Take it EZ! セカンドダンジョン

すごーく久しぶりの更新になっている気がしますが、5月最後ということで、更新してみる。

今月、私はほんっと、よく頑張ったと言える笑
1日から、一度も休みがなくやっているんだ。休日は毎日7時間程度派遣に行くし、学校のある日は塾だし、学校の課題も今週3つ提出に発表1つ、という鬼週間だった。今週の課題は今学校で詰め作業してきましたよ。

で、今週の土日がようやくの!33日ぶりの←、お休みでございますよ。躁状態ですか?と言われそうだけどちょっと違います、やるべきをやるためにあげてたんですよ。

来月からは、院試の勉強を始める予定だ。さすがに目指している院はレベルが高く、過去問見ても専門は大丈夫にしても英語がやばい。1年でどこまで英語のスキルが上がるかが勝負、って感じなので、早めに始めるに越したことはない。
1年生の頃入院してたせいで、単位はもらえたけれどGPA散々だったのが響いてて、2年次ではかなりいい成績だったけれど累計だとだめになる、だから試験でいい点を取るしかないんだ。そして、累積GPAを少しでも上げるために、学科のレポートや発表、テストも頑張らなきゃなんだ。そういうわけで、これからは勉強がメインの生活になりますね(今もそうだけどw)。

こんなわけで、5月は稼ぐしかなかったんだ。これからの資金作りと、生活費をためるために、必要だった。そして、これからは精神的に余裕を持って生活しなければならないから、忙しさもここで止めておくべきなんだ。

例の人は、また新たなチャレンジのためにもしかしたら収入が落ちてしまうかもしれない。それでも、私は彼には思い切ってやって欲しいと思うので、生活費に関してはできるだけ負担しようとも思ってる。多分、これから数ヶ月は、彼にとって金銭面だけでなく精神的にも大変な時期が続くと思うので、私がまず心に余裕を持たねばならない、そういった意味でも、いそがしくしすぎるのはだめだね。

ここ1ヶ月、いろんな方に心配をかけたけれども、なんとかやってこれた。
来月からは、少し余裕を持ちつつ勉強頑張ります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
1週間以上空きましたが、久しぶりのブログでございますはい。
今、バイト絶賛14連勤中の私ですが、残り2日までやりきってます。火曜日はようやくバイト休み!学校あるけどな!5月中は、これ以降1日休みはないぽいです...5月1日以降、休んでない気がするけれど気のせいだということにしておこうw

今週は、塾のみなさまのテスト期間だったってことで毎日塾だった。だから、毎日帰りは21時〜22時の間になる、しかも私は3年生なのに、なぜか1限始まりが週に2回もあるので、朝はそれなりに早い。また、5月最終週にレポート2つ提出にゼミの実験計画報告書提出+発表に、塾のカリキュラム10人分提出っていう、鬼週間がきてしまった、ってことで今は相当忙しくなっている。
で、昨日は身体に「やばいよー」の兆候が出た。
塾の最終コマ、どうにも身体動かん頭がいつも以上に働かん、って状態になって、まぁ授業は何とかこなしたけれどパフォーマンスは悪くなった。身体がぴりぴりし始めたので、あーこれダメなヤツ、と思って、授業終了後速攻で生徒帰して自分もタクシーで優雅にご帰宅でございますよ。で、例の人のご飯を食べて、速攻で寝た。

寝る前、変に自分を責めまくって自分ダメだー的な思考になりはじめたので頭を強制終了させた。あーだめだめ、今考えてもいい方向に進まないし勝手に思考が暴走してるだけだ、と思って、放っておいた、そしたら案の定、朝はなんてことなくなっていた。

自分を責める、というのは、人に悪いことしちゃったかなとか、もうちょっと言い方があったんじゃないかとか、昨日は対人関係のことに尽きた。
塾での生徒との接し方で、私が「気分的」になっていないかということ。就職活動中で精神的にきつい時期を過ごしている例の人に対して、適切な距離から適切に応援できているのかということ。学校での人間関係。等々。

一つ一つにそれなりの原因があって上手くいかないときがあるのはわかっているのだけど、でも、共通する一つの原因は、私に余裕がないことだ。というか、私に余裕がない時に上手くいかないことが多い、っていうほうが正しいのかもしれないけれど。

余裕がないと、自分だって大変なのに!となってしまう。そして、自分はいつもこうでなきゃならない、このパフォーマンスでいなきゃいけない、という思いが極端に強くなってしまう。
例えば、塾だったら生徒にとっていつも安定した自分でいなければならない、と思っているのだけれども、それをできない自分を責めすぎてしまったり。例の人との生活で、いつも自分がやっている仕事ができないと、自分は本当に迷惑な存在だ、なんて思ってしまったり。学校ではお前何歳だよってくらい気分屋的な姿を見せてしまったり...

本当は、そこまで気にする必要がなかったり、する。
他人から見たら、詳細に見れば分かるかもしれないけれど私のあり方をそこまで気にしている人はほぼいないわけで、ある程度、自分を保てていたらそれでよかったりするんだ。
例の人はそんなときこそ協力をしてくれる。迷惑な存在と、思われていないことは自分でもよくわかっているはずなんだ。

そもそも、今、余裕がなくなっているのは、「もっと欲しい」という欲張りな姿勢が私にあったからだ。
まぁ、5月だけでいうと何が欲しいかってお金ということになってしまうのですが、ええ、ほぼそのせいですね笑 で、その欲を満たそうとしていて、余裕がなくなって、そのしわ寄せが誰かに行きそうになって、それでそんな自分を責めているっていう自業自得なアンハッピーに陥っているだけだ。
状態が忙しいだけならばいいのだけど、欲によって心のあり方頭の中まで忙しくなっている。だから、今の状態はとりあえず5月中は終わらないので今は、頭にあふれる欲を、必要なものだけにとどめておこうと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
強悲劇的に晴れてますね。この雲ひとつはいる余地のない晴れ方は完全すぎてあまりすきではなーい、というわがままを言ってみる笑

昨日、通院先の病院の知り合いの女性が、GW中に亡くなっていたことを知った。40代手前くらいだったかな、心筋梗塞だとのことだ。
彼女とは、そこまで親しくはなかったけれど、下の名前が同じで、名前が同じ人が病院内で知っているうちでも5人はいて、だから(?)話をするようになった。
たまに、自分の話もしてくれた。若くして統合失調症を発症したこと、両親との仲、大学のこと、作業所の様子、入院していたころの話、等々。今思い出すと、1ヶ月に1度くらいは病院で出会っていて、その度に「声を掛け合う」くらいはしていたんだ。おしゃれが好きで、そういった話もした。

人から聞いた話とその人本人から聞いた話をあわせると、彼女は10年前くらいに入院していて、そのころはかなり調子がわるかったらしい。当時一緒に入院してた人は、皆彼女のことを「良くなった」と言っていた。
1年か2年くらい前には、接客系の就労意向支援施設に数年通所できていて、人に指導することもあって、だけどそれがストレスになっている、といったことを話していた気がする。
もう話すことはないんだな、「うらちゃん」って挨拶してくれることも、こちらからすることもないのだなと思うと、気が抜けた。

「気が抜けた」というのは私のセリフでは、ない。
昨日、その人が亡くなっていた、ということを知ったのは、友達(以下マスクメロン←失礼きわまりないけれど、腕がマスクメロンと自分で言っていたからいいだろうw)がメールしてきたからだ。マスクメロンが、昨日通院しているときに人づてに聞いたことを、そのままメールしてきた。その人とマスクメロンはもう10年来くらいの知り合いだったらしく、入院も一緒だったらしい、主治医も一緒で、それなりに話すこともあったらしかった。

一昨年の夏、原因は私達はわからないのだけど、死んだ患者がいたと、ブログに書いた。
彼と今回亡くなった女性とマスクメロンは同じ主治医だ。マスクメロンは、そのことが引っかかっているらしかった。
その先生は、病院内でも特に薬をたくさん処方する人だった。
マスクメロンは一番多い時期には、1日60錠飲んでいたらしい。私が7年前に入院していたときも、1日30錠とかの人間はいた。彼女は今でも1日20錠は飲んでいると言っている。副作用度どめとか胃薬等も入ってだと思うけれど、それでも多いなぁと思う。

一昨年に死んだ男性の死因は知らないけれど、死ぬ数週間前は身体がひどくくたびれていてそれを自分でも感じていた。昨年死んだ友達は、2,3年前にはアルコールとベゲAをよく飲んでいたと、本人が言っていた。そして、先日心筋梗塞で亡くなった女性。順番に、40前半、50、40手前。もう一人、その前に、40代の男性もドラッグの蓄積と精神薬の蓄積が響いたのか、なくなっている。

因果関係など、分からないしそんなことを私が考えてもしかたない、間違った考えを持つのも嫌だ。
それでも、30代〜50歳で私と同じ病院に通院していて話したことのある人間が、3年連続で自殺でなく、亡くなった。病院なんだから、普通よりは亡くなる率が高いと言われればそれまでかもしれない。でも、あそこは精神科単科病院で、そして曲りなりであれ、しっかりとであれ、生活は営んでいた人々だ。

自分が、何で力が抜けたのか、少しは分かる。
多分、あの病院で出会った人々には、特殊な感情を持っているのだ。仲間とも、友達とも、知り合いとも、違う。距離感が掴めない関係でそこには質量がないような感情がある。
普段はいてもいなくてもなんとも思わないのに、亡くなったと聞くと必要以上に感情が乱れる。

多分、今、自分がやろう、やらねば、と思っていて目標にしていることは、あの病院のせいで生まれたんだ、そして最終的な目的も、きっと彼らに向けたものなんだろうなと、あそこの誰かの死がある度に思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
久しぶりでございます。
絶賛8連勤最終日の私です。GWは毎日なにかしらのバイトでしたわ...フルタイムの派遣が多くて、大変だったけどここ7日でかなり稼いだねバンザイ。5月でがっつり派遣や単発入れるのはやめて塾1本にしぼり、後は来年夏の院試に向けて勉強しますよー国立狙いなのでがんばらなきゃー。学校の勉強も今まで以上に成績気にしていかなきゃね。

と、忙しいながらも、ウェーブの運営交流会に行ったり、オクトーバーフェストに行ったりして、少しは仕事以外のこともできたので良かった。今日は塾へ行くまで論文と参考文献の読み込みと、寝具の洗濯と、夕飯の仕込み等々してます。

最近、少しだけ人にDVのことを話す機会があった。私にとってその話は、過去の出来事の1部として感情抜きで捉えらえられているわけで、「事実」を話すこと自体は苦痛ではないからね。ただ、そんなにDVについて詳しい人はいないし、たいていの人はDVをされる方にも問題があるという論になってしまってる傾向があり、私がされたことを事細かに話すと引かれる気もしたので(「お前は◯◯して☓☓して〜〜してればいいんだよ、この△△の便器が〜略」とか人前で言えないピー扱いの言葉が4つも入ってたり笑)、何歳のころにいわゆる身体的DVがあって何歳のころに夜逃げしたよ、くらいのことだけ、話したんだけどね。
そしたら、会話にいたうちの一人に「そういうのって、結構ありふれているよね」と言われた。確かに、ネット見ても、私の親戚にも被害者はいる、そしてドラマや本や映画にもDVが出てくるものは多いし、こういった言葉が生まれる以前の昔の夫婦にも、暴力・暴言等はあったはずだ。だからって、よくある話だから、一人分の傷が小さくなるわけではないのでありふれているかどうかはここでは問題ではない、と思ったけれども、そんな議論をしたいわけではなかったので「本当に多いよね〜」と流しておいた。

傷、と言ったけれど、私は自分にそのことで傷ができたとは理解していない。でも、DVのPTSDの心理検査では確実にそうだ、とでたわけで(妥当性や信頼性がどうだかは知りませんがね)、いつかは認められるときがくるのかもしれない、と思っている。でも、ならばなんで、今になってなんだろう、逃げた直後におかしくならなかったのはなんでなんだろう、とふと思った。

逃げたのは、2012年2月25日だった←私はこういう日付を覚えるのが得意なのです。17日に「そうだ逃げよう」と思い達、1週間で物件の確保と荷造りと引っ越し手配完了。24日の夜、ケータイショップで電話番号変更。25日の朝一番、最低限の荷物だけを業者に持って行ってもらい、引っ越し先ですぐに片付ける。ものがなすぎて、2時間で部屋ができあがった。
すぐに、美容院に行って髪をきり、前日に連絡してあったスナックに初出勤した。その日から、3月の10日くらいまでトリプルワークで毎日働いた。3月の休みの日は、多分3日くらいしかなかった気がする。
4月。ミクシィで知り合った人と飲みに行ったりして、そのまま寝た。そういうのが2人。本業のほうで知り合った男性と、関係を持った、不倫だったみたいだけどね笑
5月、ねずみ講の団体と遊んだり講演に行ったり。今から思うと、クソ楽しいw経験だったけれど、異常な団体だったな、と今なら思う。
6月、ねずみ講団体がキモくなってきたので、さよならして(これ大変でしたよー)、そこからはアル中街道まっしぐらですよ。仕事上がって吉野家で少しだけ食べて、やっすいスーパーでおつまみかって、かえってブランデー飲みまくるっていうね。それを毎日続けた、この月も3日も休みなかったけれど。
7月に、職場でやばくなって緊急通院したしらない病院で、つよい精神薬を出されてしかもそれをODして、結果入院。入院中に、DV当事者と再会して、結局元に戻った。

典型的な、回避だな、と今なら思う。忘れるために、働きまくる。知らない男性で埋め合わせる。性行為が軽くなる。怪しい団体に平気で加わる。お酒に走る。
正直、当時のことや当時の気持ちはあまり覚えていないけれど、多分、一言で言えば空虚だった。空虚は人を殺すと思う、だから私は生き延びるためにいろんなことをしたわけだ。
それがいいことなわけではない。ねずみ講団体をつづければ一文無しになっていた可能性があるし、性行為だって妊娠しなかったのは運が良かっただけだ。お酒も、多分あのままつづけていれば完全な依存になっていたと思う。いいことでは、ないのだけど、生きるために私のなかの生きようとするシステムが動き、感情を抑制して空虚を埋め合わせていたのだと、思った。それはきっと、その前の出来事による傷をきちんと修復しなかったからだと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
風が半端ないこの地域。今朝は大雨と大風で大変なことになっていたけど、今は嘘みたいに晴れて、でも風だけはのこっている。
今日は、これから派遣のバイト。実は一昨日から、8連勤なのです...いや、ミスったわ。とりあえず、今日と明日、今週の土日に関しては初めから5月限定の派遣を入れていて、明後日は通常通り塾で、それだけで5日連続だったのだけど。なぜか、今日明日の派遣が入っているのを忘れて、昨日と一昨日に、工場の単発バイトをいれてしまった4月下旬。あのころの自分を殴りたい...
で、暑くなってきた気候の変動がはげしいこの時期にもかかわらず笑、頑張ってますよ。

今月で、派遣等のバイトは終了しようと思ってる。バイトは、通常の塾と講習だけに絞ろうかな、と。私は来年の8月に院試があり、今の私立大学から学費の安い国立大学に移れればいいなぁと思っているので、そのために1年かけて勉強しましょうという計画なのです。そして、ゼミの実験も忙しくなり、来年の春は卒論準備があるので、これから大学卒業まではとりあえずお勉強と研究優先かな。
なので、5月中だけはかせいでおきたい。

私はだいたい、5月くらいまで無理して、6月か7月に崩れる、ってパターンを続けてきた。
去年は、4月と5月初旬が形成に入院中だったので、6月はまだ元気、7月はあまりのやることの多さに忙殺され崩れているヒマがなく、崩れるのは10月まで持ち越しになった。
今年は5月の予定入れすぎですよの警告マークが出ている感じもしなくもないけれど笑、今のところ、大丈夫そう。
予定はだいたい、仕事のことなので、キャンセルは難しい。まぁ、多分やりきれるでしょーっていう楽観的な姿勢で、乗り切りたいと思う。

とりあえず、5月の目標は倒れない。6月に疲れを残さないように、いろいろ手をぬく(これ以上の手抜きは事故レベルだけどw)。そんな感じで、今日も適当に頑張ってきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村