だけなのだから清潔感さえあればあとはなんだっていいじゃん!って普通は思える。

今、多分体力も消耗してきてて、精神状態もよくなくて、焦燥感とイライラと不安でやられているのだろう。
例の人に絡んだり、外で人と話しても不満しか残らなかったり早く一人になりたい傾向が強まったりしている。
後1ヶ月と1週間、持つだろうか。持たなければ、短期入院も考えなければな、とまで思っている。

ちなみに願書はきっちり封筒におさまったが、その封筒をどこにしまうかで10分以上悩み、出してはしまい、出してはしまいを繰り返した挙句に、ようやく棚に入りました笑

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ちょっと不眠&ちょっと混合状態、不安と焦燥感の強い私です。
抗不安作用のある薬をちょびちょび飲んだりしてごまかして生きている。

一昨日は、通院日だった。
本当は1ヶ月に一回なんだけど、一昨日は、3年前に亡くなった人の墓参りに行く予定で、2週間ぶりの診察となった。
そのせいか、久々の人々と何人か会えてよかった。2年ぶり?くらいに話せた人もいてラッキー。

その日は、私の前の人が40分以上診察してて、しかも私の後には結構若い、しかもちょっと面倒くさそうな雰囲気を醸し出している女の子が2、3人待っていて、なんかあのじーさん(主治医)大変そうだし私は今回1分診察かな、とか思ってた。なので、とりあえず、欲しい薬だけ言っとこー、最近向精神薬指定されたやつ、買えないから、とか思いつつまってた。

結局、診察室に入ってから今の状況と望む状況を伝えて、そこから10分以上、薬の相談をすることになった。
私の今の状況は、とにかく季節的な身体の不調と精神的な混合状態、そして8月末の院試のプレッシャーから来る焦りと不安がそれなりにひどい、というもの。
そして、望むことは、長期的には精神的な混合状態を極力減らすことが第一だと思うけれど、今はそのために労力を使うのではなく、とにかく院試のためにあと40日は頭と精神と身体の状態を維持することだ、と伝えた。
だから、大幅な薬の変更は今は望まない、でも、多分少しの増減は必要だと思っている、とはっきり言っといた。

診察前に服薬状況は、デパケン300、ラミクタール100、ストラテラ80、漢方。
診察で決めた、今回の薬は、デパケン300、ラミクタール125、ストラテラ80、レンドルミン0.25、漢方。
変更点は眠剤を加えたことと、ラミクタールの微増。

じーさんは、最初デパケンを増やそうとしたし、私もそれが適切なような気がしたけど、気が進まなかった。私は、デパケンをこれ以上増やすと、精神的に落ち着く云々以前に、身体がだるくて動きづらくなる。だから、微妙だな、と伝えた。
それから、じーさんはラミクタールとデパケンの増減の表?みたいなのと1分近くにらめっこして、じゃあ、ラミクタールをほんの少し増やすのはどうか、という提案をしてきた。ラミクタールを飲んで劇的に変わった、と思うことは今までなかったので、とりあえずそれでいいかもしれない、と言って、結果、そうなった。

眠れない、ということに関しては結構聞かれた。何時に寝て何時まで寝付けないか、何時間眠れるか。
寝ようと思ってから2時間は眠れない、でも、ぱっちり覚醒してるというわけでもない。中途覚醒があって、トータルで3、4時間寝ている、と言った。
じーさんは、眠らないのは焦燥や不安の原因になるし、混合にもよくない、でも今の状況を考えると強すぎたりクセのある眠剤はよくないかもな、と言って、レンドルミンを出した。正直、レンドルミンかよーと思ったが、ここでもはや効かないロヒプノール出されたり、最悪、今の状態を維持が目標にもかかわらずコントミンとかに走られたりしても困るなあ、と思ったので、しぶしぶだけど、それでいいです、と答えておく。

後は、今、勉強など「やるべきこと」があるときにそこに集中できるのは、多分ストラテラのおかげが大きく、ストラテラは切りたくない旨も伝える。これも納得してくれた。

結局、本当に微増、そして弱い(のか?)眠剤のプラス。それから2日目なので正直そこまで効果は分からないし、昨日は追加で眠剤飲んじゃったけど笑、久々に夜中に5時間寝られたから良かった。

じーさんの、頭に来ることを挙げればキリがないけれど、こういう、薬を決めるときに慎重になってくれたり、私の特性を分かってくれたり、状況に応じてくれたりするところには助かっている。
今の私に必要なのは、長期的な目で安定させるために何か他のことを試したり導入したりすることでなく、急変を避けるためにも、ベースは維持しながらこれ以上崩れないで、試験まで持たせ、欲を言えば少しずつ上げていくことだ。
だから、私にできることは、ODしないこと、疲れを溜めないこと、眠ること、だと思う。

3年半前の大学受験では、試験3週間前くらいからの記憶がふっとぶくらいに、「生活そのものに」集中していた。勉強に集中するのはもちろん大切だけど、それよりも私のような性質の人間は、試験までの精神と身体を持たせることのほうが、優先だからね。そもそも試験を受けられねば意味ないし笑

ということで、今回は様子見で、2週間のみの処方。
2週間後、どうなっているかわからないけれど、今回の変更でほんの少しでも、現状維持が楽になればよいと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
薬の副作用とこの天気で喉がかわく私です。
今日はすでに洗濯と夕飯作りは終わり、これから学校ということで。

最近、平均睡眠時間が4時間くらいになっている。
これは別にやることがあって寝ているヒマがない、とかではなくて、不眠だ。
ここ10ヶ月以上、フルニトラゼパムは飲んでいなかったんだけど、この不眠状態は日常生活に支障が出ると思い、飲むことにした。
なのに、ほぼ、効かない。
少しぼんやりはして、多幸感は現れる(?)けれど、眠気につながらない。
そのわりに、ベッドに入って1時間くらいして眠ると、睡眠がかなり深いのか、3〜4時間でバッチリ覚醒。そして、とくに疲れも眠気もひどくない、といった状況。
今日も、1時にベッドに入って寝付いたのが多分2時すぎ。起きて時計を見たら、5時15分、もう一度寝て起きたら6時半、といった具合だ。

ただ、午前中はそのまま元気に過ごせるのだけど、正午過ぎになると、とてもイライラして眠くなる。
眠くなるのは昨晩あまり眠れていないから、ということでよいと思うのだが、イライラの原因としては、「フルニトラゼパムの効果が完全に切れるから」かなぁ、とか穿っている。

私は3年前の今頃、フルニトラゼパムを6ミリほど飲んでから大学で授業を受けていた。2ミリをお酒とともに飲んだあと学校に行ったことや、その状態でレポートを書いていて、提出した記憶がないこともあった。
その後、全然別の、これは本当に死に至ることのできる薬をODするときも、フルニトラゼパムを混ぜていた。だから、おかしな耐性がついたのだと思う。

今は、どうしようもなくなると、ワイパックスに頼っている。基本的に、イライラしても誰にも迷惑をかけないならばよいのだけど、例えばバイト前とか、電車に乗る前とか、そこで何かを起こしてしまったらまずいでしょ、というときには気休めに飲む。全く効いている感じがしないけど笑

そういうわけで、今日もあまり眠れていないので、今から大学に行くまで1時間弱、寝まーす。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村