Take it EZ! セカンドダンジョン

今日も学校。本当は春学期の土曜日は休みなんだけど、今日だけは秋学期に再履修しなきゃなんないフランス語←落としたwの登録に行かなきゃなんない。その後、オトンのお見舞い。オトンは今日から入院する。しかも、私の手術の次の日に手術をするっていう、ウチはどうなってんだ、っていうような来週。でも、本当に申し訳ないのはオカンに対して。私の病院には別にこなくていいから、父さんのほう行ってあげてよ、ってずっと言ってるけど、どうせ掛け持ちで来るんだろうな、そういうの見ると、申し訳ないしやっぱ私はバカなことしたんだなぁと思う。

学校、履修を組み終えた。心理の専門科目、かなりいろいろ開講されてて選ぶのは大変だけど楽しい。私は確固たる「これやりたい」がまだ未定だからまんべんなく取りたかったけど規則的に無理なので、今年は言語・発達心理を中心にした。まぁ、専門や共通科目(いわゆるリベラルアーツ系)はいいんですよ問題は語学のクソですよ語学。
私は前年度に、語学8単位中3単位落としてる。フランス語2つと英語1つ。まぁ3つともテストそのものに出ていない(入院してた)からなんだけど、もちろん今年取り直し。3年を終えるまでに10単位取らないと、そもそも4年に上がれないので結構なピンチなんだよ。フラ語に関しては、去年の先生が面白かったから、1年生に混ざって去年と全く同じ授業をとった。春学期のはもう始まっていて、先生も私のことを覚えてくれてた。

さて問題は英語。完璧ここから愚痴だけどね。
前も書いたけど、1年次の英語クラスは文学部全体でTOEFLスコア順で20人ずつくらい勝手に割り振られる。で、何故か良い点数をとってしまった私は、全体の中で1番か2番めにできるクラスに配属されてしまって、周りは英文科のヤツらか帰国生しかいないという最悪な状況のなか、人の助けも借りてなんとかやってきた。で、秋学期はもちろん最低の判定だったけど、なんとか単位取得できた。言い訳すると、そのクラス、英文科+帰国生なくせして半分以上が途中でドロップアウトかテストで落ちてるからね、悲惨クラスですよ。

なのに、私はなぜかその先生に結構気に入られてた。当てられた人が解釈を言っていき、その背景(新聞を読む授業だったから)とか文法的説明をさせられる形式だったのだけど、やっぱお出来になるみなさんは文法とかばっちりなくせして、間違えるのを恐れてなかなか堂々と発言しないわけだ。でも、私ははなっから諦めてるしわかんないもんはわかんないし、どうせ自分だけできないの知ってたので、もうめちゃくちゃな文法説明も解釈も、堂々と言ってた(投げやりってことw)。なんだけど、意外とそれが的を射ていることがあり、しかもそこで先生と対話が生まれるもんだから、普通に顔も名前も覚えられてた。
癖のある先生なんだ。50代くらいの女性の先生なんだけど、まずファッションセンスがヤバイ。真っ赤なコートにクソド派手ストール、どこで買ったんだよ、ってようななんかの皮のカバン、髪の毛は金髪オカッパ、メガネのフレームもなんじゃそりゃっていう感じの。一番びびったのは、ヒョウ柄Tシャツ一枚で現れたとき。もちろん、ヒョウ柄はいいよヒョウ柄は、でも意味が違うんだ、ヒョウ柄なんじゃなくて、ヒョウの顔の絵が真ん中にドカンとプリントしてある柄なんだよ。マジで、去年は毎週ずっこけそうになってた。

で、言い方が常に嫌味。例えば英文科の真面目な子が、あからさまな直訳をするとする、もちろん新聞なんだから比喩表現とかもいっぱいあって、直訳じゃ全然意味通らなかったりもするのに。そのときの一言が、「あのさぁ◯◯さん、あなたのその日本語訳はmake senseしてると自分で思っているわけで・す・か?」とか言う。私はそれ聞いた瞬間マジで面白すぎて笑ってたけど、教室は凍りついたよねwまぁ、後で帰国の子が「make sense してないのはお前のファッションだよ」とつぶやいてて余計笑ったけど。
そして、裏シラバス、授業アンケートの結果はひどい。この先生の授業はヤバイ、もし1年で配属になったら諦めるのもひとつの手、みたく書かれてたりとかね。

英語の再履修は、自分の好きな選択がとれる。かなりたくさんの授業が開講されていて、それこそネイティブとのオーラルコミュニケーションから映画の授業、資格試験対策、時間さえあえば、何をとっても再履修として単位がもらえる。そしてTOEFLスコアは私の場合はすべての授業を取っていいレベルなので、楽単しようとすればできた。
だけど、私はわざと、その先生が開講してる授業を選んだ。なんだか、去年の授業に背伸びして食らいついてった的なのが、自分の中ではうっとおしいけど少し面白かったから。それを学科のみんなに言うと、「うら、マジでバカ?これで落としたら次ないんだよ」とか「マジ勇者!かっこいい!」とか、いろんな意見をもらった笑
で、第一回目の授業。選択科目だけに、集まったのは7名wきっと来週から人は減るので、どうせ5人とかのクラスになるんだろうな...しかも、初見の文章で意味不明な英文をいきなり訳させられたのに、すらすらできちゃう子ばっかり集まってて、私は泣きそうになった。

でも、先生は私のことをばっちり覚えてたらしく、教室に入って私と目が会った瞬間苦笑い。そして、「うらさんあなたはね、英語できるのよ、センスはいいの。ただね、予習とテスト勉強しなさすぎ、やりなさい!」とか、初回から怒られた。ちょっとバカみたいな意地のはり方で無理やりとった授業だけど、今年もがんばろうと思う。確かに先生はきっついし内容は私にとっちゃ難しすぎるくらいだけど、こういう、少しゲーム感覚のチャレンジャー的な選択が、楽しかったりする。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
なんか褥瘡の状態が変化してきた。今までは、真っ黒でかったい感じで叩くとコンコンと音がするくらいだったのが、生きてる部分の皮膚とその褥瘡の間から出血し、しかも新しい皮膚ができつつある。来週の火曜日に手術だから、できるだけそれまでによくなればいいのだけど。

昨日は学校へ3時限分言った後、1コマだけ塾のバイトに復帰した。学校は、正直つらかった。別に何が辛いというわけではないのだけど、とにかく「とびたい」「意識を無くしたい」発作が激しくてなんども持ち歩いているマイスリーに手をつけそうになった。昨日は同じ学科の子とはだいたい別授業だったから、人から辺に思われて損することはなかったので、そういった損得勘定も働いた。だけど、夜の塾バイトを考えるとそれはやってはいけない。結局、なんとかかんとか我慢し、夜10時に帰宅するまでシラフでいれた。良かったよ、マジで。

最近、多分精神的要因も大きいのだろうけれど、ものすごく身体がだるく、歩くこと、立つこと、座っていること、すべてがきつくて仕方がない。体重はほぼ元にもどったし、極端な寝不足でもないから、きっとなにか身体の深部が拒否しているのだと思う、身体を動かすことをね。
だから、満員電車や、満員電車でなくても座れない電車等はそうとうに体力を消耗する。だけど、私の前に高齢の方とか疲れてそうな方とか、何人か連れできていて席が足りない人を見ると、すぐゆずってしまう。癖もあるんだけど、それよりも、なんとなく「譲れよオーラ」を察知しちゃうから笑←マジでいるでしょこういうヤツ

そして、私に向けられる理由は大体わかる。私は電車内でぼーっとしてることが多くて、ケータイとにらめっこはしない。で、見た目、元気そう。で、お人好しそうな先の弱い顔をしている(←これは知りませんけどw)。そういったわけで、「こいつなら譲ってくれそう」みたく思われているのかもしれないなぁと、被害妄想的におもうんだ。
だけどね、私は今、それどころではない。マジで、こちらが譲って欲しいくらいだ,,,なんだけど、誰が見ても、私は具合悪そうに見えない。そこで思った。「見えない障害」。
私は、同病者の方から、赤に白の十字とハートのマークの、東京都福祉保健局が配布しているヘルプマークを頂いた。見えない障害バッジ、というものも頂いた。前者のものはかなり目立つので、今日からバッグにつけて通学しようと思う...というのは、実は、学校で多分経営学部?かなんかの上級生が、彼女見た目はギャルなんだけどその赤マークをつけていたから。あぁ、彼女、結構ちゃらい格好だけど何か疾患があるんだ、私は分かった。

わかる人がわかれば、今はそれでよい。私はめちゃ元気。見た目は、そして人当たりも。
だけどね、やっぱ、社会生活はやりづらく身体の消耗も半端無かったりする。甘えかもしれない、だけど、1人でも、自分の状況を伝える相手ができれば、それが小さなものであれ、なにか前進する気もするんんだ。

つうことで、つけて、行ってきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
今日は朝イチで病院。4月最初の解離のことを言うと、かなりの増薬をされた。デパケンがいつもの2倍になり、眠剤にマイスリーが追加になり、しかもセロクエルが1日に3回(25㎎ずつかな?)が出て、その副作用止めなども出た。まぁ、マイスリーとロヒ以外はすべて捨てたけど笑 
解離のことを言ったのは、薬が欲しかったから。眠剤か、できればデパスとかそっち系のが欲しかったわけで、さ。

その後は学校で午後いっぱい授業を受け、帰ってきて例の方と会っている。今日はかなり自分のドープな部分を話してしまったので、嫌われ、きっと離れて行かれるのだろうな、と今この瞬間恐怖している。覚悟しなきゃなんないことだとはわかっていたし、コントロールするために、人とは距離をおかねばならないことはじゅうじゅう承知しているはずなのに、ね。依存してる、完全に。
だったら、今からすぐ、ロヒをお酒で飲むほうがいい、きっと。

さっきから何を書いているのだろう、もうわけがわからない。
普通に生活するのが苦しい。でも物質にも人にも依存できない。いつのまにか、私はとてもとても弱くなった。
もどそう。切らなきゃ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
今日は何を書いても愚痴になるのだろうな。
今日から授業が始まった。学校では、友達と話したりとか他の学生に混ざれば平常心でいられた。3時限分、ちゃんと受けて帰ってくることができた。一応、今日は乗り切ったよ。

昨日の夕方から夜にかけては最悪だった。
夕方4時くらいから、ロヒをお酒で入れても全く効かず、夜9時ごろにはまったくいてもたってもいられず、部屋を歩きまわり叫びかけて、何がなんだかわからなくなった。残っている眠剤をすべて飲もうかと思ったけれど、私は大学に行きたいという気持ちが強かったので、それはしなかった。
だけど、このままでは自分を保つことができないのは目に見えていた。じーさんに電話したけど、不在。だから、県内でやっている夜間の精神科に電話をするも、まったく電話がつながらなかった。都内の機関に電話しても断られ、その他の機関にも断られた。オカンが救急車を呼ぼうとしてくれ、実際に呼んでくれたけど、途中で私が断った。意識ははっきりしていたし、第一、どの機関の職員さんも、私の話方を聞いて、「どなたが具合悪いのですか」とか「ご関係は」的なことを聴かれ、「いや自分なんすけど」っつう会話を繰り返したため、きっと私の今の状況は大したことないんだなぁと思ってしまった、つうのもある笑

結局、昨日も例の人に来てもらってしまった。わけがわからない私に、また付き合ってくれておかげで今日は学校に行くことができた。このまま依存しそうで怖いけれど、まずは今大変な状況な彼のことを考えねばならないのはこちらも承知しているので、それはしない。無理をして、私が潰れても、彼を追い詰めることはしまい、と誓う。

まだまだ、歩くことや日常生活にたくさん支障はある。体力的にもそうだし、今は精神的にかなり問題があると思う。今日は、いてもたってもいられず、ひどいツイートを繰り返してしまった。それを振り返って、今日はもう、寝てみよう、きっと、寝れないだろうけど、ね笑

-昨日の夜1
未遂をしなければ、ODをしなければ、このくそみたいな心持ちや焦燥感は誰にも何も思われない。救急外来、すべてに断られた。もっと狂えばいい?もっと飲めばいい?
ふざけんな。我慢損じゃねぇかよ。
こんな世界
つぶれろ。
みんな頼むから死んでくれ。

-昨日の夜2
解離してくれ。
もう意識がなくなってほしい、でも死にたくない。明日からの大学、行きたい。
でも今は全て無くしたい損ないたい失いたい。解離してくれ。

-昨日の夜3
季節のせいとか、疲れのせいとか、そうね、理由がなきゃ辛くなっちゃいけないんだね。
恵まれててクソみたいなだらけた生活の底辺人間は辛くなる権利はないらしいよマジでさ。
世界が破壊されないなら自分を破壊するしかないでしょ。

-昨日の夜4
「持ち直してるんで!」「大丈夫です^ ^」私が明るくいうとみんな信じる笑
超楽しい。
これで死ねば完璧でしょう。
クソめ、後悔しろよバカ共

-今日の学校へ行った直後
なんでみんなしらふでいられるの?大学。
無理だよ。「みんな内心では大変なんだよ」ってそりゃそうかもだけど、私の今は、たぶんそういった次元を通り越している。
解離してくれ自分を離れたい。もう、無理です。なんでもするから、離してほしい。

病んでだ笑 でも今はかなり回復してる。きっと、明日はだいじょうぶ、そう信じて、今日は終わり。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
今週から本格的に学校が始まる。先週はガイダンスを聞き履修を考え、ようやく2年生が始まるという実感を持った。
土曜日は千葉オフでいつもの素敵な方々と会え、新たな出会いもあったし、昨日は数年来の病院仲間と集まって話をすることができた。来週の手術前検査も完了したし、無理なく日々が進んでいる...はずなのに。

退院してから、気持がまったく落ち着かずにそわそわして生きている心地がしない。躁鬱でいえば、きっと「混合状態」といわれるものなんだと思う。頭がとにかく重くて、行動するまでにものすごい気力を要するし、頭の中や自分をきとりまく空気が常にざわつき、意味がわからない。
だから、私はロヒプノールを噛む。ひどい時は2㎎、あとは割って1㎎。もちろん、ワインとか、度数の強めなお酒で。学校へ行く前、病院へ行く前、起きてすぐ、人と会いに行く前、寝る前。いつでも飲む。眠くするためなどではなく、少しでも頭の重さや自分をとりまく空気を感じないようにするために、ね。もうシラフでは生きられないんだ。そして、ロヒプノールとか、ああいった飛び方を覚えてしまうといくら強いお酒飲んだって気が済まなくなる。つまり、私は眠剤に依存しつつある。

昨日の夜中、例の人が仕事帰りに私のアパートへ来て一晩一緒にいてくれた。音楽を聞き、おしゃべりをして、そしてとなりで寝てもらった。もちろん、とても安心したしありがたかった、だけど。だけど、薬には勝らない。私は明け方に眠剤をお酒で入れた。寝るためではなく、現実から少しでも逃避するためにね、大切で私のことを何よりも考えてくれる人間の前ですら、そういうことをした。
だけど、例の人は分かっている。何かに...つまり、いわゆる「薬物」に依存するということがどういうことか、依存した人がどうなるか、そして、それは一生ついて回ることとか。誰よりも、知っている人なんだ。だからやめろとも批判も非難も何もしなかった。私はその態度に多いに救われたんだ。

薬で意識が飛び、解離に近い状態までになり、それなしではいられない。本当は、まともならば、病院に行くべき事態だろう。じーさんに言って、何かしらの処置をしてもらったりとか、さ。だけど私はそれは何か違う気がするんだ。薬を使う理由は完全に「この世界がきつすぎるから」。そうしている間に、依存に陥り、今度は薬の効果が切れるのが怖くて薬を使うようになる、最終的には、使うことが生活の一部になる。ご飯を食べるのとか寝るのとか、そういうのと同じレベルで活動するために、燃料として眠剤を入れるようになる。私はその手前まで来ている。
それでも、生きねば、学校へ行って、普通の顔をして一般的な生活を送ることをしなければならないのであれば、私はいくらでも利用しようと思う、今は。

きっと、薬物やアルコールにはまる人は、何かの二次障害なのだろうな、生きにくい何かを持ち、何かが欠落しているせいで耐えられなくなり、それが目に見える依存という形で表面化しているのだろう、と思った。私が少し違うのは、私は眠剤とともに、それを受け入れて見ていてくれる例の人にも依存しているということ。人にまた馬鹿な依存をしてしまうくらいなら、自分を何らかの形で損なったほうがマシだと、思う。そこが、物質依存と人への依存の違いだと、思うんだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
シラフのままじゃいられない。
昨日は学校のガイダンスだっだのだけど、ワインとマイスリー10㎎を飲んでから行った。ぼーっとしていて、どうやって学校にいったかとか、微妙にしか覚えていない。
まぁ、学校に着く頃にはマシになっていて、オリエンテーション時はもう平気ではあった、もちろんだるいし少しの眠気はあったけど、学校の友達に感付かれるほどではなかった。

朝からヤバイとは思ってた。だから、学校に行く前にじーさんのいるハエ病院に電話して、夕方なら診察うけれると確認をとった。診察なんてどうでもよくて、本当はデパスとか、まぁまぁ飛ぶ系の薬がほしかっただけ。今、ロヒはあるのだけれどもさすがに学校に飲んでったら何か失言失態犯す気がして、やだからね。
なんだけど、ガイダンスが思いの外かかってしまったので病院には行けなかった。なので、家に帰ったら迷わずロヒとワインを飲んだ。

そこから先、ほとんど記憶がない。気がついたらあの街にいた。電車で1時間弱はかかるのだけど、どうやってどういう経路で行ったか、まったく記憶にない。第一、なぜ行ったかも記憶にない。ただ、そこでYと会った。で、なぜか今回は少しの暴力があった。逃げたのだけど、まぁいろいろ警察沙汰的なこともあって逃げきれず、結果例の人のコネで助けてもらった。これに関しては信じてもらえないような話だから別に書く気ないけどね。とにかく、家には帰れずに例の人の家に泊めてもらうこととなり、先ほど帰宅。

問題は、私が本当に覚えていないということ。詳しう言うと、午後4時から9時までの記憶がまったと言っていいほどない。発信履歴、着信履歴、いる場所、なぜそこにいて誰それに電話かけたとか、本当に知らないんだ。
驚いたのは、朝学校へ行く前に外に干した洗濯物が、さっき帰宅したら中干しになっていたこと、部屋がしっかり整頓されていたこと。私はロヒのODはかなりの常習だし、ひどい時には6㎎噛みながら学校で授業を受けレポート作成してた、けど、ぼんやりとはなんとなく覚えていた。今回は、まったくと言っていいほど覚えていない。例の人に指摘されたり、私が送ったメールを見せられたりしても、記憶はもどらなかった。

これは、果たしてロヒのせいだけなのかな、と思う。病名に、解離性障害、とある。私はこれについてまだほとんど調べていないので、無知に等しい、そしてそんな症例を持った人にはなかなか会わない(解離性同一性人格障害ならば2人友達にいるけれど)。だから、これが解離に入るかどうか、よくわからない。
ただしどちらにしろ言えるのは、今回は例の人のコネクションや彼がかなり動いてくれたために事なきを得た、だけどそうでなかった場合。これからそうでなく、まったく関係のない場所でこのようないわゆる「解離」が出た時。死ぬかもしれないな、と思った。
ま、とにかく今は無事。これから形成外科からの、学校。いかなきゃ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
さぁ早くも4月。今日でこのブログ開設1年が経った。うん、昔のブログを含めるともう2年10ヶ月くらいやっていることになり、よくここまで続いたなぁと自分で感心する。
ってことで、ここで半年に一度の自己紹介をしてみる。まず、昨年の10月までの経歴は2014年4月2日の記事2014年10月7日の記事の2つの記事に書いてあるので割愛。

まずはその後のことね。
2014年の10月、私の25歳の誕生日に、当時の私を揺るがすような事件があり、1ヶ月間ほど大暴走。Yという自分の一部にもなりかけた人間を殺そうと画策して解離を起こし、人生10回目の精神科入院。
このとき、解離性障害と診断され、21歳ごろにYから受けたDVによるPTSDがあると判明した。
2015年2月23日、特に理由はないけれども自殺未遂を起こす。約4日間意識不明で危なかったらしい。昨日(3月31日)まで30日間、精神科に11回目の入院を果たす笑
ってな感じで今に至る。

つまり、病歴としては
18歳で適応障害、摂食障害(どちらも20歳で完治)
21歳で双極性障害Ⅱ型
23歳で境界性人格障害
24歳で広汎性発達障害
25歳で解離性障害、PTSD
と、それぞれ診断されている。今は、BPDはほとんど言われなくなったけれど、確かにひどいときは自分で調べて文献を読んでもかなりあきらかな症状があったと思う。ただ、私は病名にほとんどこだわっていないので、自分が上記のどの病気、障害にあてはまろうともどうでもいいことだと思っている。躁鬱にしたって発達障害にしたって、本に書いてあるような主たる症状はかなり薄く、本当に自分はこの障害があるのかなと半信半疑になってしまうほどだから。
はっきり言って、まったく真剣ではない精神病患者だね。

他、今の自分の状況について。
私は25歳なんだけど、去年大学に入学したんで今年で大学2年生。都内の私立大学、文学部心理学科に通ってる。
自殺未遂常習犯でかなり学校は休んでしまったりしるけれど、周りの協力でなんとか1年を終えることができた。学校の友達には、病気や未遂的なことは完全に伏せていて、身体が弱いので入院することが多い、くらいに伝えてある。ただし、単位の関係上、専門科目の教授には診断書で双極性障害、解離性障害、そして自殺未遂をしたことが伝わっている。まぁ、心理系の教授なのでそこは大丈夫でしょう、と思ってるけどね。
バイト先(塾の講師)にも、もちろんクローズでやっている。多分私は、病気だ障害だ言わなくても、24歳で大学進学したことやいつもの言動で、「普通ではない」のレッテルを貼られているわけだし、小さい頃からその傾向はあったので、少しおかしな奴と認識されているだろうと思う。だから正直、クローズでもあまり不自由してはいない。現在は、実家の隣の市で一人暮らししてる。

私はほとんど人見知りや物怖じをしないタイプらしく、誰とでもしゃべってしまう傾向がある。そして全くと言っていいほどうつがなく、ベースが少し躁に寄っているらしいので対人の場ではテンションが高め。なので、自分の周りにはなんやかた、人がいてくれることが多い。それで疲れることももちろんあるけれど、おかげ様でピンチの時は必ず誰かが助けてくれるというかなり恵まれた体質をしてる。なので、今まで25年間、曲がりなりにも生きてこれたんじゃないかな、と思っている。

これと言った趣味はないけれど、音楽聴くのが好き。もともと、ミドルスクール(80年代の終わり〜90年代なかば)ヒップホップが好きだったのだけど、最近は70〜80年代のファンクやソウルにハマっている。なかなかCDがないので、去年、ターンテーブルを2台買って、それからゆっくりとレコード収集をしてます。あとは、本読むの結構好き。最近は村上龍にはまってる。

そんな感じです。1年間ブログを続けてこれたのは
読んでくれてる人、リアルやコメント上やその他の場で感想を伝えてくれる人、のおかげです。これからもよろしく。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村