Take it EZ! セカンドダンジョン

電車の中からこんにちは。
7月第3週の、テストやレポートの予定がマジでヤバイ(9個あるw)につき、今からやれること全部やっちゃおう計画中の私。頑張ってんじゃんと自分で思う。

形成外科を退院してから約1ヶ月半、ほとんど例の人と「住んでいる」状態になっている。入院中も仕事帰りにほぼ毎日来てくれていたのでもう、彼がいることが当然になっている。今の自分の忙しさやプレッシャー、そして時期的な問題を考えると、結構精神的に「きている」状態なはずだし、そんな気はしている。だけど、例の人といることで保てているかなと思う。もちろん、一緒にいるということは楽しいことや楽なことばかりなはずはなく、例えば前に書いた通りいてもたってもいられなくなり深夜に家を出なきゃなんなかったりもした。でも、全体的に見れば、プラスになっていることは確実なんだ。

ご飯を一緒に食べられること、夜の1番ヤバい時間帯に一人ではないこと、起きたら隣にいること、それらがとても大切だということをよく感じている。
彼も今は重要な転機が訪れているときで、だから少し焦ったり迷ったりしている面もあり、私は学校等の忙しさと時期で潰れやすい状況にいて、お互いに大変ではある。そんなときだからこそ、よりいっそう丁寧に関係を続けたいと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コインランドリーで書いてる笑
シーツにベッドカバーにタオルケットぐるぐるしてますええ。
昨日はマジでダメダメだった。学校や塾は別に普通だったのだけど、帰ってきてから昨日は例の人がいなかったので荒れたね。盛大な過食にお酒(缶酎ハイ100mlで無理になったけどw)に眠剤。本当、自己嫌悪に陥ったけれど、今朝はもう切り替えた。っつか、切り替えないとやっていけないからね。 最近はマジで英語と統計漬けで、死にそうになってるわけで、休日も勉強し続けないと終わらないっていう。

そう、学校でやることが、かなり本格的になってきて、最近はバイト以外は基本勉強してる。まず、英語そのもののハイレベル授業の予習に2時間はかかる、正直マジでイミフで辞めたいくらいだけどw学生5人の授業だから、予習は絶対必須(やってかなきゃ他の子にマジで恨まれるから)で。やってることは、英国のどっかの大学が出してる、日本の近代化に関する教科書の読み込み。

さらに基礎心理では、英語論文(しかも発達言語心理選んだから統計満載)の読み込みが必要で、さらに心理学測定法では、質問紙の集計+分析を進めなきゃなんなくて、さらにバイトで塾生のためにセンターⅡBの模範解答を作り、基礎教養の大嫌いな哲学では、デカルトとかいうわけわからんおっさん(哲学科ディス)の変な本を読まなくてはならないわけで、もう死にそうです(でもこないだプラトンの洞窟なんちゃらイデアがどうこう、についてレポート書いたら、授業で模範として取り上げらて、スゲー嬉しかったんだけどね)。
まぁ、やっぱ私はどうも統計が好きみたいで、学校に行っては統計ソフトでいろいろ試してて、楽しいw こういうとき、自分やっぱ理系だなぁと思う。

そんなんで、実はひーひー言いながら、またストレス溜めながらも、学業面では充実はしてるかなと思う。もちろん学校は、人間関係や社会性の、私が今まで取りこぼしてきたものへの訓練や楽しみとしての場でもある。だけど最近は学問そのものにハマりつつあって、そんな自分に驚いてる。

ただ、最近のこの過食の頻度はよくない。週1でやってしまっている。そして、何もなくても余裕で眠れるのに、眠剤で朦朧とする快感を求めて飲んでしまう...正直何がストレスになっているか、わからないんだ。
どんだけ疲れてても、夜に例の人がいればリラックスできる。なのに、どこかでひどくストレスが溜まっている。それをどうにか見つけ、対処しないと、今年もそろそろやばくなるかもしれない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
うーん、前の記事でずいぶんディスられているみたいだけど笑、せっかく真夜中の時間を割いて私のためにコメントしてくれているところ大変申し訳ないんだけど、こちらには全く返信する時間も暇もないので爆、放置させてくださいね。あ、テイクさんのコメント以外はすべて同じ方からのコメントで、そしてその方はよく鍵コメもくださっていて、そちらには卑猥なコメントがよせられているわけで、どうやらその方はそういった卑猥なことは公開コメでは書き込めないようなチンケな方らしくて、私はそのようなクズと関わる気は一切ない(時間の無駄以外の何ものでもないから)のでシカトさせていただきますが、どうかお気を悪くしないでくださいね、「able」様?

っていう無駄な6行は置いといて笑

ここ最近、調子が低迷気味。何が悪い、ってことはないし確たる理由もないのだけど、先週に引き続き今週もダメダメ。
一昨日の夜にショックなことがあり、昨日は1日凹んでいて、学校を1限分さぼって帰ってきてしまった。ご飯も作れずにコンビニで最低限の買い物をし、例の人に夕飯は買ってきてもらうというだめっぷり。そして、昨日は学校から帰ってすぐにロヒを入れてしまった、しかも超久しぶりのお酒で。自己嫌悪だよマジで。
原因は、わかっている。この時期になると調子が悪くなるのにもかかわらず、少しオーバーワーク気味なこと。課題の多さに、バイト、そして例の人と一緒にいることから、ご飯を作ったり掃除したりする機会が増えて、それはもちろん当然のことだし全然嫌ではないのだけど、体力的にきつい。元とは言えば、私の体力のなさに起因しているから、仕方がないのだけど、欲を言えば少し休みがほしいかなと思う。

ただ、1人でほっとする時間があると、私の場合はその時間を破壊活動に使ってしまうからあまり意味がない。昨日だって、最終時限を自主休講笑して、その空いた時間にロヒで朦朧として遊んでいたわけだし、全く生産的ではないわけで。だったら、バイトするとか授業ちゃんと出るとかしたほうがいいわけ。なのに、どうしても学校のがやがやした空間とか外にいたくなくて、帰ってきてしまう。そして1人だとそわそわしてイライラして、それがすべて自分に向かう...

一昨日、凹んだのは私の女性としての(?)部分に対して。デリケートな問題だからあまり詳しく言えないけれど詳しく言うとw、あちらのことが上手くいかないんだ。もちろん元からそこまで積極的でないということも大きいのだけど、正直、Yとのことを引きずっていると思う、望んでいないのに、っていうことが多かったからね、はっきり言って嫌悪感が抜けない。それで、人とぎくしゃくしてしまったわけ。まぁ、ぎくしゃくしたというよりは勝手な自己嫌悪だけど。

それから、学校への行き帰りでのフラッシュバックも出てきた...この原因としては、この時期に毎年彼に関してたくさんのことがあったからということと、先日のカウンセリングでその話が出たから。もしかしたら、このまま今の苦しさが続くのであれば、夏にでも集中的な療法を受ける可能性も出てきているくらいだからね、自分じゃ意識しないようにしていても、やっぱり頭のかたすみでは引っかかっているんだね。だから、精神はおもしろいのだけど笑

てな調子で、あまり具合がよくないこのごろ。だけど、まだなんとか立っている。立てているうちは、がんばろう。
行ってきます。
(冒頭のお目汚し失礼しました)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
ブログ離れが激しい笑 先週1週間はよく乗りきったなぁと自分でも思うほど大変だった。
水曜日と木曜日の夜は相当に荒れて、なのに金曜日は休む暇がないほど一日忙しくて、本当ぐったりだった、そして危ないなと思う瞬間はたくさんあった。土日は楽しいことがあったので、リフレッシュできたけれど。

そう、先週の水曜日はこの間ブログに書いたとおり、夜の過食。久しぶりの衝動が嫌な感じだった。木曜日はそこまでへこまずに学校に行けたのだけど、その日は異常な疲れを引きずったまま学校に塾にやってきて夜はぼろぼろ。で、例の人がうちに帰ってきて、そうしたら彼も相当に調子崩してた。まあ例の人は精神状態は基本安定してるので、身体の問題だったのだけどね、日々オーバーワークしてる上に風邪ひいて、この日はマジで具合悪そうだった。もちろん、そんなんだからソッコーでベッド入って寝てもらったけれど、私は結局1人で起きててどうしたらいいかわからなかった。私も普通に寝ればよいのだけど、なんだろう、ぜんぜん落ち着かなかった。

いてもたってもいられなくて、イライラして眠剤飲んじゃおっかなぁとか考えて、でも学校や塾休めないもんなぁと思って頭ぐっちゃぐちゃになった。で、思考がおかしな方向にぶっとんだ。起こそうかな、今つらいんだけど、と言おうか。だけど、きっと起こしたら怒られる殴られるこわいこわい、でもなんで起きてくれないんだろう、私つらいのに、ひどくないひどくないひどくないひどくないひどくない?なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんで、おかしいおかしいおかしいおかしいじゃん、みたくなってたたき起してやろうかとか、殴っちゃおうかとか、いや寝てるからそれ以上のことしちゃおっかとか、そんなことを思った。
私は本気で例の人が大切で、かけがえのない人だと思ってる。それは間違いない。なのに、自分を破壊したいくらいの勢いでこの人も、って思った。

そのへんで、ヤバイなこれ、と自分を冷静に見る目がもどってきた。例の人が私を故意に傷つけることなんてありえない、だからと言って今起こすと彼は大変なはずで、でも私は今この場にいたら気が狂う。ってことで、深夜0時過ぎだったけれど、最寄駅近くのネットカフェに行った。ネカフェいきます、って手紙書いて、でもそれは一応で、彼が起きる時間までには帰ろうと思ってた。ネカフェで3時間だけ仮眠して、家に3時半に帰ると、出たときの状態のままで眠ってた。
だから手紙や出かけた痕跡を処理して私も寝た。朝、起きて具合悪そうな例の人に何事もなかったように接したけれど私もぎりぎりで、だから昨夜のことを言った。なんで起こさなかったのと言われたけれど、それは自分でもよくわからなかった。
結局、木曜の夜は合計2時間くらいしかまともに寝れなかったので、金曜は辛かった、そして金曜は金曜で一日踏んだり蹴ったりな状況が続き、マジで生きてる意味...と思ってしまい、危なかったな。

先週は本当に今まで努力したはずのこととか人間関係で歯車が狂った感じが何件かあって、つらかった。だけど、あきらめずに「まぁ仕方ない」と「次頑張ろう」で行けている今、私は去年よりもずっと強くなったかもしれないと思う。とは言え、今週は平和な週になりますように。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
うーん、よくないね。
昨日の夜は、かなり久しぶりに盛大な過食衝動が襲ってきて、過食しました。とは言え、過食の食材が最近控えていたものだっただけに、嗜好が変わったのか不味く感じて、おかげでそこまで食べる、ということはしなかったので救い。だけど、過食しなきゃ保てない精神状態になってしまったことがきつかったかな。

昨日は朝いちでヌマ病院。カウンセリングと診察受けて、久しぶりの方々としゃべって、そのまま学校。学校で、3限分授業を受けたのだけど、最後の時限のころはほとんど限界だった。自分が保てなくなって発狂しそうになって、危なかったけれどなんとか抑え。帰ってきてさっさと雑事片付けてご飯食べて一度は寝たのだけど、レポートやんなきゃと思って起きてやっているうちに、過食衝動発動ですよ。マジ、寝てればよかった。
本当に久しぶりに酎ハイ〈しかもほろよい)を買って、それも飲んだんだけど、3分の2でもう無理になったね。酎ハイなどは、もう身体があまり受け付けなくなっているみたいだ。本当は眠剤も一緒に...なんて思っていたのだけど、今日は今から学校でグループ演習の集まりがあるし、塾のみなさんのこと考えると責任も感じるし、例の人もきっとがっかりするだろうなと思ったので、自分に過食してしまった事実を許してもうそのまま寝た。

なんで、過食したんだろう、と考える。一つは忙しさからの疲れ。分刻みで動かなきゃ間に合わないくらいの平日のスケジュールが、身体を疲れさせるし治りきっていない脚で動くので余計な体力を使う。それから、これからの予定に対するプレッシャー。7月のテストや発表やレポートの時期があまりにかぶりすぎていて、もちろん準備はしているけれども、その時期に自分はどうなってしまうんだろうという、まだ起こっていないことに対する不安がある。もうひとつは、最近は、がんばってきた(いる)ことに対する結果があまり出ず、悔しい思いをすることが多いということ。学校のことが上手くいかなかったり、塾でいっしょに頑張ってる子の結果が出なかったり、悔しいことがたくさん。次につなげなきゃな、って前向きには考えているけれど、心の何処かでは自分なんて、っていう思いがあるのだろう、ストレスになっている。他は、少し対人でのストレスが出てきたかなとも思う。学校の子たちと上手く関われていなくて、私はコミュ障全開、空気読めてないんじゃないか、仕切り過ぎかな、とか、そんなことが気になってしまう。また別の場では、八方美人で自分を守ることしか考えていない自分がいて、そこでは自己嫌悪に陥る...

とにかく、結構すべてにおいて上手くいっていないんだこれが笑
今、週に4〜6日は例の人が一緒にいる。その時は、落ち着くことができるし嫌なことも薄れる。だけど、昨日は1人だった、それで1人で寝ようと思ったら不安や焦りがひどくなってしまい、やることを作り出して不安を解消しようとしてしまった、きっと本当にやるべきは身体を休めることだったのにね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
今週は病院に2ついかなきゃなんなくて、塾も4日入っているのでハードだ。今日は学校で15分間の発表をしなきゃなんなくて憂鬱、だけど私は人前でしゃべるのがそこまで苦手ではないので助かっていると思う。
最近はとてもお腹が空く。私は最近の空腹は、生きている証な気がしている。毎日ちゃんと動いて感情もそれなりに動いて心身ともにいい感じに消耗する、それを補うために、身体を作るためにお腹が空くのだと思うような、そんな空腹感がある。疲れで食べられないとか、ストレスで過食するとか、そういったことがかなり減ってきて身体が上手く食べ物を欲するようになったかなと思う。身体や精神の状態に余裕はないけれど、なんとか保つことができるかなと思える。

どうして、こんなに生きることに注意しなければならないのだろう、とたまに不公平を感じる。例えば疲れないように自己管理するとか、予定を詰め過ぎないようにするとか、睡眠時間をしっかり確保するとか。まぁ歳を取るにしたがってみなやっていることだとは思うけれど、ちょうど20歳くらいの大学の同級生の中にいると自分が「よけいなこと」に頭を回しているように思い、時間が人よりもないように思い、悔しくなったりする。
元とは言えば、私の体力のなさが悪いのだけどね、結局私の今の生活は朝6時に起きて家事をし、9時に家を出て学校で自習と授業、それから塾へ行って22時に帰ってくるというものでしかない。例えば、標準の大学生であれば22時以降に飲みに行ったりとか、このペースで生活しつつ週1でオールと夜更かしでテスト勉強とか、そういうレベルで遊んだり勉強したりしてるだろう。でも私は、0時に寝ないと身体が持たないし、バイトも週3〜4が精一杯だ。土日はがっつり遊ぶことはできなくて、土日を利用して旅行とか泊りのイベント、なんて今は考えられない。

別に、大学生じゃなくたって、いつも電車で一緒になる通勤途中のOLらしき方、子育てしながらハードな日常を送っているであろう人がたくさんいる。今の私にはひっくりかえっても無理だと思う。自分の大学生としての生活を守り、例の人に支えられてようやくなんとか生活できている。
病気や障害のせいにはしたくない、それでも、この体力のなさと服薬・今までのOD歴・単純に症状そのもの、に関連はないとはもう言えない。身体的なものはもちろんだけど、調子を崩すことを心のどこかで怖がっていつも過剰に自分をモニターしていることが、大きな疲れになっている気もする。だからって、好き勝手にやればもちろん調子は崩すの目に見えているし、もう、上手くいかないものだと思う。

私は結構多くのものを欲していて、頭のキレが一番欲しいものだけれども、同レベルで体力も欲しいと思っている。だけどそのためにどうやって努力したらいいのかはわからない。でも、このまま「最低限のことしかできない」で過ごすのだけは避けたい。やりたいことをやるには、頭と体力は必要なんだ、そこは甘えてはいけない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
ブログ更新が5日空いた!ODしてICU入っているとき以来の空きだね。久しぶり。
別に、具合が悪かったわけじゃない。単純に、時間がなかっただけでブログ村を訪れることもあまりしていなかった気がする。6月中旬に入って、課題や発表がマジでヤバイことになっていて、授業時間以外で学校にいることが多くなってきた。そして、ちょうどこの時期に塾のみなさんのテスト期間がかぶっていて、その対策等に行っていたので週5でバイト入ったりね、そんなんでバタバタしてた。いつもだったら、電車の中でみなさんのブログ拝見したりしているのだけど、今丁度ハマっている本が何冊かあってそちらを読まなければならないので笑、ブログとの距離が遠くなってたな。

去年のちょうど今は荒れに荒れている時期で、ゴーヤ病院に入院していた。そしてその後の7月、更に大きなODをして1ヶ月間、ヌマに入院したという魔の月。去年だけじゃない、一昨年の7月下旬にも2週間、3年前は7月半ばからヌマに3週間、4年前は6月末からヌマに3週間入院していたのだから、もう6月7月は「やらかし時期」なんだ。
だから今年ももちろん、少し警戒はしている。今、形成から退院して1ヶ月と少し経って生活のリズムは整って、だから久しぶりに遊びまわってみたくはなる。久しぶりの友達と会いたい、連絡しちゃおっかな、なんて思いはいつもある。でも、今は控えている。多分、これ以上予定をいれると疲れ、その疲れは精神をもろくして潰れやすくなるだろうと思うから。だから、夏休みにはいるまでは、淡々と日々を送るに限る、と心に決めている笑

躁うつで言う安定みたいなものを手に入れるには、無理をしないことが大切だと多くの人は言う。私はその考えが好きではなかった。無理することは大事だと思っていたし、自分の「何かをしたい」という欲を抑え続けるのは精神的によくないし、つまんない人生しか歩めなくなるんじゃないかと思っていたから。
その意味で言えば、私の今のやり方はとてもつまらないと思う。どこか知らないところへ行ってみるとか、人と会いまくるとか、いいこと悪いこと関係なくおもしろそうなことやってみるとか、そういうことをせずに毎日同じような日々を過ごす。20代前半の自分だったらなにそれありえないと思っていただろう。

今は、これがいいと思っている。「毎日同じような日々を過ごす」とは書いたし、確かにやっている行為だけを見れば淡々としていると思う、だけど、その中でもたくさんの変化はあるし苦しみもあるし、達成感もある。例えば、料理が上手くできたとか、音楽や小説が素晴らしかったとか、学校でミスをしたとかバイトが上手く行かなかったとか、そういった一つひとつの変化を感じていれば、精神的には淡々としないんじゃないかと思う。
無理をしているときってきっと、目の前のことをぶっ飛ばしてまで、先のことや別のことを追っかけたり、逆に追い回されているときなのだと最近になって思う。ただし、だからって無理が「悪」なわけじゃない。無理をしなきゃなんないことは、かならずある、多分月に一回くらいあると思う笑 そして、その無理は人を成長させるものだとも、思う。だからこそ、普段から予定をつめつめにしてしまうと突発的な「無理をしなければいけない事案」に対処できなくなり爆発してしまうのではないかなとも、思う。

例の人は、私に「無理をするのは仕方がない、だけど無茶はしてはいけない」と言う。無理、は必要があることに対する行動、そして無茶は、今本当に必要ではないにもかかわらず、精神が暴走して「やんなきゃやんなきゃ」って悲壮な気持ちになりながら行動することなんだろうな、と私は感覚的にそう思う。
そう言われてみると、毎年のこの時期に私がやってきたことは、無理ではなく無茶だったのかもしれない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
去年の今日、ODをして救急搬送された私です。今年はまだ、大丈夫そうかな。今のところ、調子よくきてる、はず。気になることと言えば、1週間前くらいから異常に髪の毛が抜けること。ストレスに感じていることはとくにないのにバサバサ抜けて、なんなんだろうと。あと、とてもお腹がすくこと(空いたら遠慮なく食べるけどw)、生理が不順なことかな。とは言え、2月のODから形成の入院を経て、退院してからまだ1ヶ月しか経っていないので今は身体が頑張ってもとにもどろうとしているんだと、思って静観してる。

ぜんぜん生活とも病気とも関係がないのだけど、昨日マジではぁ?ってことがあったんで書く。マジ、レアな経験ではあったけれどふざけんな、ってな感じの事件。

昨日午後6時ごろに学校帰りに食材の買い物して帰り道を歩いてた。アパートまで残り1分くらいの道で、路地から出てこようとした自転車の女性が悲鳴を上げて自転車ごと倒れたのね。で、「助けて!助けて下さい!」って悲鳴あげてた。周りには50代くらいのおばさんと、私しかいなくて、私から倒れた女性までの距離は約15メートル。叫び声や助けて、という言葉的に、私は痴漢か不審者が彼女を押した・倒そうとした・ナイフで切りつけようとした、とかだと思って、反射的に駆け寄った。そしたら、先に駆けつけた50代くらいのおばさんが「いいからその肉を投げちゃいなさい!」とか言ってる。は?と思って見ると、でっかいカラスが一羽いるのね。
...カラスかよ!つって。騒ぐなこのクソ女、つって。

でも、その女性、めっちゃ取り乱してて助けて助けてを連呼、そして自分の買い物バッグを抱えてカラスをけろうとしてた。買い物袋からは、肉や唐揚げがでちゃってて、カラスは生肉を狙っているみたいで、なのにその女性はどうしても肉を渡したくないらしくて生肉が路地の真ん中にある状態で、カラスと対峙してんのw
50代くらいのおばさんは、「怖いなら肉を投げちゃいなさい!」って正論を言ってて、だけど女性は泣き叫ぶくせにどうしても肉を投げない。
イラついたから私はその生肉を拾って、「ねぇこれ投げるよいいでしょ?」と言う。そしたら、その女「え、肉じゃないといけないですか!?」とか、50代おばさんと私に問う。ふざけんなよ、と思いつつ、勝手に投げたらこのクソ女に恨まれると思ったんで、私は「じゃあ待っててください」と言って、自分の買い物袋からさっき買ったウインナーの袋を出して破って一本取り出した。そのまま投げてもよかったけどクソ女がムカついたので、ウインナーをわざわざ見せて、「見てろよ」と言って、カラスにもウインナーを見せてから遠くに投げた。カラス、一瞬生肉を見つめたあと、ウインナーの方へ行った。

50代のおばさん、「さぁ今のうちよ早くしなさい!」つってクソ女を逃がそうとするんだけど、泣きながら「ごめんなさーいごめんなさぁ〜い」とか言うだけで、散乱した食料も拾わない。だから、私とおばさんで拾って渡すのだけど、まったくお礼も言わずにひったくって受け取ってかばんにつめた。もうマジで、こいつ知らん!カラスにくわれてろバカやろう、と思ったので私は立ち去ろうとしたら、クソ女もチャリにまたがってどっか消えた。
20代後半から30代前半っぽい、オフィスカジュアル的な服をきたクソ女。マジ、腹たったけれど、2分でとりあえず消化した。
後で例の人にこのことを話すと、私よりマジギレしてた。いやいや、私のウインナー一本返せよ、20円はするんだから、と私としてはそこが一番のおこポイントだったのだけど、例の人としてはそういうクソみたいな女がこの世に存在すること自体が許せないらしい笑 曰く、「自分が助けられて当然だと思っていていつも男の前でやっている行動が板についてる最低な女」らしい。確かに、って感じで笑えた。

っていうね、さまざまなことに巻き込まれる体質の私でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
6月、懸念はしていたけれど、一気に体調がだめになってきたw昨日はいつもどおりに学校と塾だったのだけど、小さなミスや人から言われたことに過剰反応しすぎて精神的にだめだった。ただ、昨日の夜と今日でなんとか持ち直すことができて、また学校がんばろうと思えるようになったのは大きいね。こんな具合でも、ちゃんと6時に起きて朝ごはん食べられて、かなり成長したなぁと思う。

そう、昨日は瑣末なことが心に引っかかって少し引きずってしまった。
今、学校の心理系の授業でグループで質問紙を作成して分析するというのがある。クラスの5人くらいのグループで演習していて、私達の班は別に問題なく上手くいってたのだけど、昨日、自分たちが結構でかいミスをしてることに気がついた。それで、もちろんもうどうしようもないので修正していくしかないってことになったんだけど、正直殺伐とした。これじゃあだめだな、ってことで、私は「ここまでのことはもう取り戻しようがないから、これにどう対処するかを考えよう」ってテンション上げようとしたけれど、上手くいったかわからない。まぁそれはそれとして。
今のこの演習では、結構書類を使用するので荷物がそれなりになってしまう。今まではみんなで分けて持って帰ってたんだけど、昨日は書類の都合上分けられない荷物になってしまったんだ。で、だいたい私がなんていうか、話をまとめる(っていったら大げさだけど)感じになるので書類は私が持って帰る体みたいになってたんだ。

それで、ここからは私が悪いことなんだけど、私は昨日少し疲れてしかもミスであーってなっててそんないい気持ちじゃなくて、なんかその「私が持って帰る→当然」みたいなのに反発を覚えて意地悪したくなった。だから、わざとふざけた感じで「今さー足ケガしてて、重いのもつのきついんだよねーだれか頼む!」みたく言った。そしたら、男子はだまり、女子は「え...私はかばんのひもが切れそうw」とかえーみたいな顔で見てきたりとか、そんな反応された。はっきり言ってむっとしたけど、あぁやばかったな、と思ってすぐに「しょうがねぇがんばって持って帰るか」と言い直したところ、男の1人がいいよーっつってようやく持って帰ろうとしてくれた。

もちろん、ミスとかあった後なのでみんな精神に余裕がなくなっていたこともおおきいだろうし、授業時間外に集まる時間の調整で少し譲り合わねばならなかった後だったりとか、そういう要因はでかい。私が意地悪言った理由が、そもそもそれだから。それに、いつもどおりの嘘か本当かわからないようなふざけた調子で言った私が悪いのは、承知してる。
だけど、思った。私のこの、足の傷の痛み(引きずっているらしい)と、みんなのバッグが重くなることって、同列なんだなぁと。私だったら、確実に代わる場面で、誰も率先してくれなかったことに少しがくっときたし、あぁこれって、目にみえないからなんだろうなと、躁うつや精神疾患にも引きつけて考えてしまった。

私が足を手術したことはみんな知っている。で、私は自覚はないけれど、ハタから見ても足を引きずっているのは分かるらしい。だけど、当たり前の話だけど誰も私の傷そのものは見ていない、そして杖とかついているわけではないのでどの程度痛いのかとか歩きづらいのかとか、想像もつかないいやその前に、考えてみようという気が起きないのだと思う。
足の傷っていう、だれでも怪我をする可能性があるわかりやすい例でもそうなんだ。もしも、これが精神疾患だったら?自殺未遂の後遺症だったら(もしもじゃなくて、実際そうなんだけどw)。昨日のメンツではきっとだれも、想像なんかできないし気を使うことなどもっての他だろう。
そしてそれは、世の中の8割9割が、同じ反応をするんじゃないかなって思う。少しだけ、寂しく思った。もちろん、瑣末なことだ、彼らにはその他にとても素敵なところがたくさんあって、私はそれを見たり触れたりするだけで十分で、だから世の中で生きていけると思う。それでも、一瞬、想像力と気遣いの欠如に出会うとき、やはり自分はこういう集団の中では1人なのかもしれないと、思ってしまうんだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
また1週間、乗り切った。今週は水曜日あたりからものすごいだるさに襲われて、学校も途中でギブアップしちゃおっかなぁなんて思ったけれど省エネモードでなんとかこなせた。昨日からは身体的にはかなり持ち直してこれて、精神的に傾いていたものもゆっくりもとに戻り始めた。最近は疲れた、とか、精神的にダメージを受けたことによって「そうだ死のう」とはならなくなってきて、いい傾向だと思う。来週はいつもの学校に週5日塾だけど笑、また身体を整えて頑張ろう。

いつのまにか、6月に入っていた。6月、つまり毎年恒例の危ない時期が始まった。4年連続、6月か7月にODして入院しているし、去年に関しては6月も7月も生死に関わるようなODをしたものだから今年も気をつけなきゃなんないかなぁと思ってはいるのだけど。
6月、今月の予定を見てみると結構忙しかったり、する。まずまぁ私だけでなく日本中だけどw、祝日等がなく休みの少ない月であり、下旬は学期末が迫ってきてレポート準備やテスト準備、発表準備が一気にくる。そんで、塾で指導してる生徒さんたちの定期試験の時期でもあるので補講的なものの予定もある。7月は学校のテスト、レポートがたくさんあり、自分の勉強に追い回されるし、うん、普通の大学生の忙しさが私にも訪れるだけのことなんだけどね笑

私は「要領のいい」人が苦手だ。もちろん、要領がいい人にも種類があるのはわかってる。はじめからいろんなことをマネジメントする能力に優れていて、すべてしっかりやるんだけど量も質もよくこなせて人のためになる、っていう要領の良さもときにはあって、そんな人は苦手とかそんなんじゃなくてただただ尊敬するしついていきたいとすら、思う。まぁほとんどそんな人を見たことはないけれどw
私が嫌いな自称要領のいいヤツ、は、自分のことしか考えてなくてその場がしのげればOK、そして自分のすべきことをどれだけ苦労なくできたか、を誇るようなやつだ。私は、この手の人間がとても嫌いでこういう人間には負けたくないなぁと、思っている。
例えば、学校の授業でグループで演習しなきゃなんないことがあるとき、人の後ろにくっついて自分からは何もする気がなく、だけど成績だけは良いものをとりたいものだから(大学生にもなってこの考えは相当ださい)、自分に関係のある部分だけは短時間で人のを盗んでやって、人には全く協力しない、みたいなそんなタイプ(もちろん、これは人から愚痴で聴いた話であって、今私が所属してる学科の同学年にはそういった子はほぼいない、やっぱ恵まれてる)。例えば、バイトや仕事を休んだり遅刻することに何も感じず、自分のやりたいことのみ遂行しながら楽に金が稼げることを、「ラッキー」くらいにしか思わずそれがどれだけ人の迷惑になっているか気がつかないヤツ。

どこが、要領がいいんだボケ、って思う。それは要領がいいのではなく、「能力がないから人に迷惑をかけるバカ」でしかないってことに、本人は気がついていないんだ。で、残念ながらそういう人間はたくさんいて、世の中でかなり大きな顔をしてのさばっているのだと思う。

私はそのことに中学ごろに気がついてとても嫌な気持ちになったしそういう人間は自分の周りにごろごろいた。苦手だったし、私のやっていることはなんなんだろう、と虚しくなることが多かった。それでいて、周りに言わせれば、私こそが要領のいい人間、だということもあり、わけわかんなくなってた。
今の私は、まったく要領のいい人間ではない。それは、生き方について。こんなにわけのわからない生き方をして、この歳で大学生、あきらめなきゃなんない将来の出来事はたくさんあり、きっと選ぶであろう将来の道は泥臭い。だけど、今はこの要領のわるさが、自分を作っているのだと思えている。無駄なことを感じ、考え、無駄なことのために行動し、それでやっと何が良くて何がおかしいのか、自分で判断できるようになる、この要領の悪さは必ず私の何かになっていると思う。例えば本で読んだからとか、テレビで見たから、ネットで、みんなが言っているからそう習ったから...それだけじゃないことを、私はなにかの形にしたい、そのためにはものすごく要領の悪い人間になってもいいと、思うんだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村