Take it EZ! セカンドダンジョン

時間がないのでメモ書き的な感じで。

働くってどういうことなんだろうと、考える。
夏あたりから、正確に言えば今年の春に戻った時からそうなのだけど、私のバイト先にはかなり問題があるというか、危ういやり方で成り立っている。それは分かっていたけれど、というか分かっていたからこそ、できるだけの協力はしてきたつもりだ。働く時間ももちろんだけど、時間内にやるべきことはバイトとしての範疇を普通に越していたと思う。だけど、私には社会人経験があったので、まぁいいか仕方ないと受け入れていた。

ただ、最近はさすがにしわ寄せがきている気がする。
一つは単純に私らにストレスがたまる。やるべきことが範疇を越していることや、見えてきてしまう今の危うい状況で安心して働けるはずはなく、覚悟をしていかねばならないときが多い。
今までも、何回も「運良く」とか「バイトの機転のきかせ方で」上手く回ってきたことがあった。そして、上の人はその危うさに気がついているようには見えない、もしも気がついていて放置しているならばそれはバカなやり方だと思う。
けれど、私はそういったストレス以上に、お客様、としての生徒らに申し訳なく思う。本当は、君らの時間なのに、他のことに時間割いてごめん。解いているとこを見てどこに問題があるかとか、もう少し話しを聞くとか、できなくてごめん、そりゃわかんなくなるよね。

だから、私は準備はする。特に大学受験の子や、高校受験でこいつはヤバイと思ったヤツのことに関しては時間外というか普通に自分の時間でも調べたり準備したりする。そのためにその分の賃金を払えとは、言えない、だって本来は「授業時間にできる」ことと位置づけられているので。でも、授業時間にやることが他の所に行ってしまった場合、その分を補うには自分の時間を割く以外に無いわけだ。私は、別に仕方ないと思っていた。経営とかどうでもいいし、私は自分の生徒が受かれば他は瑣末なことだと思っていた、というか思うようにしていた、時間給だから、という根本的なことは忘れていた。これが、ファミレスバイトとのかなりの違いだし、だからこそのやりがいだとも思っていた。

昨日、私以外の講師たちからの不満が一気に噴出して他の講師がどう思っているか、知った。
私が休んでいる間のある日に、不満が出る要因になるようなことがあったらしく、それはだけど、今までだってなんどもあることが一気に襲ってきただけな気がした。
危ないなと思う。この会社が潰れようが私にはしったこっちゃないけれど、そうじゃない、今いる100人くらいの生徒はどうなるの、親とかどうでもいい、とりあえず私が見ている16人の「対象」はどうなるの。別に、講師が私である必要はどこにもないのだけど、私は最後まで見たいという気持ちが強い。

運営している私の直の上司は微妙な位置にいる。会社がかなり力を入れて育成している人物なのだけれど、私より2つ歳は若い、だけどほとんどの講師よりは歳が上。社会人経験は、私や私より年上で掛け持ちして働いている2人の講師より少ない。
だからこそ、大変さは分かるし協力したい。
根本原因は体制にあるとわかっている、だけど若い講師の不満は直の上司になってしまう。確かに、直の上司の「口だけ」な部分はよくないと思う。上からの圧力があるからとは言え、私らにテキトウなことを言われても困る。
管理能力のなさも、あると思う。情熱と真摯な姿勢は若いのにすごいと尊敬できる、だけど、能力は。研修して、上もいて、今のレベルが続くのであれば結構ヤバイと思う(申し訳ないけれど)。
だったら、仕方ないのだ。会社側がそれに気がつくか、彼がそれ以上に成長するまで、私らが協力するしかないのかもしれない、でもね、それって犠牲にしているものがあるんだよ。

それは「バイト」への余計なストレスと、生徒たちへの時間。
辞めたって仕方ない、そうではない。好きなバイト先だからこそ、何か動くべきか、迷っている。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
忙しかったけどイケメンの常連兄ちゃんから大変ですね、って気遣ってもらえて嬉しかった朝バイトwから帰ってきて、学校は全休の今日、久しぶりの自分の時間!とは言え、やることは多いんだけどね...心理の演習のデータ入力と分析(データ入力は最高にめんどい)とか塾のカリキュラム作成16人分とか(こっちはだいぶ終わった)、ね。でも今日はそんなん知らんね!寝る!疲れた!みたいな調子で夕方の塾バイトまで寝ます。

最近、私にとってのうつ状態がつづいてる。多分、人からしたらどこが鬱だよ、みたいな感じな動きはしているのだろうけれど、私の精神にとってはかなりの鬱なんです。あと一歩でまた闇取引に走りそうなぎりぎり状態で、平気な顔をしてすべてこなすっていうきつさがあって、少しでも止まると死に向かって一直線、って感じになると思う。

荒れに荒れた10日間から、例の人のとのことで悩んでる。
正直、彼が何を考えているのかわからないことが多くなったし、彼も多分、私に対して話してくれることが少なくなった。寝る時間もずれた(例の人が夜遅くまでなんか調べ物してるから)し、朝のバイトがある日は私は彼が寝ている間に家を出るので、1日に2時間くらいしか「一緒の」時間がない。
例の人のことは、98%くらい信じている。多分、私のことを嫌いとか嫌になったとか出て行くとか、そういうことを簡単にする人ではない、今のクリーンな状態で、現状や私を放棄するほどアホではないしそこの部分の強さは持っている人だ。とても直情的で感情的だけど、精神的にも肉体的にもタフな人だ、ってかそうじゃなきゃあの人の人生は続いてこなかったと思うしね。

この3日間くらい、私とまともに会話をしない。
いや、昨日とかは普通の会話や音楽の話や予定などについては話しているのだけど、なんていうか、精神的に通い合っていないな、っていうのがよく分かるしそれは、多分私のこのうつ状態のせいもあるのだろうけれど、何かしら彼の方にも思う所があるのだと思う。
それは、きっと例の人自身の都合だし、私が悩むべきことではない。ただ、単純にさみしいんだ。私は今結構辛い時期なんだろうなと自覚しているのだけど、それがもしかしたら彼の時期と被ったのかもしれないしこの間の10日間の私の荒れで疲れてしまったのかもしれないけれど、助けや精神的に近くにいてほしいのは今なんだ。だけど、それこそ私の都合なんだ。

このことがもう少し上手く行けば、私はもう少し安定するだろうな、とは思うけれど、それにはきっと私が先に自分を安定させ気持ちを大きく持つことが必要である気がして、それって相反しているとも思う。考えるほどにきつくなるから、できるだけ考えないようにしているけれど、今、というかきっとこれからも一番大切な関係である例の人とのことを考えないということは無理だ。
だから、今は例の人がどう出るか、見ているしか無いのかなと思う。一緒に暮らして5ヶ月になり、生活そのものは安定してきた。私は例の人を一番深いところで98%信頼しているからきっと今きついだけだと信じる。

「Well the first days are the hardest days, don't you worry any more,
'Cause when life looks like Easy Street, there is danger at your door.
Think this through with me, let me know your mind,
Wo, oh, what I want to know, is are you kind?」
-Grateful dead 『Uncle John's Band』より
 本当はこの時代(1970)の反戦歌。その冒頭から。この曲を教えてくれた例の人と冷戦はしたくないね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村

先週の水曜日に退院した後は、特になにも変わらない生活が続いてる。木曜日は朝バイト、そして学校でいろいろ、そして塾、っていう変わらぬ生活。金曜日は疲れすぎて朝化粧しながら机で寝てて笑、なんとか遅刻せずに学校に行った、って感じなわけで。

ただ、土曜日はやばかった。
土曜は1限だけ学校があってそれ以外は予定がなかったのだけど、結果的に20時間以上ベッド上にいた。
朝起きたら、まず腹痛がすごくてこれはかぜかな?とか思いつつ朝食の支度をしていたのだけど、それすら苦しくて、そしたら例の人に気づかれて即寝かされた。あまりにもだるくて、その日は学校をあきらめて横になっていたのだけど、浅くて質の悪い眠りが6時間ほど続き、何も食べる気力もなく、やらなきゃいけないことは山積していたのに何もしていないという罪悪感でいっぱいだった。気合で洗濯物を干すだけして、前の日が誕生日だったからいただいたメールに返信して、それしか出来ずに後はベッドで死んだようになってた、自分、最悪だと思ってた、そこまでならまだいいのだけど。

夕方、暗くなり始めてから少し眠ったのだけど、そこで私はじーさんに薬をやめなさいとわれたりバイト先の人に動きがおかしいと言われたり、例の人が私の部屋で私の処遇に関する話をしていたり、そんな白昼夢(?)を見ていた。そして、いまならそれは夢だと気がつけるのだけど、その時はわからなかった。
だから、あぁ薬は飲まないほうがいいんだ、私は今日病院でそう言われたんだ、とか、バイトも行ったんだ、とか、やってもいないことをやったような気になってた。例の人はまだ帰ってきていないのにもういると思ってた。

例の人は帰ってきて、そんな私におどろいてた。
後で言ってたのは、いつもの理性がなくなってたと言っていた。死にたいといってそのための行動をしているほうが、自分としてはまだ見ていて辛くなかった、と言ってた。私の土曜日の目は、それこそ末期的でこのままだったら悲しすぎると思った、って。
結局、例の人に眠剤を飲まされて、それで寝た。
次の日はけろっと朝3時に起きて昨日やるべきだったことを片付けて朝バイトに行ったけどね笑

自分では、昼ごろにまだ「何もしてない」という罪悪感があったときは苦しかったけれど、夕方からは別に苦しくはなかった。何も分からないしわかりたくないし知りたくもなかった、死にたいとも壊れたいとも気持ちよくなりたいとも何も思わなかった(と思う)。
ありがたいことに(?)私はそこから1日で復活できて昨日は普通の予定を過ごしたし、今日も明日もバイト学校バイトっていうルーティンが続くだけだ。別に楽しいとか楽しくないではなくて、やるべきこととして普通にやればよいだけだ。
ただし、思った。もしも、土曜のような状態が続いたら私は理性がふっとんである意味で楽だけど、きっと見ている方は苦しいんだろうな、と。そのような状態になるのと死ぬのなら、どちらがよいのかなと思う。結局、私は死ねずに日々を続けるしかないと知ったから1日だけだけど狂ったんだ。

どちらかを選べと言われたら(言われないけど)私は確実に死ぬ方を取るだろう。そして、きっと今のままではどちらかを取るしかなくなる日は、近いはずだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
あ、生きてますはい。
先週の水曜日に保護室へ入れられて筋注されたけれども、保護室は4時間で脱出、医療保護入院にも関わらず、病院に寝泊まりしたのは2日間だけ(入院期間は書類上は1週間、退院は昨日)というね、わけのわからない10日ほどを過ごしました。

いつもどおり、未遂。また致死量300錠を3回に分けて注文し、例の人の目を盗んで退学届退職願等を朝方に作成して外で飲もうと思って家を出ようとして、阻止された。
その後も彼や親や病院を欺いて薬を手に入れようとしまくった。詳しくは本当に、いつ自分がどう動いたか曖昧で覚えていないし、人に言った内容も記憶が飛んでいるのでよくわからない。例の人にもひどいことをたくさん言ったし、私も彼には精神的にやられかけた。

だけど。
例の人は、10日間ずっと私といた。バイト先にも学校にもついてきてくれ、休みの連絡も全てをしてくれ、そして自分はずっと仕事を休んだ。私は罪悪感しかなかったけれど、例の人は一度決めた、「私を死なせない」ということのためには何でもした。

例の人は言った。薬を有効に使うのはいい。ロヒ飲みながら学校へ行ったってそれでしんどくないならいい、命や精神が削れるけれど、俺はそうやって生きてきたからあなたを止めるなどできない、でも、死なれたくない。あなたは自分の一部だ、そう伝え続けてくれた。

彼もこの10日で相当疲弊した。例の人は直情感情型だから、怒りや不機嫌はすぐに伝わり、そのせいで私は罪悪感が増し、出て行こうとしたりもした。
例の人は私のことを彼が昔していたようなやり方で勘繰った。お互いに、相当にこの数日で傷つけあった。
それでも根幹は変わらない。

例の人は私と共に生きると決めているし私も同じ気持ちだ。
今は罪悪感が感謝に変わりつつある。全てを捨てても死なせないという行動を黙って行うなど、並大抵ではないことだから。

今日からは全てが元に戻り、彼は朝から仕事、私も朝バイト学校塾。
弱音はある。昨日はもう、全てを投げ出したいと言ってしまったが、言ったら具現化するから言うなと言われた。ならば、少しやり方を考えよう、と。
でも私には、何も変えられない。疲れて、今日もまともな食事はまだしていなくて、学校も塾もタスクだけが増えていく。

だけど、なんでか今は、負けたくないという気持ちが強い。甘い生き方などいらない。
今日は10月22日。
去年の今日、あの日から1年。
この1年を思えば、2人ならどんなことでもきっとやっていける。生きていける、と私は信じる。
愛するということ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
昨日は塾から23時過ぎに戻りました...おつかれですよ...
一昨日のブログで死ぬことを検討中と言ったけれども、今はどちらかと言うと死なない方向で行こうかと思った。塾に行くまで、ずーっと寝て寝て寝まくって、夜は例の人のご飯を食べまたよく寝て、ってやってたら精神的に少しだけ浮上。ひどい焦燥感はだいぶマシになり、音楽を受け入れられるようになった。最近はストーンズ一色の私です。

私は、自分が「今できていないこと」については、人に対してできるだけ口に出して批判しないようにしている。例えば、死のうとすることについては何も言えないし、自分が学業や仕事ができていないときには、それをやっている人に対してアドバイスややり方への批判など、できないという前提がある。ってか、それって当然のことだと思ってた。
でも、世の中はそれだけじゃないよね、とも思うようになってきた。
サッカーの試合や野球を見て、監督に「それは違うだろ〜」とか選手に「下手くそっ」という観戦者は多いと思う。野球をTVで監督気取りで見るおじさんとか、サッカーを中途半端に好きな若者とかね。だけど、彼らが監督や選手と同レベルの知識や技術を持っているかと言えば、そんなわけはない。だからと言って、下手とか違うとかが言えない、というのもまたおかしい話で、好き勝手言うのも度を越さなければ良いと思うんだ。

実は、その発想は私には欠けていて、できないことに文句言うな、という考えしかなかった。その考えが軟化したのはかなり最近、学科の子たちと飲んでいた時の子の発言のおかげだった。20歳くらいの彼らは、恋愛系の話が多くなる、そして私はその時、男の子メインのグループと飲んでいたので、話がえげつない方向になったわけで。そういった話をしていたときに、ある子(童貞)の発言に対してある子が、「お前経験ないくせに言うな」みたいなこと言ったんだ。そのときに、別の子が、「それは違うだろ、できないくせに言うなと言ってたら誰も発言できなくなるし、意見が少なくなる」みたいなことをかなりサラっと言ったのね。
考えさせられたし、その発言にかなり納得した。

で。
私は、アドバイスに対して、「あなたは今私と同じレベルですら、物事をこなせていないくせに上から目線で物言うなよクソ野郎」みたく思ってた節もあるけれど、それも極端すぎたかな、と思うようになった。
もちろん、自分の過去のできてたことばかりを自慢してそこから「その人だけに通用する」教訓を言う人間は論外として、私の今の状況を想像したうえで考えを言ってくれる人はいて、それはもしかしたら、私と同じレベルでのことをしていないからこそ持てる視点でのアドバイスかもしれない、と思うようになった。

とはいえ、今この時を、懸命に生きていない諦めた人間からは、何も言われたくないし言われても聴かないけどね笑

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
さぁこれから学校の私です。朝は朝バイトに元気に行って来ましたよ!
うん、だいぶ、慣れてきたかな。常連さん的な人々に、顔を覚えてもらって毎日声をかけてもらえることもあって、やりやすい。がんばろう。
塾はもう精神的ダメージでかすぎて、本当辞めたくなってきた←メンタル弱っw 私が教えてる子が軒並み、定期テストで良い点取れてなくてね、本当申し訳ないね。私はテクニック的なことは基本的に教えないから悪いんだろうけどさ、でもテクニック覚えるのってどうなのよ、っていう部分もあって、でもそれじゃあ会社側や親は納得しないわけで...板挟みは疲れます。ええ、バイトに負担が多い経営体制にもものすごく不満もあるのだけどその辺は今まで通りおさえて自分の責任だけはかぶりますよええ。バイトですけどね(他の講師からもストライキ構想が出てるけどなwブラックか笑)。来年から少しずつフェードアウトしよう...さよなら...さよなら....つってw

で、タイトル。
うん、先週から落ち目だね、先週は自覚してなかったけれど、今週の日曜日は例の人がいるにもかかわらず、発作的な混合状態に襲われた。数時間で復活したけど、ひどい焦燥感と今ここに存在することへの嫌悪感が重なって、死ぬとかそういうことを考えるような次元ではなく、とにかく自分を離れたくなった。今まで、例の人が居ない時も精神は弱くなったけれど、それはどちらかと言うと、「あぁ死にたいなぁ」みたいな、自分が堕ちていくのが分かるような、その感じだった。だけど、それよりも、発狂一歩手前のような日曜の状態のほうが、私にとってはよっぽと辛い。

それが、今も引き続いている。いや、引き続いているというよりは、なんかもう、こんな気持が続くのであれば死のうかな、みたいな半分あきらめのような気持ちになっている。
だから、私は今、死ぬことを真剣に考えている。検討している。死ぬことを検討している、ってなんなんだよ、って感じだけど、マジでその表現が正しいように思う。
死のうかな、どうしようかな、と。もちろん私のことだから死んだ後、人が困るとか悲しむとか、そんな情緒的なことはどうでもいい。そうではなく、死ぬのと生き続けるのの、どちらがいいのかなと考える。

現実的な考えは、やはり失敗のリスク。失敗したら、2年の後期までがんばってきた学校で進級できなくなったりそれどころかやめなければならなくなるかもしれない。身体に傷害、脳に傷害、いくらでも考えられるし人の信用も失う。それに、前死にかけたことからも分かる通り、未遂後に身体的に回復するのは相当めんどくさいw時間かかるしもどかしいからね。
それから、将来的なこと。やりたいことや、やるべきだと思っていることや、楽しみにしていることは、今たくさんある。ほしいものもある(自転車とオーブンと大きめの冷蔵庫が欲しいんだけどね←どうでもいい)、それを、今の「存在していることへの焦燥感、違和感」を取り除くために死ぬことで、なくしていいのか、という疑問がある。どちらを優先させるべきか、わからなかったりする。

そして、例の人のこと。この人が悲しむのだけは、嫌だなぁと思う。でも私が死ねば、私は別に悲しんでいるかどうかなど認知できないわけで、だったら関係ないかなぁという気もするんだ。私は結局、例の人が悲しんでいるのを見ると自分の気分が悪くなるから悲しんで欲しくないだけであって、だからその時に生きていなければ私に不利益はないはずだ、と思う。そうすると、このことに関しては考えなくていいかなと思う。

と、だいぶ思考の整理もついてきて、ここで分かったことは一つ、死んでも死ななくても、よくね?みたいなw
だから私は、いつでも死ねるように準備だけは怠らないようにして、でも日々はしっかりと生きてあとは死のうと決意した瞬間を逃さないことだ、と考えた。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村



久しぶりになってしまった。
最近は学校でやんなきゃなんないことや中学の中間テスト前でバイトが忙しかったりでバタバタしてた笑
今日も土曜にもかかわらず!学校ですよハイ。マジすか。バイトと学校あわせて何も予定のない日はなくなりましたハイ。けどこれも、目標のためだと思えば、そして毎日早くから遅くまで働く例の人を見れば、頑張れるね。

今日は、10月に入ったということで半年に一回の自己紹介更新記事でございます。

まず、2015年4月までの経歴的なものは自己紹介1(2014.4)自己紹介2(2014.10)自己紹介3(2015.4)にございますのでよろしくお願いします。

私は現在25歳、今月26歳になる女。24歳のときに大学に進学して、今は大学2年生をやっています、都内の私立大学の文学部心理学科にいる。お金がないので、塾の講師とファミレスのバイトを掛け持ってる。

病歴。
18歳で、適応障害と摂食障害
21歳で双極性障害
23歳の時に境界性人格障害
24歳の時に広汎性発達障害
25歳の時にPTSD、それに伴い一時的な解離症状が出る
とそれぞれ診断された。ただ、摂食障害・適応障害は治ったというか、もうその症状はない。BPDについても、じーさん(主治医)ももう言わなくなったしカウンセラーさんも否定するし、多分私ももうそれはないと思っている。
今あるのは、双極性障害・広汎性発達障害・PTSDと言われています。

精神科入院歴は11回。19歳のころに抑うつ症状と発狂寸前の精神状態で2ヶ月入院、後はぶっとんだりODや自殺未遂をしたりなどで入院。ICUは3回。死にかけた笑
一番最後にやった大きなODは今年の2月。そのときに額と大腿に大きな褥瘡ができて、その治療のために今年の4月に1ヶ月間大学病院の形成外科に入院した。今はほとんど完治しているけど、エグい傷跡が残った。

今は、去年の9月に出会った人と一緒に生活してる。とても変わった人で、この人とはこの1年であまり普通ではない経験を一緒にし、やっと安定を手に入れて一緒にいる、といった感じ。理解者、という言い方では足りないくらい、私を根本から分かってくれる人だと思っている。
そのおかげか、最後の精神科入院後の今年の3月からは私の精神は今までにないくらい落ち着いてます。
それと、MEC食を実践してます。これも、精神が安定する一つの大きな要因かな。

今の目標は、そう、最近は自分の将来を結構先まで考えられるようになったのだけども、将来やりたいことへの手段としてまずは大学院に進学できるようになろうと思ってる。そのために、勉強とバイトは頑張らねば、という感じでいい感じに緊張しながら生活してます。
ブログの更新頻度はここ2ヶ月くらいガタ落ちしてるけれど、結構忙しくそして生きているように生きているので私は元気です。ブログは前の消しちゃったのも含めると、3年4ヶ月目になる。
ここまで続けられたのは、読んでくださる方、読んだよ、って言ってくださる方、コメントをくださる方、のお陰でございます。
これからもよろしくっ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村