Take it EZ! セカンドダンジョン

想定外過ぎて、精神がわけわからないことになってきた。
昨日、例の人から電話があった。塾終わりに、数回の知らない番号からの着信に気がついてかけ直してみたら、彼だった。私は、一つの可能性を普通に見過ごしていた。まさか、それが可能だとは思わなかったので、とても驚いた。

電話だけでは、やはり状況はわからないものの、私は電話口で「よかったぁ、よかったぁ、本当によかったぁ」を繰り替えすしかできなかった。他のことも話した気がするけれど、一つひとつの会話が終わるごとに、よかったぁと何度も言ってた気がする。
3ヶ月ぶり。なのに、例の人は「体調はどう?」「今日はなにか変わったことあった?」って、前と変わらない調子で話してきた。大丈夫じゃないよ、変わったことは今おこっているでしょう?そう思ったけれど、言わずに、私のことは今、どうでもいいでしょう、と言っておいた。
明日、会える。何を言おう、何から話せばいいんだろう、きっと、私は例の人を気遣うべきなのに、自分の思い(ってか恨みつらみ)をぶちまけることになりそうで怖い。でも、開き直っている。きっと、この3ヶ月こそ、私のある意味での精神の力が試されたんだと思っている。そして、私はそれに負けた。例の人は負けなかった。だから、ここでさよならでも仕方がないと覚悟しているから。

昨日の夜は落ち着かず、何かを誰かに話したくてたまらなくて、でも夜中だったわけでそれもかなわず、結果、フランス語の音読をしていた← しゃべってないと落ち着かないからさ。
きっと今日も何をしてもうわの空の1日になるだろう、でも、少しでも冷静になって、明日の「さよなら」または、「またよろしく」に備えなきゃならない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
うーん、筋肉痛笑 スポッチャのせいだね。
昨日は一度帰ってきて14時。その後すぐに塾で夜22時に帰り、ばたっと寝た。結果、37時間起きていたというわけで、相当疲弊しました。けど今日は10時まで寝てられたんで幸せ。関東は雪だというけれど、ここは海沿いだからか降ってないし積もってもない。

昨日、ブログに書いたとおり、例の人に「会った」。3ヶ月ぶりだった。
もちろん会話などはできるはずがないのだけど、姿を見たのと声を聞いたのでとりあえずはよかった。なんつうか、ああいう場でも、彼らしいというか、しゃべりも態度もいつもどおりなところにびっくりした。攻撃的なのかテキトウなのかふざけてんのか、っていうギリギリのラインで、でも言葉遣いとか口調ははっきりしていて品は欠かず、保っていた。
強いなと思う、もう1ヶ月以上前だけど、そのときに届いた手紙の文面を読むと、もう少し弱い感じになっているのかと思ってた。多分、本人も相当無理してるんだろうな、でも今まで積み上げてきた(いい悪いは別にして)もののほとんど全部をなくしても「自分」でいられるというのは、まぁあっぱれな精神だと思う。なんだか、感心するを通り越して、呆れた。あとプラス20日ほどはまともに会えないであろうことが決まった。

最後の最後、出て行く時に一瞬振り返った。わざとらしい振り返り方で、少しだけ、笑んだ気がしたけど私の気のせいかもしれない。彼の私にはまだ隠しておきたかったであろう過去や、つい最近までの状況を私が知ることになってしまった。
へえ、そうなんだ、それが理由?私に言ってたことと少し違うくない?そんな過去があったんだへぇ。彼女とはそういう感じだったのね、そう。なんか笑えてきた。この人は、本当のことを小出しにしたり少しぼかしたりして私にしゃべってたんだ、これもウソと本当のギリギリのラインで事実を言って。

さあ、次に会ったら何から話そう。
ムカつく。この人は私が一番突かれたら痛い部分を知ってる上で近づいてきた。はじめから相当不公平な人間関係。自分の単純さ加減に腹が立つし、人生経験のほとんどない私に対して姑息な手段をつかってきたこの人にも腹が立つ。
でも、これで逆転かな。ごめんね私だって、ない知恵を絞って少しずつ「対抗手段」を探すよ。
前に、この人は私と利害関係のない場で人間関係を築きたいと言ってきた。でも私はそのときも今も、常に心にはバリアが張ってある。ってか、基本誰に対しても張ってあるバリアを、この人に対しても解いていないだけだけどさ。まだまだ信用しきれないね。

まだ、頭がごちゃごちゃしてる。
オールの疲れと眠さをなんとかごまかし、それと塾でテンション上げてかなきゃなんないことに追い回されて、昨日はこの人や昨日見たこと聞いたことに対してまともな感想や考えを持つことが困難だった。
今日、朝クソ寒い部屋で目ざめたとき、久しぶりに気分最低で死にたくなった。理由がわからないけれど、この人のことが少し引っかかっていることは確か。
とても長く、緊張がとけなくて心臓にわるい1時間、それを自分なりに整理するという精神的に辛い作業をして、会いに行こう。苛ついたりムカついたり、緊張したり。それは、この人のことをただの興味の対象として、精神的距離を保って見られていない証拠だ。
きっと、人として、見ているんだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
分裂が起こりかけている、また。仕方がない、話しだし、自分で決めたことだから仕方ないけど、さ。

昨日から、学科の友達と「スポッチャ」でオールして遊んだ。夕方塾だったんで、夜中に台場まで行って。楽しかった、ダーツとか、ビリヤードとか、バスケにバドミントンに、屋外でテニスやって、男子組がどっかのグループとフットサルの対戦してるの見たり。私はこういった楽しみ方とか、そう、ダーツのやり方もビリヤードも、何もわからなくて全部みんなに教えてもらった。私がダントツ年上なのに、精神年齢もはしゃぎ方も、一番幼い気がした。やっぱ、失いたくないなぁと思う、遊びはやるけど、彼らは勉強もしっかりやる、素敵な子達だと思う、優しくてまっすぐ、そりゃ、短所もそれぞれあるけれど、私は友達になれて本当に良かったと思ってる。

昨日はそんなんだから、夕方まで寝ていて塾1コマだけ行って、そのまま遊び行った。今日は朝一でみんなとご飯食べて帰って来たかったけど、それはできないことは前からわかっていた。
今日は、例の人のことで大きく動くはずの、日だから。
みんなにバイバイして始発の電車に乗り、いつもの隣の街へ来た。体力温存のためにファミレスで少し休みながら授業の準備して、そしてこの間下見した場所へ行ってみる。もしかしたら今日も不発かもしれない、と怖かったけど、読みはあっていた、やはり今日だ。

今日と確認したら、よけいに怖くなった。
どうしよう、ってか私、いったい何をしているのだろう。何がしたいのだろう。私は今まで、例の人とは2人でしか会ったことがなく、他の存在を知らない。もし、それを見てしまったら。彼が、私に見られたくなかったとしたら。
終わってしまう気がする。

だけど同時に、私は彼に約束した。私は最後まで見届けましょう、過去のことや、今までの生き方...つまり、私が興味を持った部分の生き方に、ケリをつけるまでは見ているよと。
だから、今日は見なきゃなんないと思うし、私はそれをしていい人間だとも思う。
1時間後、始まる。とても怖い、こんな緊張と恐怖は久しぶりだ。

それが終わったら、帰ってソッコーで塾へ行かなきゃ。
昨日から今日までで、36時間程度は寝られないはず。体力的にもキツイ、でもそれは慣れているから大丈夫。
本当に怖いのは、体力が落ちているところに、精神的な大きな負荷がかかった場合、とても潰れやすくなるということ。
今日は、持ちこたえられますように。

思い出そ、昨日の夜から今日の朝まで、すっごく楽しかったじゃん?私には、あちらにもしっかりと場所があるんだよ。今日も塾に、あの子らが来るわけじゃん?元気出してさ、自分も元気をもらえるから。

分裂しているけど、分裂していて良かったと思う、ある面がある面を補える。

関係ないけれど、昨日、このブログがどっかの掲示板に出ちゃってて、「援交女、ヤクザの女」と書かれていたけど、これを見ればわかるでしょ?
私はそんなに気合の入った人間じゃないし、普通と少しグレーとの間でどうしていいかわからなくなって右往左往してる、ただのチキンだよ。本当は、もっと強くなってどこでも私は私だと胸を張りたいけど、ダメみたい。でもだからこそ、一つ一つの場の人間が大切で、失いたくないと思えるのだとも、思う。自分がいる、あらゆる場の人間に、支えてもらってここにいれるんだからさ。

がんばろ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
さかのぼって入院中。
実は、入院中に1回、外来の待合室で知らない男とすげー喧嘩した。あとから考えるとなんかコントみたいなことになっちゃって、私が大人げないなぁで終わるんだけどね。

退院まであと10日くらいになった日、外来の待合室でだらだらケータイいじってると(入院患者は外来や外来喫煙室に行ってもOK)、初めて見る巨漢が、受付に向かって騒いでた。今オレの名前呼びました?、みたいなことね。もちろん、受付の人は呼んでなかった。そのうち、なんか1人で騒ぎだす。お前らは◯◯って本読んだことあるのかよ!?みたいなね。まぁ、こういう人けっこういるのでみんな放っておいた。そしたら、今度は受付に「今オレのこと見て笑ってただろう」みたいないちゃもんつけ始めた。そんで受付が否定すると、こんどは外来にいる患者やその家族に向かって、「今オレのことなんか言ってたヤツは誰だ!?みたいなこと言い始め、あろうことか、私に向かってくる。で、私、はぁ?何も言ってないじゃん、みたいに返すと、なんか騒ぎつつ、私の座ってる椅子をなんどか蹴ってきた。巨漢。ものに当たる。脅す。あーあ、Yそっくり...と思ったら、身体が反応した。

気がついたら、胸ぐら掴んでた。で、私も負けじと大声だす。てめぇ、何言いがかりつけてんだよ、さっきからうっせんだよこのやろ、くらいは言った気がする。その巨漢、こんどはへらへら笑い出したのでさらにムカついて、てめぇ何笑ってんだよ気持ちわりぃなこのやろう、そのサングラスはずせよコラ、ってまったく関係ないサングラスにいちゃもんつけてみた。
そしたら、男の職員がとんできて、落ち着いて、みたいなこと言ってひきはなそうとするから、私は引き離される前にそいつのサングラスぶんどって、胸ぐら掴んでないほうの手で、折っちゃたてへぺろ。
で、まだむかついてたので、マジお前、死ねよ、クズ、くらいは更に言った。で、もういいか、と思って離した。そしたらその巨漢、一回死んだことあるよ、みたいなわけわかんないこと言い出したんで、私も反射的に、「私もだよ」と返す。
その巨漢、すぐにどっかにつれて行かれたんだけど、そのとき、「あの女は信用できる」みたいなわけわかんないこと言ってた、マジでよけいなお世話だよ、めんどくさいw

その後すぐ、じーさんが来て、どうした、って聞くからあぁあいつYに似てるでしょ、と答えるとすげーあきれて帰ってった。今回は向こうが喧嘩うってきたわけだし、私は危機を感じたからやり返したわけで、とくにお咎め無しだった。

その後、私が外泊から帰ると、病棟の看護師長に呼び出され、なんか気を使われた。このあいだあなたが喧嘩した外来の男性ね、数日前からこの病棟に入院したのね、でも今は落ち着いてるし何もしてこないから安心していいんだけど、驚いたり嫌な気持ちになったらごめんね、みたくね。
まぁ、いいっすよ、とは言ったんだけど、そいつの食堂の席が私の目の前だったんだよね。仕方ない、と思いつつ、ま、また喧嘩うってきたらまたやればいいか、と思ったので気にしなかった。
で、その巨漢。超、おとなしくなってた。ご飯のときも一度も顔あげず、ゆっくりと丁寧に食べてるし、静かに歩くし。あー、やっぱ、病状だったのね、と思うと、本当申し訳ないw まぁ私の攻撃性も「病状」なんで仕方ないっしょ、みたく自分の中で言い訳して、そんでその件は終了。

みたいなね、普通に入院してるのに、何かにいつも巻き込まれる、っていう私でした、うーん、かならずっていいほど他の患者(しかも初見)にすげー嫌われたり絡まれたりするんだけど、私の何が悪いのかわからん。けど、次からは大人げのある対処をします申し訳ない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
もーふんだり蹴ったりの半日。「1日」、と言いたいところだけど、これから塾なんで、そこでは平和にすごせますようにの願いを込めて、ふんだり蹴ったりは半日だと言ってみる。

多分今週、例の人の件で動きがあると読んだので、今日はそこに行ってみた。初めて行ったけど、そんなに「怖い」ところじゃなくてよかった。結局、今日ではなかったけどさ、だから例の街のいつものところ行ったんだけど、なんとそっちにもいなかった。顔見知りになった職員さんが居場所を教えてくれて、そしたらその場所はさっきの駅でしかもさっき初めて行った場所のとなりで、おいーって感じ。ソッコー引き返す。
こちらも、初めて行った。こっちの方がなんか「怖い・暗い」場所だった。しかも、制限が厳しくてまだ会うこともできないわ、せっかく持ってったものもほとんどアウトで、買い直しだわで。
そんなことしてて、朝イチで出かけたにもかかわらず帰ってきたのは15時。しかもほとんどが移動時間。望みが限りなく薄いのにこんなことしてる自分がアホみたいだけど、ことが起こった日から10回以上はトライしてることになる。

退院してから明日でちょうど1週間。なんかほぼ何にもしてない1週間だった。塾行って他一回友達と会って、そんなもん。やりたいなぁと思っていることは体力不足でほとんどできてないし、ダメ大学生だと思う。
私は、小さいころから身体がそこまで丈夫ではない。運動は好きだし人並にやれるけど、なんていうか体力がない。インフルエンザとかも真っ先になるタイプだし、疲れるとお腹が痛くなって腸炎とかになって、挙句、高熱がでる、みたいなことを10代のころは毎年やってた気がする。今も簡単に風邪をひく。
それでも、人よりも行動量が少ないっていうのがとても嫌で、怠けているみたいに感じて、だから行動量だけは多かった。学校にいたころも、仕事してたころも。でも、例えば高校のころとかは部活やって帰ってくると勉強どころじゃなくて、ばたって寝ちゃうこと多かった(つかほぼ毎日)し、仕事してたころなんか22時ごろになると疲れのピークに達して風呂も入れなくなることあった。休みの日なんて基本寝てるだけ。

やる気の問題で片付けていたし、自分に体力のないこと認めるのすごく嫌だったから見てみぬふりしてたけど、だんだん歳を食うごとに思う、そろそろ自分の体力を見極めなきゃ知らない内に過労死するかもしれない、つって。
精神的過労死なら何回もしてる気がするんだけど、気をつけなきゃ今度は体力落ちて変なウイルスとかもらって本気で身体の危機に直面することもありえそうで、今まで考えなかった自分の身体のコンディションについて考えてかなきゃなぁと思うんだ。
疲れすぎないようにするとか、疲れたら寝る時間を確保する、とか、それすらできてなくて目先のやるべきことややりたいことに夢中になって身体のこと無視してばっかりだったけど、まずはそれを改善しなきゃいけないと思う。つまり、計画的に何事も進めなきゃなんないわけだけど、これが最も苦手なんすよ私ハイ。まず、誘われたり頼まれたりすると、ほぼ断れないwどうにかしてやりくりして、相手に合わせることに必死になって、じゃあここは寝る時間けずろう、とかやってしまう。

それから食べ物とか身の回りの生活必需品とか、そういうものに無頓着すぎる気もする。そりゃ大切なものや長く使うものは時間かけて選ぶしこだわりも自分の中ではあるけど、その他のものって、時間ないから、って理由でこだわることなく手っ取り早くすませることだけ考えて選んでしまう。なんか、豊かじゃないなぁと思う。金がないとかそういう豊かじゃなくて、精神的なね。時間をかけて、選びに出向いたり取り寄せてみたり、手間をかける、ってこと、実はやってみたいし憧れるんだけど、どうしても効率の方向に目が行く。しかも、時間だけを考えた効率、ね。長期的に見れば、身体はぶっ壊すし金もなくなるという全く効率のないことしてるくせにね笑
前に、フランス語の先生が授業時間の半分くらいを使ってマヨネーズの作り方や紅茶の選び方を日本語で熱弁(フランスとはほとんど関係ない)してて、何もしらない私たちに「君たち豊かじゃないね〜」って言ってたけど、確かにそういう、生活の局面局面で、工夫したり楽しんだりできないっての続けてると味気ない人生になるんじゃないかなと少し怖くなったな。

せっかく時間のある大学時代、とくに休みの期間、あれやんなきゃ、だけじゃなくて、身体とか身近なことから整えていこうかなと思う。とか言って、明日はオールで大学の友達と遊んでくるw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
退院してからずっとYと会ってない。もう、別になんとも思わなくなった。そりゃ、思い出してムカつくときもあるし、死にたくなったらまた真っ先に電話してしまう気もするけれど、逆に言うと自分の精神が落ち着いているときは会いたくないし邪魔されたくないと思う。着拒は解いていないのであいつから私に連絡することできないのはいーねっ

例の人がいなくなってから、3ヶ月以上たった。早い気も遅い気もする。ただ、せいぜい1ヶ月、長くても2ヶ月くらいだと最初は思ってたのに予想外に伸びてしまったのは、部外者である私でもこたえた。多分、本人やもっと関係の近い人にとっては相当のダメージだと思う。きっと、まだ、あと1ヶ月以上は会えないのだろうなあと思う。今はできるだけその場所に行って、なんとか、待っていますということを伝えるしかない。

でも、この人はずるいと思う。あまりにひどいタイミングだったから。きっとそれはこの人のせいではないし、偶然が重なりまくった結果でしかないとは頭では理解しているけれど、気持ちの上では「わざと」で全部が計算されたことだ、と思ってしまう。
3週間と少し、毎日メールをした。たまに、短時間だけど会った。考え方等に惹かれた。
この人に、大きなことを気付かされた。Yとの関係やその後の自分のあり方について、私が自分のせいだと思っていたことを、覆してくれた。直接話したわけではないし、そういった話はメールでしかしたことないけれど、言葉を信じたいと思った。感謝した。
いなくなる直前まで会っていた。楽しかったので感謝した。消えた。

これはよくないことだと思う。
ありがとうと思わせておいて、連絡をたつ、消える。離れてもいつかまた普通に話せるから心配ないと思うような関係になる前に。心配させ、焦らせ、自分にいい意味でも悪い意味でも、関心を持たせる。つまり、心をはなさない。いいよ、これって結構みんなやってる「常套手段」だ。人を試し、その人が本気で自分を思っているならばほぼ確実にその人の心をキャッチできるような、そんな手段。だけど、普通は、本気で思っているとわかったらゆっくりと姿をあらわして、駆け引きを終了させるものだ。そうしないと、相手が壊れる。

この人は、偶然なんだけど、それを私にやった。
Yとは違い、この人とは日が浅いしこの人に対して私はなにもしていないという負い目みたいなのがあって、だから離れてしまえばもう会うことはできないかもしれない、と思っている。
心配させ、焦らせる状況に、いる。私の関心を惹きつけるには十分な状況にいる。そりゃ、最初のうち、私が心を離すことができず一生懸命になったのは仕方のないことだと思う。
でも、途中で気がついた。これは、あまりよくない状況だな、捕らえられているな、とさすがに気がつきはじめる。今度はそのタイミング、そのタイミングで、手紙が届く。私の小さな努力...会えないと分かって会いに行くことを、「無理しないで」といいつつ「唯一の楽しみ」という。
あぁ、そうですか、結果、私が無理せざるをえない状況に追い込むんだね、と笑っちゃう。無理しないでと言われれば無理したくなり、唯一の楽しみだと言われれば、自分のしてきたことは間違いじゃなかったんだから続けなきゃって、私はそう考える人間だ。そして、私の言葉は彼に伝わらない。

ずるいなぁと思う。そりゃ、例の人は今、私より何倍もつらい状況にいるってことは知っている。
だけど、それは一般的に辛いであろうと言われるからそういっているだけで、本物の辛さは比べられないものだと思う。その人はその人なりに辛いし、私は今の私の生活のなかで私なりに辛いしこの3ヶ月辛かった。
だから、こんな状況であってもどちらかがどちらかを精神的にしばっていいわけない。

だけど私は会いに行く。別に恩を売っているわけでも好かれようとしているわけでも離れられたくないと切実に思っているわけでもない、私はこの人の「やっていること」と「状況」に興味があるだけ...っていう建前なら、私らしいでしょう?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
やべぇ鬱だwとか言ったら怒られそうなの分かってるけど私にとっては鬱だから声を大にして言っていいと判断。
多分、私の「鬱だ」は、一般の大学生の「やばーい、試験前だぁ、マジ鬱」の「鬱」と大差ないレベルなのかなと思うけど。

退院してから、毎日塾のバイト行く以外なにもしてない。
給与の発生する仕事自体は3時間または4時間半なんだけど、その準備とか就業後の雑談とかで、結局、プラス1時間はそこにいるので往復も合わせて5〜6時間は費やすことになる。でも、それくらいしてないとマジ暇。
暇っつても、やりたいことはたくさんある。例の人のところへ行くこと、学生としての春休み、さすがに何もしないのはまずいから、とりあえず私も何かしらの語学(英語かフラ語だけど)の勉強しようかなと思ってるし、あとは部屋をもう少し機能的にしたいので家具がほしい。あと、読むべき本が2冊あるのだけど、ネットでも売り切れとかだから、どうにかして入手して読みたいこと、レコードもほしい。

意外とやりたいことはたくさんある。
でも、昨日、一昨日は夕方までひたすらぶっ倒れてた。朝、ゴミ出しや洗濯やシャワーのために8時には一度起きて行動するのだけど、後が続かない。1時間くらいで疲れたーなって、ベッドに戻る。で、だーらだーら3時間くらい起きてんのか寝てんのかわからない状況でぐずぐずして、そしたらさすがに時間になるんで食事用意して着替えてバイト行く、みたいなね。ダメですよこれ鬱ですよこれ。時間あってやりたいことあるのに寝てできないというのはダメなときですよ。

まぁ、上のは「やる気」がどんだけあんのかっつう問題でもあって、正直それらができないからと言って日常生活に支障をきたしているわけではない。でも、もう少しで日常生活に支障出るんじゃない、っていう状態も、あるにはある。
木曜から、1日の睡眠時間が8時間〜10時間になっている。長い。長すぎる。病院にいるときですら、ベゲB飲んで7時間半くらいなのに、今は眠剤フリーで何ものまないのにこんなに長時間。ありえない。10月から、アパートにいるときの平均睡眠時間は多分5時間を切っていたと思う。少しはきつかったけど、でも土日とかにたまに8時間とか寝る時間を確保できれば平日は5時間くらい寝られればやっていけた。それに比べると今は寝すぎ。

それから、音楽ね。気が付くと同じCDが3周くらい回ってた、みたいなやる気のない聴き方をしている。普段はもう少し意識して流すとか、夜はこれで寝る前はこんなのがいいんじゃないかとか思って流しているし、レコードを変える。なのに、それが面倒になってしまう。選んでセットして回す、っていうのが面倒で、ついついCDのリピート機能を使う。これでなんか虚しいなと思いながらそれしかできない時は、鬱傾向。

あとは、ブログを書かなくなること。ブログ書かなくなる、っていうか、それ以前にPCを開かなくなる笑 情報はひたすらiphoneに頼る。PC立ち上げるのがめんどくなるっていうね、究極のめんどくさがり精神発揮ですよ。
アパートではテレビを見ないので(クローゼットの中に閉まってる)、暇なときややる気のないときは1回読み終わった文庫本を読み直してる。軽めの小説とかエッセイね。なのに鬱っぽいと、読むスピードが相当に遅くなったり、同じ行を何度も読んだりしてる。

他、一番悪いのは、必要最低限以外、外に出なくなること。昨日、例の人のところに行かねば、と思いつつ、でも往復だけで2時間以上かかること思うとめんどくなって、中止してしまった。申し訳ない。それと、買い物や本屋にすら行かなくなる。もちろん、食材とかは必要だから買い物はするわけだけど、そのためだけに外にでるってことが嫌で塾の帰りに24時間営業のコンビニ型のスーパーみたいなとこに頼る。生鮮食品も売ってるからね。けど、昼間に普通のスーパーに行くよりお金かかっちゃうとわかっていながら昼間は外出たくなーい、つうのは鬱ですね。

身体にも出る。身体が火照るっていうか、体温調節ができなくなる感じね。明らかに寒いはずなのに、汗かいてたりとか、逆に身体がいつまでも温まらなかったりとか、なにかがおかしくなる。下腹部が張ったようになるし、肌荒れが最悪なことになったりとか、結構顕著に出るかもしれない。っていうか、先に身体がおかしくなって、あれ変だな風邪かなでも症状ねぇなー、とか思ってると、上のような精神的なめんどくさい症候群が発生してあぁ鬱なんだなと気がつくっていう順番。


そんな感じで今朝まで鬱っぽい状態だった。肌荒れは治らないし身体もなんかおかしいところはあるけれど、今日は結構マシ。こうやってPC開いてるし、今日はレコード選んで並べてタンテ2台で回し始めたし笑、昨日までよりいいかな。今日はバイトが早い時間に始まって終わるので、帰りに買い物できるなと。今日はバイト入れてなかったんだけど、さすがに今日一日暇してしまったら寝たきりになるんじゃないかと思い、昨日代役を探してた他の講師がいたので引き受けた...のが、まさかの科目だったので今から予習します笑

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
やべぇ暇だw塾は夕方からしかないし。
昨日、ようやく退院した。一昨日、学校から病院にもどってじーさんと40分くらい話して、昨日はカウンセリングして終了。
じーさんからは、大学はかならず続けるように言われた。そりゃ、そうしたいけどさ。私は普通の考えからはぶっ飛んでいる人間らしくて、かつ壊し屋なんだって。いいところまで行きそうになると、自分や周りの状況を壊したくてしかたなくなる。壊した先で何かが待っているように感じているらしい、それで求めているものは命の根源みたいなもので、それは自分を壊すことによって手に入ると、私のどこかが思っているって。でも、本当はそんなもの、はじめから「ここ」にあるわけで、壊すことはむしろ、どんどん自分を崩して本当に求めていることから離れていく行為でしかない、みたいなこと言ってた。あとは、デフォルト・モード・ネットワークがどうだとか、脳科学的な話をされたがちんぷんかんぷん。DMNに関してはこないだ生命科学の授業で習ったし、サイエンスZEROもみたんだけどなぁ、私の頭が悪すぎていまいち概念がわかりませんすみません。わかる人おしえてください。けど、DMNは認知症からうつ病、発達障害、精神疾患、いろんなものに関わっているらしくて、今かなり研究されているそうなので注目するべきものなのかなぁと思い、私も春休み中に勉強したいと思うことの一つです。

で、昨日のカウンセリングで思ったこと、の前に。こないだの心理検査の結果を見せてもらった。解離は正常値にはいった。PTSDは確定的。特に、心理的なダメージがほぼ満点。ただ、前回から、少しずつ、自分がされていた時の気持ち「嫌だった、みじめだった」等の発言が出ているらしくてそれはいい傾向だとのこと。
カウンセリングでは、退学したい(?)理由を言った。居心地が普通と逆の意味で悪いこととかさ。その話の中で、自分の小さいころからの考え方に触れた。カウンセラーさんが私の特徴的ないいところは、「誰にでも公平に接する」ことだと言ってくれた。これって、Yや例の人にも言われたことがある。Yからは偏見をしない、と言われたし、例の人からは「ゼロ目線のを持っている」と言われた。ピンとこないから、そんなもんかな、普通なんだけどな、と言ったら、例えば、の話をしてくれた。
病院の待合室で。私はヌマには結構たくさん知り合いや友達と言っていい人たちがいる。最初に入院したときに、私はヌマにすごく助けられた。そのときに一緒に入院していた人たちは大切な仲間だと思っているし、だからあいさつしたり一言二言言葉を交わすことは当たり前だし、気の合う人とは病院外でもあったりしてる。病院患者のネットワーク、私はそれがあってもいいものだと思ってるし、発生して当然のもんだと思ってる。

けど、意外なことに、私とかヌマの中でもそれなりに「しゃべれる」患者さんは、そうでない患者さんに「馴れ馴れしく」「友達と」認識されることが嫌だって思ってることが少なくないんだって。PSWさんや心理士さんや医者と、そういった患者さんと話すときはがらっと態度がかわることもしばしばなんだって。
で、私には全くそういうところがないし、むしろ待合室とか喫煙所でいろんな人に声かけられて、みんなと話してることって、稀有なことだと。
Yにとっては、21歳のときにYの過去を知っても別に態度を変えなかったことを言っているのかなぁと思う。例の人は、例の人の店やその人を避けるわけでなく興味を持って、どうにかして対等に渡り合おうとしていたことを言っているんだと思う。でも、私にも嫌いなやつやどうでもいいやつはいる。それは、どこの場でもいる。それこそ学校や過去の仕事や、病院や自助会、どこにでも好きなやつとどうでもいいやつと嫌いなやつが存在する。でも、「そこの場所」を嫌いになることは少ないと思う。そして、どんだけ嫌いなやつも、いいところや見習うべきところはあるように思う。きれいごと並べやがってと言われそうだけど、これが私のちいさいころからの価値観だから仕方ない。

でもね、私のこの価値観は、決してきれいごとじゃなくて、逆にとても無責任で汚いことだと知っている。
嫌いでない、大体のことは許容。例えば病院の中で、「それはどうなの」というような行動をとる(病状というよりは性格的な面でね)やつや、Yの過去の反社会的行為や私にした暴力の数々、例の人のこの間までの社会的に制裁を受けてしかるべき状況等々、そういったものと、その人のいい部分の人となりを、ごちゃごちゃにして考えてしまうから。その人方のなかにはいいところと、やっちゃいけない悪いところが存在しているはずなのに、でもこの人はこんなにいいところがあるからと、許容してしまう。結果、Yの私に対する暴力や精神的な圧迫を助長してしまうことになった。きっと、私が人を否定しないことで逆に人を追い詰めていること、気がつかないところであるのだろうと思う。つまり、人に対して禁止や注意ができない。
無責任。それによって人がよろしくない方向に行ったとして、責任とれるの、と聞かれたらそんなことできるわけないのに。人の中の、いいとこやっちゃだめなとこのせんびきができない、そして、人と自分のせんびきもできない。最低だと、思うんだ。
だからきっと、公平に接することって人をそのままに見ることと、いいところはきちっと認めて伝えながら、ある程度批判的に見ることと、それすべてが整ってようやくできることなんだと思う。私には一生できないことだと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
さぁ今日で今年度の学校は終わり!今日、最後の講義とテスト受けて、今週末までに一つ提出物しあげたら学校関連はもう心配いらない。単位は後期も4、5落としただろうけど、入院期間56日にしてはよくやったと思う。語学に関してはよくやってないので落としましたが。フラ語も死亡だからね、いつまでたっても語学に足を引っ張られる私はなんなの、みたいな。

で、今日で学校行くのはほぼなくなるので、今日は退学届けをもらってくる予定。
もちろん、まだ退学するかどうか決めたわけじゃない。春休み中にもっとちゃんと、時間をおいてから考えようと思ってる。今のところ、正直五分五分。
春休みに、学校の子たちと遊び行く予定がある。春休みも、塾の講師がんばるつもりもある。
学校、昨日は実験の発表とか、英語のスピーチとかあって、準備するのは大変だったけど苦じゃなかった。昨日から塾復帰したけど、他の講師の方々も、生徒も、暖かく迎えてくれた。
もし、学校をやめたらそういう温かい、人間関係が消える。どんだけ暖かくても、私にとっても彼らにとっても、しょせんは残念ながら、その「場」の人間関係だからさ。だけど、私はそれでも満足していたし、それどころか戸惑っていた。

これは自己卑下でもなんでもない。自己評価が厳しすぎるわけでも、自分のいる場所を過大評価しすぎているわけでもない。
ただ、本当の気持ち、今自分が「リアルのある側面」にいるのが、とても申し訳ない。そこは、とってもまっとうで、楽しくて、仲間の協力や力や優しさを受けて良くて私も堂々と彼らに協力したり共同したり、していい場だから。
中学も高校も、ほとんど一匹狼で、そんなこと学ばなかった。イベントや部活でも、言いたいことを言い合えない仲やぎくしゃくした人間関係...というか、「私がいること」によってぎくしゃくしてしまう場があった。だから、自分はなにか違うのだ、ここにいては、みんなが困るんだ、私が離れれば、もしかしたらペースはスローになるかもしれないけど、雰囲気とかは和気あいあいになってやりやすいんだろうな、私は別に厳しいわけでもなんでもないのに、場を崩す。ずっとそう思ってた。
仕事してもそうだった。同年代みたいに、少しちゃらちゃらするなんてできなかった。ベテランの人に食らいつく。私だって、なんか任せてもらえるようになりたい、「役に立つ」人間になりたい。「いていい」人間になりたい。

その一心でがんばった。普通の人は、そこに「いる」ことで認められる。でも私はそれじゃダメ。そこに「いる」ことは迷惑な(人ははっきりそう思ってなくても、私がいると空気がおかしくなるから)人間だから。だから、実質的に有益な人間になるしかない。
それは、評価につながった。そうやっている限り、最初は冷たくされてもだんだん評価はあがりいやすくなった、それと同時に私の人間性はどこかへ行った。

なのに、今は。「人間性が」受け入れられている。
学校では、私は実益をもたらさないバカ。頭悪いから、なんでもみんなについていくだけで精一杯。それでも、受け入れてもらえる。それは多分、私は学業も多分普通の生活をすることに対しても努力していて彼らが見えるところからはまっとうで、あと、私がある意味での「クッション」の役割を果たしているからじゃないかな、って自分で思う。いてもいなくてもいいかもしれないけど、いたほうがいい、みたいなね。私はひっそりと、でもさらっと中にいていい、中心的なことは何一つできなくても、場を持たせることなら協力できる、そのスタンスでいる。
受け入れてもらえている。人間性が。なにも言わなくても。塾でもそう。もちろん教えるスキルはまだまだ未熟。でも、元気さとか、人となりを見てくれる仲間。

なんでだよ。なんで、こんなことが私に許されるの。居心地が悪すぎる。こんなの知らない、知らなかった。
今更。25歳になった今、こんな環境に放り込まれても、私はそれにどう対処したらいいかわからないよ。どうやって、そこにもっと私がありがとう、って気持ちをつたえつつ、「いて」いいのか、どうやったら周りを周りが私にしてくれるように扱えるか、知らないんだよ。

だから、きつい。
居心地が悪くて、でも、一瞬1人になったり、「リアルの別の側面」に行けば今までどおりの私が待っている。自分らしい、有益でなければいてはいけない、どっちかというと「精神的弱肉強食」の世界。そっちで、ずるくても少し暴力的な手を使っても、いる、ほうが私らしくない?
10歳くらいから、ついこないだまで、普通の環境にいても私は世界はそういうものだと思ってた。適応のできない私がどうにかこの世界にいて許されるのは、なんとかして「役に立つ」人間になることだけだってさ、そうやって、やってきた。それが慣れていて、そうでなければどう生きていいかわからず、
死にたくなる。

ならば、元の状況に戻ったほうがいいのかもしれない、そう思う。こんなことで分裂して死にたくなる日々が続くのはもうたくさん。約半年の幸せと苦しさ、分裂、ありがとう、でももう十分だと思うんだよ。疲れた。

その意味での、退学。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村
うーん、この事態は笑
先々週(1/8くらいから)、身体が本当におかしかった。
前に、Yの家で吐いたこと書いたけど、あの時も吐く前からYに、お前なんか体調悪そう、って言われてた。自覚なしだったけど。
そりゃ、精神的な体調なら慢性的に悪いっすよええ。でも今回はなんつうか、身体がだめだった。身体がこわばる、震える、凝る、突っ張るような感じがしてうまく歩いたり階段上るりすることができない。ずっと目が回っている、車によったみたいにずっと気持ち悪い。だるい、だるい、反日動いただけでダウン、って感じ。最初は、環境の変化げ原因かと思ってた。入院中の、何もしなくてつかれれば寝てられる、っていう1ヶ月から、4,5日連続の外泊でしかも動き回る日々となったことが、疲れたのだと思った。けど、震えとか、身体の凝りやこわばり、っていうのはなんか違う気がして、原因考えたら、大きく3つ考えられるのね。

1つは、お酒。家では毎日ビール500缶+ワイン2杯くらい飲む。入院中は飲んでいないから弱くなって身体に悪くでた、とかかなと、けどピンと来ない。
2つ目は、眠剤。入院中は、ロヒ2㎎+ベゲBなんだけど、ベゲBは飲んだふりして吐き出してる。これは、ベゲBは口の中で溶けないから、って理由、本当はロヒをためたいんだけど、口の中に入れると溶けだしてしまうので、入院中は飲むしかないんだ。で、外泊中は逆にロヒ切り、ベゲBは入れ、をしていたため、ロヒの離脱症状かまたはベゲBの副作用なのかなぁと考えた。けど、これもなんだかなぁ。ロヒなんて、今まで遊び以外でちゃんと飲んでいなかったし、いまさらこんな離脱は...と違うような気がする。ベゲ副作用説については検討中、だけどね。
で、3つ目。デパケンの離脱症状。私はそもそもデパケン嫌いなんだけど、デパケン単体でいうと、この3年間は基本的にちゃんと飲んでいた。デパケンをゆっくり抜いてリーマスに変えたのは、1ヶ月くらいで。でも、リーマス、デパケンとラミクタールのどちらかの組み合わせはもう1年続けていた。なのにね、外泊中、デパケンをずっと抜いてた。どっちにせよ、1日200㎎だけだしあんま変わんなくね、って思って。でもね、正月の外泊、それから先週の外泊、デパケンを断った次の次の日くらいから、さっき書いたようなだるさや凝り、目が回る、なとがはじまっていたわけね。もしかしたらと思ってネットでみてみたら、数は少ないけれど「デパケンの離脱症状」で同じような症状がでて減薬がきつかった、て人、いるね。それも、「上半身のこり、だるさ、思考力の低下」など、私とほぼ同じ。まさか、これなのかなぁと思う。

で、昨日病院に帰ってきて、マジなだるさ+凝りのピークで横になるしかなくて、それで反省。夜、そんで今日の朝、ちゃんと飲んだ。気のせいかもだけど、今日は朝からテスト勉強はできたし異常なだるさも和らいだように感じる。...けど、こういったことが本当に薬が原因であれば、何か怖いなぁと感じる。ODをしまくってるヤツがいきなりなんだよ、って感じだけどさ、いつか、マジでデパケンをなくす、ってなる時、この苦痛、正直学校への往復だけでクソ辛い、をまた経験しなきゃなんないのかなと思うとぞっとするわ。
とは言え、お酒要因、ベゲ要因、ロヒ要因、環境要因もあるのでこれのせい、と決めつけるわけにはいかないし、すべての相乗効果なのかもわかんないけどさ。

とりあえず、勝手な断薬は、私みたいなバカはやめといたほうが、しっかり生きたいバカのためにはなりますよということ。
頭よくて、かつ知識がおありの方、もしくは自分なんてどうでもいいと自暴自棄の方は、お好きに抜くなり増やすなり判断すればいいと思うけど、ね。
1/18 9:00

で、18日の午後から外泊で、それ以降今までちゃんとデパケン飲んでる。眠剤は2つとも飲んでいない。中途覚醒はあるし、悪夢もひどいけど寝れてる。身体のこわばりとかは、昨日はかなり軽減した。やっぱ、デパケンかなぁ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
にほんブログ村